みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

辛くて仕方ないです

もう誰に頼ったらいいのか分かりません。

自分はうつ病になってから過去の犯した過ちや罪を思い出してはあんなことをしなければよかった、何故あんなことをしたのかあんなことしなかったらこんなことにはならなかったとずっと自分を責めて続けています。
子供の頃は何も考えず発言したり、行動したり、思春期の時は手をあげてしまったり今思えばあの時冷静になって考えればこんなことにはならかったと大人になった今後悔が募りに募って自己嫌悪の塊になって今の状態になりました。
悪いことや相手に迷惑をかけてはいけない事は絶対してはいけないとあとになって後悔して謝ったりもう二度とそんなことしないと自分に誓って生きてきました。

大人になった今でも子供の頃に犯してまった過ちや罪が消えることはないです。
思い出せば思い出すほど嫌気がさしてどんどん自分が悪い人間だと思い込むようになってしまい、余計に人の顔色を伺ったり、相手が傷つかない言葉を選んで使ったりすることも多くなりました。
でもそんな生活にも限界が来て余計に自分を責めたり自信をなくしたり、いろんなものに恐怖を覚えるようになり誰にも相談できずどんどんふさぎ込むようになりました。
一応心療内科の方には通ってはいますが、具体的なアドバイスはあまりなく行っても無意味じゃないのかなと思うレベルまで感じてきました。
相談しても何も変わらなく余計に不安は募るばかり生きてても辛い、ため息はいっぱい出て、頭は嫌なことが浮かべが質問サイトに質問をし不安を消してもまた嫌な事を浮かべたり、過去の過ちや罪を思い出しては悪循環に陥る・・。
もう辛くて仕方ないです。私はどうしたらいいんでしょうか。誰にこの気持ちを伝えたら楽になれるでしょうか。
長文で申し訳ありません・・。

投稿日時 - 2019-06-21 19:18:08

QNo.9627876

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

そうですか、辛いですね 今は思考が負の連鎖の状態ですから考えれば考える程悪い方向に行ってしまうと思います しかも、その思考を止めようとしても出来なくてまた余計に落ち込むというまさしく負のスパイラルなんですよね 
心療内科にかかってるとの事ですが、抗うつ薬を飲んでいるのかな 
参考になるかどうかはわかりませんが、私は毎日一時間程歩いています これをかれこれ20年程、略休み無しで続けています 歩く事で初めは頭の中を嫌な事、不安な事、イライラする事がぐるぐる回ってますが歩き続ける事によって知らないうちに頭の中が霧が晴れた様にスッキリしてきます そして歩き終わる頃には気持ちが楽になってます これは医学や脳科学で実証されてますので騙されたと思って是非ともやってみて下さい 今は本当に辛いと思います ただ、必ずや少しずつ光が見えてくると思うので頑張って下さい 応募してます

投稿日時 - 2019-06-21 21:50:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

もっとこころの中を感じてみてください。見ようと意識しないと見えないものです。あなた様の言う悪いことというのは、だれしの心にもあります。普通の人ならその悪の心というのは、見えない、感じないものなのですが、感受性が高いと見えてしまうものなのです。それが鬱病だったり、双極性障害だったりするわけです。あなた様は、双極性障害に近い鬱か、双極性障害自体なのかなという感想を持ちます。感受性の高いあなた様は、心の中の悪を感じてしまうため、あなた様の良心、優しさとの戦いになるのです。それが今のあなた様です。人間って両極端な心(善、悪)を持っていますのでそれが当たり前なんだと理解しない限り心の解決策はありません。心は、矛盾しているんだ、葛藤するんだということを、普通の人(医者でもカウンセラーでも臨床心理士でも)が感じないこと、わからないことを、私たち感受性の高い人は実体験として受け入れる必要があるのです。誰のそばにいればいいかは、人間というものを受け入れることのできた人のそばでしょう。100人にひとりぐらいはいると精神科の先生や、臨床心理士の経験豊かな方は言っていましたがわたしの経験上では、なかなかいないものです。わたしもそのひとりでもあるのですが、あまりにも感じない、わからない人が多すぎて会話するのも面倒くさくて表に出しません。要は、沈黙しているわけです。静かに世の中を見ているだけです。
理解してくれる人は必ずいるのですが、さて、どうやって見つけるかは、会話しかないかと思います。自分を悪い人間だと認識している人は、認識するまでの辛い経験をしていますのであなた様が、わたしって悪い人なんだなんて言うとピンときます。目の奥に哀しみを感じる人の中にいるなんていわれますので探してみては?こころの健康センターの集いなんかにもいる可能性は、あります。ご参考にしてください。

投稿日時 - 2019-06-22 05:58:02

ANo.6

とりあえず、日焼け対策しすぎないでください。
あまりUVカットすると、セロトニンを体内で合成できなくなるんだそうです。鬱病に苦しんでるのに日焼け対策がバッチリ過ぎると、マジでまずいです。

サンルームが理想ですが、日向ぼっこしながらバナナにきな粉ヨーグルトかけて、ついでに牛乳も飲みましょう。セロトニン合成に多分良いはずです。

何を言ってるか分からないかも知れませんが、女性は男性に比べ、セロトニンを体内合成する能力が元々かなり低いそうです。ストレスが原因でさらに落ちると鬱病になります。でも、原料が不足していてはセロトニンを合成できない。

脳には関門があるので、セロトニンそのものを摂取しても脳内にセロトニンは入れません。脳内で合成するしかない。そのための原料と日光が必要です。

後、アプリの「寝たまんまヨガ」をお勧めします。無料部分で十分役立つはずです。
心理療法を受けられるデイケアクリニックをお勧めします。症状改善に役立つプログラムが色々あるところは結構あります。

でも、今はとにかく休んで、セロトニン体内合成能を高めないと駄目な時期かもです。

貴方のように重い時期は二十年以上前かなぁ、何をしても辛いだけだった。

とりあえず、体力が戻ったなら、ボランティアをお勧めします。
私は道のゴミ拾いや公園の草むしりをしてました。働くとストレスですぐ倒れるので働けなかったのですが、少しは自分でも役立てることがあると思いたくてですね。人は怖いしね。

今は保護猫NPOとか、興味あるなぁ。当時は実家のお猫様に尽くさせて頂いて、生き甲斐を貰ってました。今は職場が理解があるので、庭の手入れをさせて貰ってます、ボランティアで(笑)

投稿日時 - 2019-06-22 03:11:35

ANo.5

私もまったく同じ心境でいます。私は、いろいろ失敗をしても現在こうして生きていられるということに(天に?)感謝することにしています。英語でいうunderved giftというものですね。それで気持ちが楽になるわけではありませんが、過去は過去として今できることを丁寧にやっていくほかないと思っています。それが感謝を生かすことになるのではないでしょうか。

投稿日時 - 2019-06-22 00:43:15

ANo.3

私もよく(寝る前に)過去の失敗を思い出して、自分自身に嫌気がさす事があります。と同時に、自分が嫌いだった人の事も思い出してしまい、「自分が嫌ってたアイツは今頃幸せになってるんじゃないか?」なんて思ってしまって、益々へこみます。

心療内科は、具体的に「ああしなさい、こうしなさい」とは言いません。あくまでも、『現状(の不満)を聞く』だけ。『「不満を人に知らせる=誰かが分かってくれる」という事が心身の安定になる』という治療方針もあるのでしょう。

気分の浮き沈みは、誰にでも有ります。古くから「気分のバイオグラフ」と言われてます。良い日もあれば、悪い日もある。運も同じで、何をやっても上手くいかない日があります。まさに、バイきんぐ・小峠さんのギャグ「なんて日だ!」と言いたくなるような一日。

私は、そんな中でも、一日の中で何か一つ『良かった』と思える事を探します。最大の慰めは「事故に遭わなくて良かった」ですかね。アニメ「牧場の少女カトリ」だったかな。物語の中で『良かった探し』をするんですよね。

情報過多の社会で、本や映画やアニメを、ゆっくりと観る事をオススメします。なかでも、『同じ境遇の人の話』は、とても参考になります。書籍「絶望に効く薬」「ツレうつ(ツレがうつになりまして)」の他、ウツを体験した人の話は(程度の差は有れど)共感出来ますし、どう足掻いたか(克服とまではいかなくても、気持ちが楽になった方法)を記してくれています。

わざわざ購入しなくても、公立の図書館に行けば、結構あります。都道府県立よりは、市町村立の方が、多岐にわたって面白い本(読みやすい本)が揃っていると思います。『何かをしなければ改善しない』と思うなら、一度、時間を作って行ってみて下さい。館内閲覧は無料ですし、貸し出しも可能です。

また、今の貴方の思いを(日記でもブログでも)『体験記』として書き記す事で、いつか誰かの役に立つ日が来るかもしれません。『何かをしなければ改善しない』と記しましたが、ある時に、『今のままで良いんだ』『過去は過去。悔やんだってしょうがない。でも、今を楽しめれば、それでいいんじゃない?』なんて思える日が来ればイイなと、私は思います。

投稿日時 - 2019-06-21 20:21:43

ANo.2

過去の過ち等々に気づけるのは
素晴らしいことです。

「恩送り」という言葉があり、
アナタ様のケースは厳密には「恩送り」では
ないのですが…アナタ様が、これから
いまいま可能なことで継続的に社会貢献を行たtリ、
困っている人に救いの手を差し伸べる行為を
続ければ、それが贖罪になりますので、
是非、進めてみてくださいませんか。

具体的に、許されたいのであれば……もし、
いまいま、過去に迷惑をかけた人達に会えるのであれば、
会って、直接、謝罪したり、その人達の親族・親戚等で
暮らしに困っている人がいたら、そちらにも救いの手を
差し伸べてください。そうすることで、気分が徐々に
晴れてくる筈です。

そうした行為を望まないのであれば、
ご近所の、禅宗のお寺 or カトリック教会を訪れて、
この質問のようなことを伝えれば、
救いが得られる方法を
提示してくださる筈です。

私は無宗教なので、東洋の宗教にも
西洋の宗教にもご縁がないのですが…アナタ様が
早期に、罪悪思考のジャグリングの陥穽から
自身の具体的に方法で、脱出できることを
祈って、おります。

私は、或る時、
アフリカ系アメリカ人の男性から、
喜びのみならず悲しみ&苦しみを
シェアすることの大切さを教えられました。
喜びのシェアは行ってきてはいたのですが、
悲しみ&苦しみをシェアすることは、
行ったことが有りませんでしたので、
驚きでした。

職場や暮らしの中でのミスに関しては、
シッカリと検証して、再発防止の歯止めを
かけておくことが大事なのですが、過去の
アナタ様の行為も、謂わば
「若気の至り」に起因する社会生活や人間関係上のミス
とも云えるのでしょうが…シッカリと反省して、
再発防止の歯止めをかけると宜しいのですが、
歴史的なことで無理ならば、現実の社会で奉仕活動を
行うなどの社会貢献を行い続けて、
そこに救いを見出すのも1つの方法では
ないでしょうか。

以上を叩き台にして、
アナタ様に可能な贖罪の方法を
考え出してみてくださいませな。
All the Best.

投稿日時 - 2019-06-21 20:20:45

気分障害、つらい時には休みましょう。

投稿日時 - 2019-06-21 19:44:02

あなたにオススメの質問