みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

芸能事務所の契約に誓約書しかない

うちの大学生(未成年)の娘が芸能事務所に所属契約しようとしているのですが、面接の際契約書を要求したら、誓約書を渡されました。誓約書には、「私は株式会社****からの職業紹介に関する一般登録を行うにあたり、以下の事項を順守することを誓約致します」から始まる文章で書かれてます。以下とは、
「・職業紹介受けた場合には早急に回答すること
 ・出演を承諾した業務には必ず出演するが、急病等の場合会社に連絡すること
 ・出演した場合会社に手数料払うこと
 ・知り得た情報は漏らさないこと
 ・本登録を解除する場合は1か月前に書面で通知すること
 ・著作権はすべて会社に帰属すること」
というような趣旨のことが書いてあります。
誓約書というより契約書に近い内容になっているような気もしますが、そもそも契約書がない契約ってあるのでしょうか。それとも、契約書に近い内容で記載してあるので、これで契約書の代わりになるものなのでしょうか。
芸能界のことは全く無知なもので、不安でなかなか親として印鑑を押せずにおります。ご存じの方いらっしゃいましたら、ご教示よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2019-07-02 07:13:27

QNo.9631113

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

一般的な誓約書で、別におかしな文言は一言もないと思いますよ。

「仕事が入ったら出るか出ないかすぐに返事しなさい」
「世間一般のバイトと違うから、仕事に穴は開けないこと」
「事務所を通した仕事は事務所が手数料を取るからね」
「現場で誰々さんを見たとかSNSとかに書くんじゃねえぞ」
「辞めるなら1ヵ月前にきちんと通知しなさい」
「友達のお店とかの広告に勝手に出たらいかんぞ」

ということが書いてあります。その誓約書を提出させるってことは、それを守らない子がそれだけいるっていうことなんですよ。
芸能界っていうのは、社会不適合者の集まりみたいなところです。アリとキリギリスじゃバリバリのキリギリスですからね。アリに対して、俺の音楽を聞かせるから金を払えとやるわけです。そして仕事の性質上、例え体調不良でも現場に来ないってのは許されませんよね。舞台俳優さんで考えてみてください。今日は主演が風邪ひいてお休みですってわけにもいきません。主演も大問題だけど、端役なら風邪ひいて休んでいいってものでもありません。
また現場で一緒になった知名度が高い人に対して「今日現場で〇〇さんと会ったけど、こっちが挨拶しても返事くれない。ムカツク」なんてTwitterで呟いたらたちまち炎上です。誰が出演しているかもいえない仕事も一杯あります。
世間一般の常識もそうですが、芸能界ゆえに守らなければならないこともありますから、それをきちんと守りなさいと求めているだけです。そんなにおかしなことではないと思いますし、契約書を交わさないどこぞの芸人事務所に比べればはるかにしっかりしているといえるでしょう。

そしてその誓約書を書けない子なら、事務所も怖くて契約できないと思います。いっちゃなんですが、他に美人でスタイルがいい子なんて掃いて捨てるほどいますからね。

投稿日時 - 2019-07-02 12:51:52

お礼

ありがとうございました!
書いてある内容は、確かにもっともなこと書いてあると思います。

投稿日時 - 2019-07-02 18:53:16

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.9

その会社の名前で検索してみれば どんな仕事をしているのか出てくると思います。
そっちをよく調べてからです。
よくあるのは オーディションと称して人を集めて
「合格しました それではレッスンを受けてください レッスン料は〇〇万円」
というタイプ。レッスン料と称して収益を上げるのが目的の詐欺まがい商法。

投稿日時 - 2019-07-02 11:46:06

お礼

アドバイス、ありがとうございました!

投稿日時 - 2019-07-02 20:45:36

ANo.8

その芸能事務所、大丈夫ですか?
少なくともこういったところに名を連ねていますか?
http://geinoupro.com/

わけのわからない「名ばかり事務所」もたくさんあります。
契約したが最後、AV(アダルトビデオ)に飛ばされたというのをテレビで放送してましたね。

投稿日時 - 2019-07-02 09:14:10

お礼

アドバイスありがとうございました。気を付けたいと思います。

投稿日時 - 2019-07-02 20:46:43

ANo.7

芸能事務所なんてのはそんなもんです。騒がれてるように裏稼業との繋がりも深いです。芸人だけがなんで、とか言われてますが、実際に芸人だけがそうなんです。一般社会人の常識はあまり通じないと思っていいです。
似たような業界として、ボクシングとプロレス、競馬とかのギャンブル、風俗系、建設系が挙げられますね。
もちろんピンキリで、みんながみんなデタラメという事でもありませんが、事務所開くのに許可がいるわけでもなし、会社法人でない個人事業所の方が多いでしょうし、契約なんて適当なもんです。移籍問題でトラブルが多いのもそのせい。一方的な縛りの契約は違法と見なされやすいですが、そういう契約をしておいて契約だから守れとか言うのでトラブルになる訳です。
良いか悪いかは社長の人柄次第です。そう、法律は俺だ、式なので、個人的な人格が良い人の事務所ならうまく行くし、そうでなければぐちゃぐちゃになります。封建領主に仕えるようなもんですな。
しかし、封建制度が崩壊するのに何百年もかかったように、この世界が民主化するのもそう簡単ではありません。業界へ入りたいなら、郷にに従ってその中でうまく泳いでいくしかありません。

投稿日時 - 2019-07-02 09:04:30

お礼

常識が通用しないという部分、肝に命じておきますね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-07-02 20:48:26

ANo.6

こんにちは

簡単に書かないほうがいいです。

仕事なんてもらえません。

著作権というのは肖像権からすべて含まれるので
例えば、お嬢さんが誰かにちょっと学校のパンフに出てとか
他に個人的に頼まれて、公の場で写ったり何かすると
ギャランティが発生する場合もあるということです。

自由が利かなくなります。

これは見直したほうがいいですよ。
トラブルの元ですから。

その前にきちんとした事務所なんでしょうか?

http://www.emotionrise.com/pdf/keiyakusyo01.pdf

投稿日時 - 2019-07-02 08:50:13

お礼

よくよく気をつけて進みたいと思います。アドバイスありがとうございます!

投稿日時 - 2019-07-02 20:49:59

ANo.5

芸能事務所って就職出来る訳ではありません。
仕事があったら知らせてくれるという登録だけです。
自由契約のアルバイトみたいな物ですから、基本給もないし社会保険もありません。
良くある売れない芸人が他のアルバイトしながら、仕事がもらえたら報酬として何千円程度もらえるという感じです。
契約書は会社にとって都合が悪い人は使いませんよと言う勝手な契約です。
才能があり頑張って人気が出たら正規の社員となって給与制となり、大半は会社の儲けで一部を頂いて高収入になるかな?

投稿日時 - 2019-07-02 08:04:58

お礼

芸能事務所が就職するところじゃないという点は、知りませんでした。ホント知らないことだらけです。一つ一つ勉強したいと思います。

投稿日時 - 2019-07-02 20:52:14

ANo.4

一般に念書ですね。これらは会社からの要求を一方的に求められることが多く絶対的な法的効力を持つものではありません。実は労働者に不利な内容がかかれている誓約書は、そもそもその効力は法的効力を持たないものが多くあります。ネットが発達している時代ですので芸能事務所のHPや口コミ等を検索してから検討してください。悪徳芸能事務所も多数存在しています。

投稿日時 - 2019-07-02 08:04:29

お礼

よく見てみたいと思います。アドバイスありがとうございます!

投稿日時 - 2019-07-02 20:53:03

ANo.3

芸能事務所は普通の会社ではありません。
会社員というのではなく、個人事業主の扱いです。

仕事を紹介してもらったお礼にいくらか事務所に支払う形式です。
なので健康保険や厚生年金もありません。
仕事がなければ当然収入はありません。

投稿日時 - 2019-07-02 07:53:00

お礼

個人事業主の扱いなんですね。
回答ありがとうございます!

投稿日時 - 2019-07-02 20:54:21

ANo.2

まず、契約は、 二人以上の当事者の意思表示が合致することによって成立する法律行為のこと。

誓約とは、必ず守ると約束すること。またその約束のことです。

> 出演を承諾した業務には必ず出演するが、急病等の場合会社に連絡すること
というのは、基本的には社会人としての仕事に対する姿勢です。なので、法律行為ではありません。これが無断欠席した場合に「違約金の請求」条項があれば、それは法律行為です。

> 出演した場合会社に手数料払うこと

これがいまいち理解不能ですが、テレビ局や雑誌への出演契約はテレビ局とか出版社と芸能事務所の間で締結される契約によってお金が発生します。

テレビ局とか出版社とかから直接タレント本人が出演料が貰える訳ではありません。

いうよう事情から言えば、芸能事務所がそのタレントを売り出すために掛かった経費を差し引いた分を芸能事務所からタレント本人に出演料を払うわけです。

なので、改めてタレントから会社に手数料を払う必要自体がないはずです。

> 知り得た情報は漏らさないこと

これも、「違約金の請求」条項があれば、それは法律行為です。但し「違約金の請求」条項がなければ、ただの約束事です。

> 著作権はすべて会社に帰属すること

うーん、、タレント本人が作曲や作詞や創作ダンスの振り付けを考えたとかなら、著作権は関係しますが、タレントが演技するとかには「著作権」は発生しません。

契約書云々とか誓約書云々とかは別として芸能事務所として、運営はノウハウはあるかが疑問に思う。

あとは、最近話題になっているお笑い芸人さんの闇営業問題に関連する「反社会的勢力の排除」条項が必要と考えます。

https://mag.smarthr.jp/procedure/detail/bouhai_joukou/

まあ、芸能事務所自体が「暴力団関係者」が経営しているっていうこともありますので・・

投稿日時 - 2019-07-02 07:49:47

お礼

アドバイス、ありがとうございました。
そうなんですよね、誓約書は一方的なんですよね。そこが気になるところなんです。
丁寧な回答、ありがとうございました!

投稿日時 - 2019-07-02 20:56:51

雇用条件や待遇について何も記載がありませんね。
止めた方が良いです。

投稿日時 - 2019-07-02 07:45:40

お礼

注意しますね。
回答ありがとうございます!

投稿日時 - 2019-07-02 20:54:59

あなたにオススメの質問