みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

推論力が減退しているのか?

「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」を読んでから、文章の意味を理解出来ない(教科書が読めない)人というのに、強い興味があります。
自分もそうかもしれないという危機感もあるからです。

で、こういう受け答えは、推論ができていないからなのでしょうか?
できていないとするのなら、何が原因で、それが難しいのでしょうか?

ある質問に、
「過去に刑務所に入っていたけど、警察から出所後の様子を尋ねる電話があった。これってあること?」
という質問に、「実際にあったんでしょ?」という回答がありました。

これって、実際にあったかどうかではなく、「詐欺とかを疑っているのかな?」と考えるのは、推論ではなく、発想の飛躍でしょうか?
もしくは、「なにか警察官に何か見られていて特別に注意、警告されることがある」とか、「自分がやってしまった犯罪行為と同様の事件があったために、念の為に連絡があったのか?」とか、「一緒に犯罪を行った人が釈放されたので、その接触を疑っている」とか。
つまり、電話があったことは、疑っていない。

「実際にあったんでしょ?」って、回答は、「質問者自身の体験が正しいかどうか?」を、質問していると考えているってことでしょ?
質問者は「夢や幻覚を見たのかもしれないので、それを確かめたいと質問したのだろう」・・・、と、この回答者は考えたので、「実際にあったんでしょ?」と、回答した。
そういうケースも、なくはないだろうけど、ちょっと質問の意図が読めていないと思うのですが。
他に解釈はできますかね?

仮に、人工知能に、同様の質問をして、同様の回答があれば、やっぱり人工知能は推論が未熟だな、と考える人も多いと思う。

みなさんは、どう思いますか?

一応個人をディスって(否定して)いるわけではなく、どうして、そういう回答が出るのか?を、知りたいです。

投稿日時 - 2019-08-03 07:17:48

QNo.9641916

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

逆でしょう。『質問文に書かれていることは全て誤りのない事実である』と想定するならば、質問文中に実例が一つあるのだから『そういうことはある』という結論が正となります。

逆に『そんなことがあるのはおかしいですね』というのならば『警察から電話があった』という記述を否定することになるでしょう。

理論立てた話の組み立てというのは直感的な感覚と食い違うことは往々にしてあり得ます。挙げられた例も本音としては『本当は自分でもそれはおかしいんじゃないかと思ってるんだろ? それならそうと書いてくれ』っていう非常に遠回しな言い方だと思うんですけどね(これは勝手な状況を追加して考えてる一例)。

投稿日時 - 2019-08-03 18:05:02

補足

つまり、その結果、質問者の主観の方を否定するという事?
それが、日常的に高い確率でありそうだと、考えたと。

文章は不完全なので、ありそうな確率が高い方をまず推論すべきではないでしょうか?

とは言え、物の見方は、様々なのですが。

投稿日時 - 2019-08-03 22:00:22

ANo.2

 いまいち質問理解力が自分も乏しいかもしれませんが。

 面白い質問と思ったのは、ついこの間、「推論には2通りある」と言う記事をネットで見たせいで いわゆる演繹法と帰納法。
 演繹法ー論理やルールを詰め重ねて結論を導きだす
 帰納法ー実際の観察事実を集めて結論へ至る

 あなたの方は考えて推論する演繹法で、「実際にあったんでしょ?」は事実から推論をする帰納法かもしれません。
 とわかったように書いていますが、実はいまいちよくわからないのですが、演繹法と帰納法を説明するのにいい質問内容かもしれません。

投稿日時 - 2019-08-03 10:48:26

お礼

私もいまひとつわかりません。苦笑

投稿日時 - 2019-08-03 22:01:06

ANo.1

>他に解釈はできますかね?

もちろん、いろいろできます。

まず、そもそもここで「回答」する理由も人それぞれです。質問者の悩みに応える、言い方を変えれば寄り添うのが本来の目的だし、そうあるべきでしょうが、そうじゃない人の方がむしろ目立つのが実情。つまり、質問者がそんなことを聞いているわけではないことを承知の上で、質問者を不快にさせて喜ぶためにあえてそういう言い方をする人もいます。

また、言い方というか考え方として、本当に「自分にも起こったんだからよくあることにちがいない」という考え方をする(できる)人も世の中にはいます。だからその人にも「自分の身に起こったんならよくあることに決まっている」と答えたのかもしれません。こういう人は逆に、自分に起こらないことは滅多に起こらないこと、と考える場合もあるので恐ろしいんですが。

あと、「よくあること」という認識はあるけど、理由を説明するのが面倒くさい、あるいは、法的にグレーでつっこんだことを言いたくないからそういう言い方をする人もいます。

要は、いろいろあるんです。
私もAIvs~は読んだんですが、この著者自身も割合偏見っぽいところがあって、けっこういろいろ決めつけているところも多いと感じましたね。実は、この本を読んで「そうだそうだ」と言う人の方が、将来AIと、AIを裏で操る人たちに淘汰されかねないな、というのが私の感想です。ご参考まで。

投稿日時 - 2019-08-03 07:58:13

補足

まぁね、世界一高い山はなんとかってのは、地球に限定してるしね。
たしかに、変なとこもろあるのだが、最近なのか?昔から一定数いるのかは知らんが、日本語をうまく理解できていない人がいると言うのは、分かる。

あげた例の人は、日本語がうまく理解できてない人なんじゃないか?と、考えたわけです。
おそらく多くの人もそう思っているでしょう。

そう言う人を知りたいのですよね。

投稿日時 - 2019-08-03 22:06:12

あなたにオススメの質問