みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

高校時代に授業を受けていた日本史の教師が、

「俺は専門は日本史だが、別に日本史も世界史も特に好きなわけではない。高校時代に1番得意な科目が日本史だったことと教師になりたいという
夢があったから日本史の教師になった。たまに歴史の話を振ってくる生徒がいるけど、俺は受験に出てこない歴史の話は何の興味もない。」と言っているんですが、こういう教師、皆さんはどう思いますか?
私はもう高校は卒業した身ですが、改めて考えても、歴史が特に好きではない教師が歴史の教師になっているというのはあまりいい気持ちはしません。
まあ、教え方自体はうまかったですがね。ただ、授業内容は受験のことしか考えていなくて、歴史を学ぶ楽しさを教えるとか、そうした姿勢が全くないんです。
歴史好きの一人としては、本当に複雑なんですが、案外こういう教師も一定数いるんでしょうか?
ちなみに私は、日本史クラブのような、言うなれば同好会に所属していましたが、その顧問の教師によると、この日本史が好きではない教師は日本史クラブの顧問に就任しないか上に打診されたとき、歴史が好きで教師になったわけではないと言い、断ったそうです。
歴史が好きで教師になった人の中には問題視する声もあるそうですが、授業に定評があるため多くの生徒や保護者からの評判はよく、また校長はじめ上の方々も評価しているそうです。

投稿日時 - 2019-07-01 22:16:25

QNo.9631000

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

どっちかっていうと、先生になりたかったから、たまたま得意だった日本史を
手段にした。っていうタイプなのでしょうね。
好きじゃないのに教えられるというのはすごいなと思いますが。

多分教師の役割は2つあって、
・受験に通ずるような勉強を教えること
・その科目そのものの面白さを伝え、少しでも多くの生徒が、その科目に興味関心を持つようにすること

だと思うんですが、この先生は圧倒的に2つ目が欠けていたんですね。
日本史好きな質問者様から見たら、腑に落ちないのでしょうが、
学校教育で1番目の役割をしっかりと果たしている先生は、そりゃ評価されるのでしょう。
むしろ2番目の要素が強い先生は、個別の塾とかにいそう。YouTuberになってるとか(笑)

でもなんだかんだ言って、私もその科目大好き!という先生に教えてもらって、
結果的に成績も伸びた身なので、公教育の教師にそんな先生が増えたらいいなという風には思います^^

投稿日時 - 2019-07-02 18:21:21

ANo.3

いいんじゃないでしょうか。歴史をあくまで受験科目のひとつととらえ、合格点が取れればいいという生徒にとっては理想的な教師でしょう。
もし私が歴史の教師になったら、テストには絶対出てこないようなマニアックな話ばっかりして、一部の生徒からはユニークで面白いと大好評になり、受験を重視する生徒と親からは無駄話ばかりだと大ブーイングになるでしょう。

>この日本史が好きではない教師は日本史クラブの顧問に就任しないか上に打診されたとき、歴史が好きで教師になったわけではないと言い、断ったそうです。

正解です。歴史好きが集まるクラブに歴史が好きじゃない人が顧問になったら歴史好きの生徒が悲惨です。教える科目は関係なく、歴史がマニアックに大好きな教師が顧問になればいいと思います。

受験の歴史と、歴史好きの歴史は史実の三国志と三国志演義くらいの差があります。受験のための歴史なら、それはそれでいいとも思います。逆に私は興味がありますね、受験のためだけの歴史って。歴史好きだからどこにも興味を持っちゃってどこを切り捨てればいいのか分からないんですよね。「ここは受験には出ないから覚えなくていい」なんて、分かりやすいじゃないですか。

投稿日時 - 2019-07-02 17:09:23

じゃあ,どういう教師がよかったのですか? 歴史マニア? 自分の好きな時代や現象(外交史など)に熱っぽく時間を割き,年度末になっても教科書は18世紀までしかいっていない。生徒は独習しないと受験できない。

「教え方自体はうまかった」というのが,プロフェッショナルです。淡々と要領よく必須事項を語る。

私も,そういうプロフェッショナルの大学教員を自覚してますがね。教養科目「日本史」と看板をかかげながら,自分の狭義の専門(そのテーマで学術論文が書ける)「日朝関係」しか講じないような教員は失格です。あちこちの大学のシラバスをご覧なさいな。そういう専門馬鹿がおおい。

投稿日時 - 2019-07-02 03:02:28

ANo.1

学歴社会になってから 先生の成績は どれだけ多くいい学校に進学させたかということで評価されるようになりました。その結果
中学は 高校受験の予備校化
高校は 大学受験の予備校化
そのためにそのような先生が出てきたのです。学校もそれを歓迎しています。

投稿日時 - 2019-07-02 01:20:02

あなたにオススメの質問