みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

傲慢な態度を取るタレントは干されるのでしょうか?

 1980年代後半から1990年代初めにかけて、
 関西で活躍し、東京へ進出した、
 太平シロー 森脇健児 清水圭 ぜんじろう等は人気絶頂のピークが過ぎても
 自分の実力を過信した行動で仕事が来なくなり、干されたということなのでしょう か?
 太平シローもマネージャーや弟子にロケに向かう時「何バスで? 舐められてたま るか ヘリを出せ?」と言った事
 森脇健児 清水圭も20代の頃「笑っていいとも」」に出た折、先輩の諸氏を
 差し置き、「俺を誰だと思っているのか」と言って司会のタモリを怒らせた事
 が、「今では恥ずかしい」と言った事等から、
 やはり、売れるとちやほやされ 天狗に成る 御蔭でという思いを忘れ、
 俺の実力でと思う、その様な人には仕事は来なくなるのでしょうか?
 ご回答お願い致します。

投稿日時 - 2019-06-21 07:07:29

QNo.9627726

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

シローさんは吉本興業を飛び出したというのが大きかったと思います。あのMANZAIブームで全国区になり、勢いよく吉本を飛び出して東京で勝負をかけました。
「しくじり先生」で洋七さんがいってましたが、あのMANZAIブームは前後を合わせると2年くらいだけれど、当時中にいた実感としては半年くらいだったということです。ウワーッときて、想像以上にサーッと終わった。自分たちはブームが終わっても漫才をやればいいやと思っていたけれど、それが通用しなかったといっていました。

サブローシローはやはり漫才が真骨頂だったと思うんですよね。いわゆるツウ好みってやつです。だけれども、当時にあの関西色が強い漫才はまだまだ関東では一般的に受け入れられなかったですし、吉本を飛び出してしまったので大阪にも帰れなくなった。仮にどんなに下手に出ていたとしても、人気凋落は免れなかったと思います。
サブローシローがいかに漫才師として凄かったかというのは、後に吉本に復帰したサブローさんがあの不世出の天才漫才師、横山やすしの代わりをこなせたことで分かると思います。シローさんはサブローさんや他の大物芸人さんが仲介するから吉本に戻ってこいといわれても頑として首をタテに振らなかったといいますから、元々器用な芸人さんではなかったのでしょうね。

森脇健児さん、なんでしばらく消えちゃっていたんでしょうね。90年代の彼の人気は本当に桁外れだったんですよ。アイドルと芸人を融合させた人でした。当時日本トップクラスにモテる男だった吉田栄作さんとCMで共演していたんですものね。彼の冠番組で若手として出ていたのがSMAPでした。
「しくじり先生」で自分が高慢になったせいで干されたといっていましたが、どうも説得力がないというかピンときませんでした。しばらくテレビで見かけなくなって、久しぶりにテレビに出てきたら全然面白くなくなっていて、あれ?もっと面白い人だったのになとびっくりしたんですよ。最近ちょいちょい出てるときは往年のキレが少し戻ってきたように感じるので、ネットでまことしやかに「プレッシャーでうつ病になった」という噂がありますが、私も実はそうだったのではないかなと思っています。

清水圭さんやぜんじろうさんは、関東人としては元々そんなに東京で長続きするタイプの人ではなかっただろうなという気がします。言葉では上手く説明できないんですが、東京でやるためには、笑いを東京に合わせなければいけないと思うんです。サブローシローさんもそこは失敗してしまったところだと思いますが、関東人が好むテイストではなかったんじゃないかな。
特にぜんじろうさんは私にはさんまさんにしか見えませんでした。ぜんじろうさんが東京に出てきた頃はさんまさんが低迷していた頃だったので「面白かった頃のさんまちゃんに似た感じの人が出てきた」って感じだったんじゃないかな。そして東京の人間はみんな「さんまっぽいから、同じ芸風で同じくらい面白いのあろう」と思って、本人の芸風がそれと違ったからブレイクしなかったのではないかなと思います。

下手に出ていればずっと出ていられるほど芸能界は甘くはないと思います。ただ、テレビによく出ている人というのはおそらく500人いるかいないかみたいな狭い世界だと思うので、噂が広まるのはものすごく早いと思います。

投稿日時 - 2019-06-21 12:09:34

ANo.5

昭和の時代は言われる通りですが、現在は違います。
現在の芸能界は、創価学会がほぼ支配しています。
ゆえに創価学会系でないと、各番組のレギュラーには成れません。

創価学会との深く強い繋がりがあれば、傲慢な態度でも問題なく、
不祥事を起こしてもまた復活出来ます。
思い当るタレントが居るのではないでしょうか?

裏の真実を知りたければ調べてみて下さい。
知りたくないのであれば、上記は無視して下さい。

投稿日時 - 2019-06-21 09:45:56

ANo.4

一見傲慢そうでなくても、50を過ぎてどんな場面でも自分のことを俺としか言えないタレントには惨めな老後が待っていると思います。

投稿日時 - 2019-06-21 08:12:51

ANo.3

スタッフや他の同業者に対して天狗になった者は嫌われていることにも気がつきませんが、このスタッフの怒りがプロデューサーまで達するのにしばらく時間がかかります。みんな忍耐していますがどこかで爆発するんです。

プロデューサーはスポンサーと仕事を仕上げることを天秤にかけ、人間関係に問題が起こるならばそれとなく天狗になった芸能人を避けていきます。

バブル期にはよくあった事ですね。一人消えても穴は簡単に埋められるのに、その人たちは自分しか見えていませんから。

どこの会社にも一人はいますよね、そんな人。

投稿日時 - 2019-06-21 08:01:23

ANo.2

人によりますが、干されたというより需要がなくなったので声がかからなくなったのです。別に傲慢な態度をとっていたからという理由ではないと思います。多くのタレントは人知れず消えていくものだからです。

投稿日時 - 2019-06-21 07:49:54

ANo.1

芸能界に限らず
「身の程知らず」は
最後は干されます。

投稿日時 - 2019-06-21 07:31:30

あなたにオススメの質問