みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

年末調整と扶養控除~健康保険証

*健康保険は夫婦別々に加入しています。子供は家内のほうの健康保険に加入しています。
以前に年末調整時に私の健康保険に加入なっていない子供を「年末調整時に扶養と届ける事が可能ですか?」 と ご質問させていただきました。
「健康保険加入と年末調整はリンクしないものだから問題ない」とアドバイスいただきました。

この年、年末調整で同居している実子を私の扶養として控除記入しました。
結果、経理のほうから健康保険に加入されていな家族の扶養控除は受けれないと担当者から連絡がありました。*控除は私だけの申請であってダブルものでありません。

もし、問題ないのであれば、これらの事を記載されているURLなどあれば教えてください。 これを持って、経理担当者に説明したいとおもいます。
よろしくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2019-06-22 13:36:02

QNo.9628111

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

https://www.nta.go.jp/m/taxanswer/1180.htm
扶養控除の対象になるのは,ここに書いてある条件しかありません。健康保険の扶養家族になっていることなんて言う条件はないのです。
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/nencho2018/pdf/h30nencho_all.pdf.pdf
年末調整の仕方を見てもどこにも健康保険の扶養家族になっているかどうかを確認しなさいとはなっていません。

まあ,年末調整で扶養家族に入れてもらえなくても自分で確定申告をすれば正しい処理がなされますが,経理担当者にちゃんと説明した方がよいですね。担当者がわからない場合にはその上司にも説明してください。その際に「健康保険に加入されていな家族の扶養控除は受けれない」というのはどういう根拠に基づいているのかを確認するようにするとよいですね。

投稿日時 - 2019-06-22 14:19:47

お礼

明解なご指導ありがとうございました。
年末調整にご紹介いただきましたURLをコピ-して添付します。
本当に感謝を申し上げます。

投稿日時 - 2019-06-23 09:17:53

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

健康保険の側から見てゆくと、以下のような通達が出ています。
健康保険では、年間収入の多い側の被扶養者とします。
また、共済組合(公務員・私学で健康保険に相当)では扶養手当の支給とリンクするので、扶養手当の支給を受ける側の被扶養者とします。

◯ 夫婦共同扶養の場合における被扶養者の認定について
https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=00ta2560&dataType=1&pageNo=1

ところが、この通達は、年間収入の多寡と被扶養者認定とをリンクさせてはいるものの、ご質問の「給与所得者の扶養控除等申告」(税制)とは無関係です。
というのは、社会保険上の扶養(健康保険)と税制上の扶養は別物だからです。

したがって、既にほかの方から回答が付いていますが、経理担当者の考え方は正しくはありません。
つまり、税制上では、夫婦どちら側の扶養親族としてもかまいません。
あなたがお考えになっておられるとおりで、問題はないと言えます。
要するに、健康保険(社会保険上の扶養)と税制(扶養親族等)は、切り分けて考えるわけで、そこが最大のポイントだと思います。
 

投稿日時 - 2019-06-22 16:58:47

お礼

ご親切にご指導いただきありがとうございました。

投稿日時 - 2019-06-23 09:22:15

ANo.1

 
経理担当と喧嘩しなくてよい。
翌年2月の確定申告をすればよい。
確定申告は年末調整と同じだし、年末調整した後でもできます。
 
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/kakutei.htm
ここに入力し印刷して証明書類を同封し税務署に郵送すれば確定申告になります。
 

投稿日時 - 2019-06-22 13:50:26

お礼

ご親切にご説明いただき唖ありがとうございました。
税務署に早々に届けます。感謝を申し上げます。

投稿日時 - 2019-06-23 09:14:46

あなたにオススメの質問