みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アイスコーヒーやアイスカフェオレの作り方

カフェで,アイスコーヒーやアイスカフェオレは,どのようにして作っているの?

投稿日時 - 2019-07-18 06:51:58

QNo.9636533

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

アイスコーヒーは アイス用にブレンドした豆を強めにローストしたものを細挽きにして熱湯をドリップして淹れます。少し濃いめに淹れておきます。それをまとめて作って冷ましておきます。
注文があると グラスに氷を入れて その冷めたコーヒーを注ぎます。
シロップとミルクは別に出します。

アイスカフェオレは 半分を牛乳にします。

投稿日時 - 2019-07-18 15:52:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

多くのカフェでは、アイスコーヒーやアイスカフェオレは既製品を取り扱っております。
以下、カフェでつくる場合に限定したお話をいたしますので、ご了承ください。

アイスコーヒーのつくり方には大きく分けて、
ホットコーヒーを氷で急冷する方法(急冷式)と、
コーヒー粉を長時間水に浸して濾す方法(水だし・コールドブリュー)との、
二つがあります。

急冷式は、注文の都度コーヒーを淹れる必要がありますが、
水だしは、事前に大量に仕込んでおくことができる(お茶パックでの麦茶を想像して下さい)ため、
カップに注ぐだけで提供できます。
そのため、アイスコーヒーをつくっているカフェは水だしを採用することが多いです。
ただ、急冷式の方がコーヒーの香りが立つため、こだわりのあるカフェでは急冷式を採用することもあります。

急冷式と水だしのどちらを選択するかは、お店の考え方や時代の流行り廃りも影響するため、
どちらが主流ということは一概には言えません。

なお、具体的なつくり方ですが、以下に一般的なレシピを記載いたします。

急冷式:通常のレシピの倍の量のコーヒー豆を使用してホットコーヒーを抽出し、大量の氷で薄めながら冷やす
水だし:粗挽きのコーヒー粉50gあたり水900mlを使用し、8時間浸してから粉を濾す

ちなみに、カフェオレについてですが、一般的な定義はコーヒー液:牛乳=1:1とされております。
そのためカフェでも、上述の方法でつくったアイスコーヒーと、牛乳を、同比率使用して、
アイスカフェオレをつくります。

アイスカフェオレに添加するガムシロップなどは、お店の店主の嗜好やセンスによって調整されます。
ただコーヒーにこだわりのあるカフェでは、コーヒーと牛乳の相性を考えて、
豆を選択し、比率を調整し、最適な香味に仕上げてあります。
そのため、アイスカフェオレを注文することで、そのカフェのコーヒーに対するこだわり度合いを伺い知ることが可能とも言えます。

以上、長文になってしまいましたが、一般的なカフェでのアイスコーヒー・アイスカフェオレについてお話いたしました。
質問者様の疑問を解決する回答ができていれば幸いです。

投稿日時 - 2019-07-18 10:03:02

ANo.2

濃いめの牛乳に
インスタントコーヒーをスプーンの半さじ入れて
半ツマミの塩をいれて
砂糖を少な目に入れて
氷をいれて
よくかき混ぜたら凄く美味しいですよ。

投稿日時 - 2019-07-18 07:40:02

ANo.1

アイスコーヒーは、深めに焙煎し苦めにした豆を使ってます。
アイスカフェオレは、それとミルクとで半々です。
スーパーでアイスコーヒー用の豆を買いドリップすれば
家でも作れます。

投稿日時 - 2019-07-18 07:24:38

あなたにオススメの質問