みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

医師の意見とネットの意見、本当はどっちが?

数年前に発達障害の検査を行なっている病院の医師に発達障害の傾向があると言われました。
日常生活に支障がないため手帳も無いです。
当時は会社との相性が悪く、メンタルを病んでいましたが、結局発達障害の傾向が原因では無く今は転職をして通院や薬も数年間やってません。

この度結婚相談所に入会をしようと決めました。
しかし、過去に確定診断では無いが、発達障害の傾向が少しあると言われているためプロフィールにどう記載するか悩んでいます。

昔世話になった医師からは、検査結果からも障害者とは言えないためプロフィールへの記載もいらないし昔診察した時も、とても困っていることや苦手なことがないようだから相手に伝えることも特にない。
子供への遺伝も医師でも不明瞭な所が多く、遺伝性が確実ではないため間違った情報を与えかねないので相手に伝える必要はない。今の時代検査をしないけど実は発達障害の傾向があって結婚してる人はたくさんいる
と仰っていただけました。
今も同じ会社でずっと働いているし、
発達障害の傾向があるだけで結婚することや子供を産むことは問題なく、とても賛成だし経過が安定しているので問題ないとのことでした。

一方、ネットの質問サイトでは
傾向があるだけでも結婚するなら相手に全て言うべき、子供は諦めるつもりで婚活すべき、
そこまで正直ならなくて良いしグレー程度なら言わなくても問題ない、グレーの人なら検査してない人も沢山いる
遺伝するの確実なので言う義務があるなどの意見でした。
当方は女です。

結婚相談所には何社か相談に行ったのですが
いずれの相談所も、実際にあなたと話をしてみて普通の人となんら変わりもないし、プロフィールに記載する必要性も無いように感じる。
ただ、子供への遺伝があるなら記載は必要だと思う。
とのことでした。
ただし、プロフィールに書くといくら傾向がある、という状態でも普通の人は他の何もそういうのがないひとにお見合いを申し込むし、お見合いできる確率は必然的に下がるとのことです。
以前アプリやパーティを使ったことがありますが、身元が分からない人や既婚者やヤリモクの人にも遭遇したので今は結婚相談所だけの活動をしようとしています。また、私は子供を一人だけ欲しいと考えています。






もちろん医師にはとても世話になっていて
信頼はしています。
けれども世論といいますか、一般的な人がやはり結婚相手になるのでそちらの意見も大切だし、
もうどっちが正しいのかよく分からなくなってきてしまいました。
発達の傾向も素早い作業がやや苦手程度で、他の人に明らかに迷惑をかけてしまうとかは今までありません。
一番悩んでいるのは結婚相談所でプロフィールに記載するかしないか、相手に伝えないか伝えるかです。

私自身としては発達障害の意識は普段ほとんどないしすごく苦手な面とかも無いので、
相手を下手に不安にさせたりしたくないので検査で発達障害の傾向がややあるというのは出来れば言いたくありません。また、子供への遺伝も100パーセントではないし、専門の医師さえも不明瞭と言っていたので返って間違った情報を伝えてしまうのではと思い、いうべきか悩んでいます。
正直に言うとあんまり言いたくありません。でも、子供が生まれてもし重度だったら全て私の責任ですよね?
健常者同士の夫婦から発達障害の子どもが生まれたとも聞いたことがあり、それなら私が記載する意味はなんなんだろう??と疑問があります。



いろんな人にアドバイスを求めましたがもう何ヶ月も悩んでいてどうしたらいいのかわかりません。

投稿日時 - 2019-08-07 20:18:06

QNo.9643522

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

IAP横浜相談室の伊藤です。
「発達障害」という概念をどのようにとらえるのかとというのは難しいなと思います。

医師が「発達障害」の傾向と言った場合、障害ではないんですよね、傾向なので個性の内なのです。

ただ、所属している職場や学校、地域などによって、その個性が受け入れられない環境だと、ストレスが多くなり、結果不安症やうつになってしまい、不適応を起こします。問題はストレスの結果の不適応なのです。

誰でも、自分に合わない環境にいるとストレスが多くなり不適応になりえます。(中には何も感じずに大丈夫な人もいるかもしれませんが)

今の時代、その国の文化、地域の文化、所属組織の文化に合わないと不適応が起きやすいと思います。

個性が強いと、自分にあう文化、環境がもしかしたら、少ないかもしれません。
あなたの場合は一時期不適応になっていたようですが、転職により環境を変えた結果、あなたに合う文化の組織の中で適応して仕事が出来ているのでしょう。その状態で「発達障害」ととらえる必要はやはりないでしょう。

しかしながら、個性的な親から個性的な子どもが生まれることはありますよね。将来のお子様の個性が、会わない文化の環境の中に入れられた場合、ストレスによって不適応が起きる可能性はありますね。しかし、それはあなたの子だからではなく、あなたと将来のパートナーの子の個性です。

医師が言うように、発達障害もしくはその傾向があると言われなかった方のお子さんが、不適応を起こし発達障害と言われるケースはたくさんあります。

繰り返しになり、申し訳ありませんが、その人の個性と環境の文化が合うか合わないかという点が「発達障害の傾向」と言われた方にとっては重要だと思います。

現在、あなたがお悩みになっているのは、結婚相談所で出会う相手に医師から「発達障害の傾向がある」と言われたことを伝えるか伝えないかという点でだと思います。

まず、プロフィールには書く必要はないでしょう。傾向であり確定診断ではないからです。

しかし、将来結婚する相手なら、今までの事で隠し事をするのは気が重いと思います。結婚相談所で出会いお付き合いする中で、結婚も考えられる信頼できる男性と出会うことが出来たのなら、過去に合わない職場で不適応になったこと、その時に医師から「発達障害の傾向がある」と言われたことを打ち明けてもいいのではないでしょうか。

そこで、心無い言葉や、それが原因で分かれることがあるようであれば、結婚してからも上手くいくかは疑問です。

どの場面でお伝えするかは難しですね。この人は信頼できると思えた時期なのかなと思います。もちろん、ずっと伝えないということも選択肢の一つに入れても構わないと思いますが、ご相談者様にとっては心苦しくなってしまうのではないでしょうか。

投稿日時 - 2019-08-08 00:01:36

ANo.5

こんばんは。

そんなこと、普通だったらちょっと考えてプロフィールに書かないという結論に達するものです。
しかも医師から書かないことをすすめられている。
なぜ何ヶ月も悩むのか。
それがあなたのもつ発達障害の特徴の一つなんでしょうね。

仮に、あなたはけっこう練習したのに自転車に乗れないまま大人になってしまったとする。効果的な練習をすれば乗れるようになったんだろうけど。
その自転車に乗れないという特質って遺伝する可能性は高いですよね?
それを婚活のプロフィールに書きますか?

仮に、あなたは納豆がまったく食べられない体質だったとする。
その体質って遺伝する可能性は高いですよね?
それを婚活のプロフィールに書きますか?

遺伝しそうなことっていくらでもあります。
そんなことをいちいち書くことは不可能です。

それにあなたが発達障害を持っているなら、何度か会えば相手は「この人、ここのところがちょっと変わっているな」ってわかるものです。それを魅力に感じる人もいる。
プロフィールに書かなくても、相手にはわかるということです。

結論としては、書かないことをおすすめします。
また、書くか書かないで悩むのはやめて、別に考えるべきことを考えましょう。
自分の魅力を伝えるプロフィールの内容とか。

頑張ってください。

投稿日時 - 2019-08-07 23:21:24

ネットの無責任で知識のない一般人と、専門知識を持っている医師、どっちを選びますか?
そんな事は質問しなくても明白だと思いますけど。

投稿日時 - 2019-08-07 21:37:12

一般論として申しあげると、ネットでの書き込みは無責任な内容も多数を占めているのではないか、と思います。
したがって、特に医療に関することや将来に関すること(例えば、年金に関することなどもそうだと思います)については、公的な立場に就いている方や専門職の方からの見解を得ることが大事で、かつ、実際に対面した上でアドバイスなどをいただくべきかと思います。

発達障害うんぬんとのことですが、少なくとも、専門の医師から実際に診断していただいた内容を踏まえるかぎり、正直申しあげて、ことさらに心配に及ぶほどではないと考えます。
遺伝のことに関しても、医学的に確固とした定説があるわけではありません。
発達障害の傾向がある親がいるとき、経験的に、子どもにも発達障害がある傾向が強いことは知られていますが、しかし、これについては、遺伝の影響だけではなく、むしろ、環境的な素因が強く影響しているのではないか、といったことも示唆されています。

ですから、お医者さんからのアドバイスとも似てしまいますが、結婚に際しても必要以上に心配し過ぎることはないように思います。
特に相手の人に伝えるような必要もなく、また、十把ひとからげに発達障害だと伝えてしまうことによる弊害のほうが大きいのではないか、とも思います。
それよりも、個人個人の性格や特性・個性としてご自分の特徴をとらえてゆき、もし改善すべき所が見られたならば、双方のコミュニケーション・相互理解を重ねながら解決を図ってゆく、といった方法を採ったほうが、より深くお互いを知ることにつながってゆくのではありませんか。というよりも、そういう日常こそが、まさに結婚生活になってゆくのではないか、と考えます。

結婚相談所を利用した出会いは、恋愛による出会いとは少し違い、プロフィールなどをはじめとする表面的な情報に大きく左右されてしまう、というデメリットがあります。
そのため、一般的に、社会的にネガティブなイメージが強い情報を記載することによって、不利が生じやすくなってしまうことも多いと思います。
そうであるならば、プロフィールなどには記載する必要はないでしょう。出会いのチャンスを増やすほうが先なのではないか、とも思えるからです。

あなた自身に、仮に、不適応を起こすような場面が生じたとしましょう。
結婚を考えるような方との出会いの後にももちろん、そのような場面に遭遇することはあると思います。
先ほど申しあげたことの繰り返しにもなってしまいますが、こういったときに、ただ単に発達障害うんぬんだと言ってしまうことは、決して賛成できません。
また、障害児の出生の可能性についても、生まれる・生まれないは、確率的に五分五分でしかないわけですから、気にしていてもしかたがありません。ましてや誰の責任でもないのですよ。あなたの責任にはなりません。
起こってもいないことをことさら心配するのではなく、それよりも、たとえそのようなことになったとしても耐えられるだけの相手と出会うこと・自分の心を強くしてゆくこと。それこそが求められるのではないでしょうか。

以上のように、発達障害うんぬんについては、何も言う必要はないと思います。
それよりも、あなた自身として良き出会いをし、その相手からは「包み隠さないありのままのあなた」を受け入れていただくこと。それがすべてです。
人は、出会う人によって大きく変わり得る存在です。良き出会いをしてほしいと切に願っています。
 

投稿日時 - 2019-08-07 21:12:10

ANo.2

 
書き忘れ
私の回答も99.8%の一部だと思っても間違いではない。
 

投稿日時 - 2019-08-07 20:26:18

ANo.1

 
ネットの意見は責任の無い、言いたい放題の意見です。
あるいは個人の経験だけの意見だったり、単なる正義感からの意見だったり、時には聞きかじりや他人のサイトからの転載の時もある。

ネットの話の99.8%は信用に値しない。
 

投稿日時 - 2019-08-07 20:24:30

あなたにオススメの質問