みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

小樽の寿司屋を批判した某作家というのは誰

小樽といえば寿司!
寿司といえば寿司屋通り!
かつて某作家が小樽の寿司屋の傲慢な対応に腹が立って
かなり厳しい批判を書いていたことがありましたが、
そのお陰で最近は決してそんな事はないようです。
ところが寿司屋以外の業界におけるサービスのあり方には
問題の有るところもあるようです。
そこで参考までに小樽の寿司屋を批判した某作家というのは誰で
どのような事件だったのかを知りたいのです。

投稿日時 - 2004-08-18 09:36:09

QNo.966187

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

寿司が好き!で、小樽に行ったですよ。さすが寿司の街、ススキノのソープ街が寿司屋に変わったものと思っていただいて結構かと…乱立しとります。
いつもながらの行き当たりばったりの旅の事ゆえ下調べ無し。〈食べ放題2,980円〉の看板にそそられ店内へ。案内されたのが立派な白木のカウンター。(その日に限ってパリッとしたスーツ姿。これが災いした…)期待も高まろうってなもんです。おしぼりが出て、板さんと一言二言かわし、さて何握りましょ?という話になって“食べ放題で…”と言った途端、店の人間、豹変しました。見事に。

“お席はこちらでお願いします”と、さっき出されたおしぼり自分で持って案内された席は、階段下のせま~いテーブル。ここで黙々と不味い寿司を喰い、何とか元を取ってやろうとおかわりを注文しようにも誰もやって来ない。もう少しで暴れそうになりましたが、分別のある大人として「こんな格好してるから誤解されたんだ。自分が悪いんだ…」と押さえて店を後にしました。
って事は何かい、〈食べ放題2,980円〉はしょぼい人間の食い物なのか!? 今、思い出し怒りしてます。

かの北杜夫先生も小樽の寿司屋でタイマンはったとか、マンガ家の西原理恵子先生は居酒屋でちょいとつまんでいちまんはっせんえん取られたとか…小樽での不平不満話は多い気がします。
そうです!小樽は何一つ反省しちゃいねぇ!ここは忠告しておかねばなるまいってんで小樽の商工会に手紙を書いたのですがナシノツブテ。推して知るべし、それだけのところだったという事ね。

投稿日時 - 2004-08-19 17:55:51

補足

まったく同文ですがどのような関係でしょうか

http://www.mikuriya-design.co.jp/cgis/whatsnew/ev_list.cgi?action=details&id=14

投稿日時 - 2004-08-20 16:26:59

お礼

そうですか。
今でもひどいのですね・・

食べ放題は止めときましょう

投稿日時 - 2004-08-20 10:33:34

ANo.1

北杜夫だったと思います。
どのような批判をしたかは、残念ながら
忘れました。

投稿日時 - 2004-08-18 09:49:05

補足

「世界一無礼な寿司屋」北杜夫
私と妻とカメラマンは、カウンターに坐った。 妻が「あの貝は何ですの?」 と店員に尋ねた。 そこは親父さんとその息子らしい若い
三十歳代の男がいた。 その若い男は、先客の二階の客の寿司を握っていて、 「それは、これが済んでから」 と、実に突っけんどん
に言った。 私はムッとした。 いやしくもこちらは客である。 またその若造は、私が醤油の皿を前に置くと、パッと邪険に無言で位置を
変えた。 それから二階の寿司を握り終えると、 「注文しないと何も出んよ」 と、客を客とも思わぬ口調で難ずるように言った。

投稿日時 - 2004-12-22 14:43:10

お礼

北杜夫ですね。
どうも有難う御座います。

投稿日時 - 2004-08-18 10:20:08

あなたにオススメの質問