みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

学校の先生の授業はユーチューブの無料動画流せばいい

中学や高校の学校の授業なんでユーチューブの動画授業やらないんですか?


中学の理科や社会、数学等ありますよね
あれユーチューブの無料動画授業の方が圧倒的にわかりやすいです
そっちの方が同じ50分授業でもサクサク進みます
学校の先生がやると黒板書いたり無駄な話出て効率悪いです
しかもわかりにくいのがほとんど
正直ユーチューブの無料動画よりも質の悪い授業やる中学の先生沢山いますよね
なんでわざわざ非効率でわかりにくい先生の授業の代わりにユーチューブの無料で分かりやすくてかなり進む方やらないんですか?
どう見てもユーチューブの方が同じ50分でもかなり先進めますよ

理科や数学社会等はネットの無料動画で勉強出来るしそっちの方がノート書くとかノート写す間との待ち時間の無駄が無くて学校の授業よりもわかりやすいです
例えば50分授業で理科の授業を小中学校でやると一回の授業につきほとんど進みません
しかしユーチューブの動画ならば同じ50分の理科の授業でもかなり先に進めることができます
例えば中3のイオンや中2の天気の単元はユーチューブの動画授業だとそれぞれ50分授業4回や5回程度で終わらすことが可能です
もちろんわかりやすくて理解しやすい動画です
学校で50分授業4回や5回で中2の天気の内容を終わらすことは無理ですよね
それだけ学校の授業は無駄で非効率的で時間がかかるわけです
ノート取ってーとか黒板に書く時間があったりあまりにも時間が多い無駄な雑談や〇〇これどう思う?とか言った無駄な名指しによる質問といった無駄はユーチューブの動画授業ならばありません
とても効率良くサクサク進みます
それでやって余った時間に実験や授業内容深める調べ物とかやればいい気がします
理科とかユーチューブ動画授業でやれば授業すぐ終わって時間余りまくりなので実験もやりたい放題できるのに
社会もユーチューブ動画ならわかりやすくてかなり速く進み時間余るので調べ物とかやる時間沢山でますよ
高校の科目でもユーチューブの無料動画の方が分かりやすくて進みますよ
そのよう事をやらずにわざわざ黒板に書いて無駄な時間できてわかりにくい学校の先生の授業やる意味がわかりません

投稿日時 - 2019-10-24 23:25:43

QNo.9670824

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(12)

ANo.12

No.6です。少し補足しますと、昔から放送教育といってテレビやラジオの教育番組を活用した授業が行われていて、それなりに成果を挙げてきました。ちょうど今から60年前、NHKの教育テレビが放送を開始した1959年に、栃木県の山あいの小学校の分校にやってきたテレビによって、外の世界を知った子どもたちがどう変化していったかを追いかけた、有名なテレビドキュメンタリー番組もあります。

回答者は1964年の東京オリンピックを小学校の教室に置かれた白黒テレビで見た世代ですが、もちろんオリンピックだけでなく、教育テレビの教育番組なども視聴しました。またその後の担任の先生が熱心で、地元の民放テレビ局のスタジオにクラス全員が行って教育番組に出演したこともありました。半世紀以上昔でも(その当時の)最新メディアを活用した教育は行われていたのです。

当時はビデオなどの録画・再生機器が非常に高価で学校にはありませんでしたが、現在は広く普及していて、教育番組も放送時間だけに利用することを前提としなくなっています。こうしたことを考え合わせると、インターネット上の動画も多種多様なメディアのコンテンツの一つとして、著作権などの問題に配慮したうえで教室でも必要に応じて活用すればよいと思います。

ただし、それはあくまでも素材の一つとして教師が主体的に活用するのが本筋で、先生の授業の丸ごとの代用品にしてはならないでしょう。その利用の仕方に教師の力量が問われていることも確かだと考えます。

投稿日時 - 2019-10-26 06:52:41

ANo.11

まず、中学、高校の教師というのは必ずしも専門家ではありません。

免許外教科を教えているなどは問題外ですが、教育学部卒でない教師の場合は専攻したものとは違うものを教えていることなどよくあることだからです。理科の教師というのはたとえ地学を専攻した人でも生物、化学、物理を教えなければならないこともあり、下手をすると生徒と同じレベルの知識しか無いことだってあり得るのです。
体育学部卒で体育教師になった教師でも、格闘技を専攻してきて球技や体操の授業をやることだってあります。


これは本当の話で、高校の生物の授業で国鉄がストが回避されたとき先生に「ストが実施されると思っていたので予習をしていなかったから今日は授業ができません」なんて言われたことがあったくらいです。

投稿日時 - 2019-10-26 04:26:06

ANo.10

よろしくお願いします。
私は質問者さんに同意します。ユーチューブ動画だけに限らず、
教育TV、学習専門サイト、学習ソフトとかを使用したほうが自身の勉強に
なります。

今の子供たちは、何を使って物事を知るかというと、TVだけではなく
PCやスマホです。学校の先生はそれ未満です。
私自身、今も英語を勉強する時は、スマホの無料アプリで英単語・文法・
英語長文をやっていますし。数学を勉強したい時は、動画等を観て、
参考書問題集を解きます。

学校の先生の授業は、一人一人のペースに合った学習方法ではなく、
あくまで先生の規則上の一方的な伝達でしかありません。
私自身は、地域の小学校の先生で、理科が苦手といって「天動説」を
教える残念な御方がいることを聞いていますし、
高校英語を教えていて、ある問題について生徒と議論になり、
生徒に言い負かされた先生も知っています。(その後、生徒は東大合格)
学校の先生は、完ぺきではないんですよね。
かつ、生徒と先生での相性とかもありますし・・・

個人的には、生徒自身が好む学習動画等を観ながらのほうが、
その教科に対しての理解が進みます。その動画等の先生にも尊敬しますし、
良いと思います。

嘘知識の動画はいけませんが、覚えるための大げさな動画はアリですね。
まあ胡散臭い動画等・発信元を信じ、学習する生徒がいるとは思えませんが。

私は個人的にNHKのカマキリ先生が大好きですね。リアル先生以上に。
タブレット授業の時代がはやく来ないかなと、期待しております。
乱筆失礼しました。

投稿日時 - 2019-10-26 00:27:04

ANo.9

>高校の科目でもユーチューブの無料動画の方が分かりやすくて進みますよ

大学で真剣に学んでいくとわかってきますが、高校までの塾や予備校で教える内容には嘘がけっこう多いです。分かりやすい、教えやすいという部分で嘘を含んだものを教えるんですね。

教材を売っていると、教える立場の人からクレームが結構来ることが多いんですが、学校の先生ではなく、市井の教える人からのここが間違っているというクレームって、誤字などでない部分だと、けっこうその人の知識のほうが間違っているってことがあります。大学で正しく学んでいないことが多いんです。
で、生徒に教えてしまったんだけど、どうすればいい・・・なんて泣きつかれても、対応できるわけ無いですよね。

YouTubeのわかりやすさも似た面があって、単に目前のテストのためなら活用するのもありだと思いますが、大学で専攻にしたい部分については気をつけたほうがいいですよ。

投稿日時 - 2019-10-25 22:31:55

ANo.8

沖縄の誰かさんと同じようなご提案ですね。 今日はつまんねーから前席の女の子のことを想像して、明日は真面目に聞いて、、、また、明日になれば、とんずらしようかと画策して、そうそうそれはマズイ!◯◯ちゃんとカラオケの約束してたんだ! こんな他愛も無い毎日の繰り返しでも、人とのコミュニケーション、距離感、立つ位置を自然に身に付けていったものです。

学校は自らの「学びの場」です。 雄一、親兄弟以外の大人との接近と言えば教師。 力量の批判も学生らがすれば良いんです。
教師に謙虚さがあれば、発想の転換があれば、部分的でもYTを使ったら良いんです。 学校に「教育」だけを望めば貴方の発想は優位に有りますが、「共育、協育、競育、強育、時には恐育の感受性が求められる時期に経験しておかないと社会人になってからでは、自己中ばかりの大量生産!? 企業としては幾ら賢くても必要としないでしょ。 私は「今日育」(今日を育む)は、生身の人間同士にしか出来ないと考えます。

投稿日時 - 2019-10-25 18:08:48

ANo.7

自宅でマンツーマン授業ならいいけど 教室で行うとき 黒板と同じサイズのモニターを設置するには費用が掛かりすぎます。
部屋を暗くして スクリーンに投影する方法では 暗くてノートに書けない。

55インチを4つ組み合わせると
https://item.rakuten.co.jp/junction2643/50000/
このサイズで66万円。

全員自宅学習にしましょうか。

投稿日時 - 2019-10-25 13:35:22

ANo.6

中学生のころ、理科の生物分野の授業で顕微鏡で水中の微生物を観察する実験をしたことがあります。非常に特徴がある面白い形の微生物がいたので、先生に名前を聞きましたが先生もわからず、次の授業までの休み時間の間に調べて「セネデスムス」というものだと教えてくれました。50年以上たった今でもこのやり取りと「セネデスムス」という名前を覚えていますから、学校の先生の授業というのも「捨てたもんではない」と思います。

もちろん(youtubeに限りませんが)動画の授業に分かりやすく興味深いものがあることは否定しません。放送によるもの(NHK学園高等学校や放送大学もあります)も含めて、それぞれ自分に合ったものを活用すればよいでしょう。

ただし授業の良否を「効率性」だけで評価するのは一面的であり、現実的でもなかろうと思います。「セネデスムス」は当時の(今も?)中学校の教科書には登場せず、高校入試で問われることもありません。その意味では「役に立たない無用な知識」かもしれませんが、「分からない」で片づけずに、急いで先生が調べてきてくれたおかげで、少なくとも一人の生徒の心に微生物に対する一層の興味や、理科をもっと学びたいという意欲が湧いたのですから、無駄どころではなく教育としては大いに意味があったことになります。それに気づいたのは中学校を卒業したずっと後でしたが…。

投稿日時 - 2019-10-25 05:40:43

ANo.5

ユーチューブの動画は誰も責任を取らないのは既に書かれている通りです。個人的にはこれからの教科書は電子化が進んでパソコンやタブレットを併用するようになると思います。教師は質問に答えたりするのが主な仕事になるでしょう。今迄みたいに「指導用教科書」を進めるだけで実際の知識が無く、質問に答えることができないような教師は不要になります。

投稿日時 - 2019-10-25 04:32:37

ANo.4

 部分的にでも、間違ったこと(ユーチューバーは正しいと思っている)が入っていた場合や法律違反の、あるいは指導要領に沿わない内容があった場合に、責任を負うことができないからでしょうね。

 指導要領では「鎌倉幕府は1185年に成立した」と教えることになっているときに、「1192年に成立した」と教えているYouTube画像を先生が生徒に見せて、YouTubeのほうを信じた受験生が入試のときに「鎌倉幕府は1192年成立」と書いて1点足りずに不合格となった時、誰が責任を取るのでしょう?

 まあ今だって、不合格者を合格にするような、具体的な責任を取るわけではありませんが、ウソを教えたというのなら教師も責任を感じるべきですが、ユーチューバーは責任を感じるのでしょうか。倫理的な責任を追及できるのでしょうか。

 指導要領に合わない場合はもちろん、こっそりと誰かの政治宣伝が入っていたりしても、そこだけ削除したり改変することは著作権的に許されないし、見たければ、あるいはそっちのほうが理解しやすいというのなら「自分の責任」で、授業時間外に見れば良いわけです。

 授業時間外に、図書館等と同じように、申し出た者に設備を貸す、というようなことはやってもいいと思いますが、学校の責任において授業時間内にYouTube画像を流すという、「先生の存在意義を自ら否定するようなこと」をやるハズはありません。

 また、やって良い事とも思えません。

 将来、AIが発展して、日々刻々と指導要領などに合わせて指針をアップデイトして、それに合わせてYouTubeを取捨選択できるようになり、現在「教師」「先生」と呼ばれる人たちが単なる誤作動監視者に成り下がって誰も「教師」「先生」などと呼ばなくなってからの話としては、質問者さんのご意見も有用になるものとは思いますが、まだ時期尚早だろうと思います。

投稿日時 - 2019-10-25 01:41:28

ANo.3

動画での授業はサポートだから効果があるというのは,いろいろな経験で分かっています。あなたも,こっちの方が進む。こっちが分かりやすい。と言っていることから,一度は学校の授業を聞いているということでしょう。
人間の脳は,そうやって何言ってるか分からない。という痕跡が残ることで次に聞いただらだら流れる動画でも理解を深めることができるのです。
簡単に言えば日本語もあなたのお母さんが,ママ,パパから教えたでしょう。
動画を見ていてもあなたは日本語を話せる様にならないと思いますよ。
一番最初に脳に痕跡を残すのは非常に難しい作業です。そしてそれは相手の反応を見ながら質問をしたり,雑談をして,その内容にタグを付けることで脳を活性化し記憶の紐付けをしています。余計な雑談要らない。という人もいますが,そのイラッとした感覚と学習した内容がリンクする事が記憶のは大事なのです。なんど聞いても同じ動画では2回聞いてもその紐付けが難しくなります。
一方学校の先生最悪まったく言っていること分からないといいながら耳から入ってきた情報があると,その後,動画や塾など効率の良い教え方はそのタグがついている状態で聞けば最も効力を発揮します。
一番最初のなにも知らない状態での効率的な授業は実はインプットでは効果が半減以下になります。
もちろん今後AI搭載の相互作用ができる機械での講義,授業はできてくると思いますが,こいつわかりにくい。という特徴をもった先生の方が機械に話させるよりも効果があるでしょう。知識というのはそういうものだから仕方がありません。文句をいいながらこっちの方が分かりやすい。と言っている時点で教師の術中にハマっているとも言えますね。

あとわかりやすい例。
予備校の授業,衛星通信をつかった授業が一時期はやりましたが廃れました。
東京校にしかいない名物講師,あの林先生のようなひとのビデオやライブ映像が地元の予備校やDVDで家でみられるのに,結局みんな普通に教えてくれる先生を選ぶ様になります。
必死になればなるほど,名物授業を受けては分かりやすいと興奮しますが結局普通の授業コースに戻るのです。
あなたの考え方と,有名予備校の学生はまったく逆の発想ですよね。
そしてそれが実際の一般の答えだと思います。

投稿日時 - 2019-10-24 23:50:09

ANo.2

今は、あなただけの意見ですね。
多くの人が、同じように思った時に、ユーチューブを利用するかもしれません。

投稿日時 - 2019-10-24 23:38:04

ANo.1

YouTubeで学んだ結果がこれだと説得力がありません。
逃げないことがまずやるべきことでは?

投稿日時 - 2019-10-24 23:31:30

あなたにオススメの質問