みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英文を訳して下さい。

The advance did little to settle von Hötzendorf's armies into a fluid front. It would be the insecurity of Auffenberg's right flank, positioned in the Pinsk Marshes that would prove a disaster for Conrad. The Second Army he had designated for the invasion of Serbia, thinking Moltke would have three, not one, army on the Eastern Front, was rerouted to the marshes but it arrived too late, presenting an excellent opportunity to the Russians. The gap left open resulted, before the Battle of Komarów was over, in the lost Battle of Gnila Lipa, further in the lost Battle of Rawa and eventually the fall of the important railhead at Lemberg. 1914 would be a disastrous year for Austria-Hungary.

The Battle of Gnila Lipa took place early in the World War I on 29–30 August 1914, when the Imperial Russian Army invaded Galicia and engaged the defending Austro-Hungarian Army. It was part of a larger series of battles known collectively as the Battle of Galicia. The battle ended in a defeat of the Austro-Hungarian forces. The battle is named after a river in Western Ukraine, an historical region of Galicia. It is a tributary of Dniester, and is also called the Hnyla Lypa (Polish: Gnila Lipa). The initial Austro-Hungarian offensive against the invaders in the north of Galicia was a success, gaining victories in the Battles of Kraśnik and Battle of Komarów, in part because the Russian Army had expected the main assault to come further the south near Lemberg and had concentrated their forces there.
However, when the Austro-Hungarian Third Army under Rudolf von Brudermann advanced on August 26 with its three Army Corps (XII, III and XI), it encountered a large Russian army consisting of the eight Corps of the Third and Eighth Armies. Fighting on the Zlota Lipa River, the outnumbered Austrians were soundly defeated, and by the end of the day they were in headlong retreat. Army group Kövess also suffered a defeat near Brzezny, though it managed to escape despite being nearly surrounded by the Eighth Army of Aleksei Brusilov.
Franz Conrad von Hötzendorf ordered a new line of defence to be established on the Gnila Lipa River. The Russians required two days to regroup their troops, which gave the retreating Austrians time enough to recover. Hötzendorf still hoped he could maintain the initiative, and he ordered the Austrian 3rd Corps to attack the Russians near Peremyshliany. Unfortunately for him, the Russian forces there now numbered 292 battalions with 1,304 artillery pieces, against the Austrian 3rd Corps' 115 battalions and just 376 field guns. The Austrian attack was easily turned back, and a massive Russian counterattack shattered the Austrian lines. Kövess also failed to stop a superior Russian force near Rohatyn. The Austrian forces retreated to Lemberg (Lvov), having suffered 20,000 casualties and lost 70 of their cannons.

投稿日時 - 2019-07-27 23:17:54

QNo.9639814

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>The advance did little ~ disastrous year for Austria-Hungary.
⇒水気の多い前線での設営は、ほとんどフォン・ヘッツェンドルフ軍隊の前進のためにならなかった。ピンスク湿地に陣を張ったオーフェンベルクの右側面隊にとってそれは不安材料であり、コンラッドにとっては一大災厄になることが必須と思われた。モルトケが東部戦線に1個ならぬ3個方面軍を擁するものと考えて、コンラッドがセルビアへの侵略に割り当てた第2方面軍は、湿地に迂回させられて遅れたため、ロシア軍に格好の機会を提示してしまった。「コマロフの戦い」が終わる前に失った「ニラ・リパの戦い」と、さらにもう1つ失った「ラファの戦い」のせいで、そして結局レンベルクの重要な鉄道兵站駅の崩壊のせいで、(戦線の)間隙が開いたままになった。1914年はオーストリア‐ハンガリー軍にとって悲惨な年になりそうであった。

>The Battle of Gnila Lipa ~ had concentrated their forces there.
⇒第一次世界大戦初期の1914年8月29日-30日、「ニラ・リパの戦い」が起こって、ロシア軍がガリツィアに侵攻し、防御するオーストリア‐ハンガリー軍と会戦した。それは、まとめて「ガリツィアの戦い」として知られる一連の大規模な戦いの一部であった。戦いはオーストリア‐ハンガリー軍の敗北で終わった。この戦いは、ガリツィアの歴史的な地域である西ウクライナの川(の名)にちなんで命名された。それはドニエストル川の支流であり、フニラ・リパ(ポーランド語:グニラ・リパ)とも呼ばれる。ガリツィア北部の侵略者(ロシア軍)に対する最初のオーストリア‐ハンガリー軍の攻撃は成功し、「クラシニクの戦い」と「コマロフの戦い」で勝利を得た。ロシア軍は、(オーストリア‐ハンガリー軍による)主要攻撃はもっと南のレンベルクの近くに来ると予想して、彼らの軍団をそこに集中させていたため、というのが一つの理由であった。

>However, when the Austro-Hungarian ~ Eighth Army of Aleksei Brusilov.
⇒しかしながら、8月26日にルドルフ・フォン・ブルダーマン麾下のオーストリア‐ハンガリー第3方面軍がその3個軍団(第XII、第III、および第XI)をもって進軍したとき、彼らは、第3方面軍と第8方面軍の8個軍団から成る大規模なロシア軍に遭遇したのである。数的劣勢のままズロタ・リパ川で戦ったオーストリア軍はすんなりと敗北し、その日の終わりまでに大急ぎで後退した。ケフェス方面軍グループもブルゼズニーの近くで敗北したが、しかしこちらは、アレクセイ・ブルシロフの第8方面軍にほぼ囲まれていたにもかかわらず、逃走することができた。

>Franz Conrad von Hötzendorf ~ and lost 70 of their cannons.
⇒フランツ・コンラッド・フォン・ヘッツェンドルフは、ニラ・リパ川に新たな防衛線の設置を命じた。ロシア軍は、自らの軍隊を再編成するのに2日を必要としたので、それは後退しているオーストリア軍が回復するのに十分な時間を与えた。ヘッツェンドルフは、まだ主導権を維持できることを望んで、オーストリア第3軍団にペレミシリアニー近くのロシア軍を攻撃するよう命令した。(しかし)その彼にとっては不幸にも、オーストリア第3軍団の115個の大隊とわずか376門の野戦砲に対して、ロシア軍は1,304門の大砲を擁する292個の大隊を配置したのである。オーストリア軍の攻撃隊は簡単に押し返され、ロシア軍の大規模な反撃がオーストリア軍の攻撃を打ち砕いた。ケフェスも、ロハチンの近くで優勢なロシア軍を止めることに失敗した。オーストリア軍はレンベルク(ルフォフ)に退却し、20,000人の死傷者を被り、70門の大砲を失った。

投稿日時 - 2019-07-30 16:37:51

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-07-31 19:57:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)