みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

自動運転 法整備とプログラム?

2020年に日本でも一部レベル3の自動運転が認められる方向とか。自動車の操作ミスと思われる痛ましい事故が連日報道される中で、自動運転ならおこらなかった様な事故も多いと思います。逆に人間だったら起こさない事故を自動運転は起こす可能性があり、どちらが全体で事故の確率が低くて、いざ事故が起きた時に運転者が賠償するのか車のメーカーが賠償するのかを考えると、不安はあってもすでに自動運転の方がトータルでは良い様に思います。
でも、運転していて不可抗力の状態で究極の選択を迫られる時ってあると思います。例えば、運転中に突然目の前に巨大な落下物があって、直進すれば激突。歩道によければ助かるけれど、歩行者をはねるかも知れない。良い例かわかりませんが、こう言う例外的な場合、他人を巻き込んでも車の乗客を助ける方を選ぶのかどうか、難しい場合があると思いますが、法律的にはどう考えられているのでしょう?また車のメーカーは法律に乗っ取ってアルゴリズムを作ってプログラミングしないといけないと思うのですが、そうするとそのプログラムが法解釈にあっているかどうか国がチェックしないといけない様にも思うのですがどうなのでしょうか?
人間の場合は究極のケースでは個別の事情によって警察や裁判所が判断すると思いますが、自動運転の場合方針が決まっていても自動運転の性能やプログラムによって結果が違って来る一方で、同じ状況では全ての同じモデルの車が同じ様に振る舞うはずなので、個別に判断する内容じゃないよなと思ったらだんだん疑問が深まってしまいました。

投稿日時 - 2019-06-10 14:20:12

QNo.9624580

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

あなたが「自動運転」にどのようなイメージをお持ちなのかよくわかりませんが、日本で2020年に導入が目指されているレベルの自動運転は、実質的には単なるアシスト機能です。

運転者必須で運転者はスマホを使用してもいいことになっていますが、緊急時には運転者が即応することを求めており、もしも事故が起きれば運転者のせい。
あり、事故が起こった場合の責任はすべて運転者です。

>こう言う例外的な場合、他人を巻き込んでも車の乗客を助ける方を
>選ぶのかどうか、難しい場合があると思いますが、
>法律的にはどう考えられているのでしょう?

何も難しくはありません、とても簡単です。
自動運転とは関係なく今まで通りの判断基準で、人間が裁かれるのみです。メーカーは責任を問われません。

投稿日時 - 2019-06-29 18:58:28

ANo.2

>運転中に突然目の前に巨大な落下物があって、直進すれば激突。歩道によければ助かるけれど、歩行者をはねるかも知れない。良い例かわかりませんが、こう言う例外的な場合、他人を巻き込んでも車の乗客を助ける方を選ぶのかどうか、難しい場合があると思いますが、法律的にはどう考えられているのでしょう?

自動運転の危険時の回避動作と法律とは関係ないと思います。
法律は、事故になった状況で法に則って裁きます。
おそらく、この回避動作はどのようであれ、国交省などへの届け出をして、
認可されているものと思います。
そうなると、見直しはすると思いますが、直接、これが欠陥に当たるもの
ものではない、とされるでしょう。
これを前提に法整備され、運転者(所有者)の責任は免れないように
なるはずです。

まあ、例題が極端です。実際は、
岩にぶつかるのが回避できる状況であれば、人にぶつかるのも回避できる
可能性があります。
間近に落石であったとしたら、石にぶつかるでしょう。
または、石にぶつかった反動で人にぶつかるかもしれません。
この時は、スピードが問題視されると思います。
となると、所有者の責任となると思います。

結局、自動運転システムと安全動作などを国交省がどう認可するかに
かかっているかもしれません。

投稿日時 - 2019-06-10 15:59:01

ANo.1

>法律的にはどう考えられているのでしょう?

歩行者を轢いてしまったなら、刑法は任意に起こしたものではなく不可抗力であったとして処理されるでしょう。だから過失運転致傷罪で裁かれることになりますね。
民事では、ドライバーもしくは自動車の所有者の責任とされて処理されるでしょうね。
難しく考えることはありません。「雨の日に車を運転していたらスリップしてスピンしてしまい、その勢いで歩行者をはねてしまった」というのと同じ扱いですよ。車がスリップしたのは不可抗力ですが、かといって自動車運転の責任からは逃れられないってことです。

問題は「自動縦列駐車機能を使ったら、本当は接触しないはずなのに前の車にガリガリと接触しやがった。この場合の責任は自動車メーカーにあるのか、その車の所有者にあるのか」って場合です。
国土交通省はまだ正式に見解を示していませんが、今までの傾向は「あくまで運転アシスト機能だからドライバー及び自動車の所有者の責任である」という解釈です。
例えば自動ブレーキシステムが搭載されているからといって、「自動ブレーキで止まってくれるでしょ」でブレーキを踏まないままでいて止まり切れずに前方車両に追突して、これは俺が悪いんじゃない、自動ブレーキで止まり切れなかったメーカーの責任だといっても通らないです。高速道路の渋滞でついうっかり居眠りをしてしまって前方車両に追突するというようなものを防止する機能です。

横浜シーサイドラインが事故を起こしましたでしょ。あれと基本的には同じですよ。シーサイドラインの車両は無人運転です。まだ事故の原因は判明しておらず、今のところ機器が故障したというのが有力ですが、事故対応の窓口は横浜シーサイドラインで、車両を製造した総合車両製作所が対応している訳ではありません。事故を起こさずに運営する責任は、横浜シーサイドラインにあります。

>車のメーカーは法律に乗っ取ってアルゴリズムを作ってプログラミングしないといけないと思うのですが

そんなこたないですよ。法律が「人を轢いても不問」とするなら、人を轢くようにプログラムをするんですか?そんなバカな。
AIを使うとしたら、コンピューター上でそういう状況を何度もシミュレーションして「人を轢かないで、なおかつ車内の人も助かるためにはどうすればいいか」を試行錯誤すればいいのです。まずブレーキを踏んだ。歩行者は轢かれないが中の人が死んでアウト。次にハンドルを切った。中の人は助かったが歩行者が轢かれてアウト。次にブレーキを踏んでハンドルを切った。歩行者をはねてしまった。ハンドルを反対側に切ってみた。中の人が死んだ。いっそ反対側にハンドルを切ってアクセルを踏んで回避できないかやってみた。やっぱり回避できない。それなら・・・と何百回も繰り返せばいいのです。そのうちに「こうすれば人もはねないし、中の人の損害も最小限になる」という方法が見つかります。

投稿日時 - 2019-06-10 15:20:02

あなたにオススメの質問