みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「心霊現象」と「オカルト」の違い

「心霊現象」「怪談」と「オカルト」は別でしょうか?厳密には一緒?

投稿日時 - 2019-06-24 15:15:53

QNo.9628800

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

心霊現象・・・霊的な所業による現実に起こった事象。心という字がある通り、「霊の仕業じゃないか」と思い込む心情によるところが大きいと思われる。

怪談・・・いわゆる怖い話。四谷怪談ができた時にその作者が「怪談」という言葉を生み出したとか。

オカルト・・・上記やUFO、UMAなど、明確ではない謎をまとめた総称のようなもの

投稿日時 - 2019-06-24 16:39:15

お礼

ありがとうございます。とても参考になりました。そういう違いがったのですね。

投稿日時 - 2019-06-24 16:54:37

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

一緒というか、怪談は心霊現象を語ったものであり、それらはオカルトの一分野です。

より正確には
心霊現象は霊によって引き起こされたと感じることのできる現象、のことです。
実際に幽霊の仕業かどうかはともかくとして。
心霊もオカルトに含まれます。

怪談は主に妖怪などの民間伝承を語ること、あるいはそれを文章化したものです。たとえば「友達から聞いた話なんだけど」で始まる話と番町皿屋敷では同じ幽霊を題材にしていてもニュアンスが違うと思いますが、前者がいわゆる怖い話で、後者のように妖怪よりのものが怪談です。
妖怪や雪男、ネッシーなんかもオカルトに含みます。

もともとオカルトは神智学などの学術的な側面を持つ言葉で、現代の用法とは異なりますが、現代においては論理的あるいは科学的に説明できない事柄をブラックボックスに入れるためのレッテルとしての機能が大きいです。
要するによくわからないことはオカルトって言っとけばいいよってことです。

投稿日時 - 2019-06-24 17:03:52

お礼

ありがとうございます。とても参考になりました。

投稿日時 - 2019-07-30 18:48:55

ANo.4

「オカルト」は、はっきりと確認されたわけではないもの全般を指す言葉。
「オカルト」という言葉には神秘性を示す意味はなく、むしろ非科学的で胡散臭い物一般としての扱いになっています。
で、それらオカルトのうち、そもそも証明や再現が出来ない事柄を原因と決めてそこで思考停止する人が多いものについて、その原因とする事柄に応じた呼称で呼ばれています。
・原因を霊のせいにしてそれ以上は追及をしないのが心霊現象フリーク
・原因を物の怪の類のせいにしてそれ以上は追及をしないのが怪談好き
・原因を他者の企みのせいにしてそれ以上は追及をしないのが陰謀論者
・原因はこの護符を買って供養しないせいなどとしてそれ以上追及させないのが怪しい新興宗教
・原因が与党首相のせいとして実現性のある対案すら出さないのは碌でもない野党
・原因が日帝のせいだとして…

おっと誰か来たようだ。

投稿日時 - 2019-06-24 17:02:30

お礼

ありがとうございます。とても参考になりました。

投稿日時 - 2019-07-30 18:49:02

ANo.2

 心霊現象→合成写真、20世紀になって始まった詐欺
 怪談→悪夢や幻覚の話、数百年前から続いている恐怖物のお話
 オカルト→カルト宗教の作り話、映画で有名になった恐怖物のお話

 こんな感じでしょうかね。

投稿日時 - 2019-06-24 16:03:10

お礼

ありがとうございます。とても参考になりました。

投稿日時 - 2019-06-24 16:54:59

ANo.1

オカルトの中に、心霊現象や怪談があると思ってた。

投稿日時 - 2019-06-24 15:33:55

お礼

僕もそう思ってたのですが半信半疑だったので質問してみました。

投稿日時 - 2019-06-24 16:55:21

あなたにオススメの質問