みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

「自分教」 覚ったと思っている人は強い?

 古くは、織田信長(後からの伝説で創作された部分もあるが)等に
 見られる様に、
 1 自分が思う目的(戦国時代の武将ならば天下統一 会社の社長ならば経営)
  を達成する為には我武者羅に邁進する。
 2 その為には誰にも相談しない。(人を信用しない 何時か裏切られると思って いる)
 3 自分と違った方法で同じ事を行っている者が居ても、それは認めないし、
   相手の粗を探してそれを攻撃する。(相手を認め、友好を保つのは嫌。)
 という方が居られます。

 何もない処から天下統一の道を開き、邁進したのが織田信長でその決断力や行動力はワンマンでないと出来ない部分があると思いますが、もしや本能寺の変がないと、
皇室や公家等の攻撃も行っていたという事や、意味不明な戦闘行為を行っていたのではと言われております。(信長は秀吉 家康と違い 朝廷からの官位を断ったという
逸話があります。)
 この様なタイプは良い時はワンマンで良いが、それが何時までも続かないが、それを守ろうと可笑しな行動を取る人が居ります。恐怖政治的な国家やブラック企業と言われる経営者にも似た様な処がありますが、ある意味この様な人達は「自分が絶対」
と覚っているのでしょうか?
(昨年、坂上忍氏の番組で戸塚宏氏が「自分は正しい 神様だから」といい
 「自分のやり方は万人に通用する それで駄目に成った奴が悪い」と発言し、
 放送事故的に成りましたが、「俺は目的を果たす為にこうする、それが世界の
 幸福につながる、ついてこれない者は駄目である」という理屈なのでしょうか)
 普遍的な宗教とは別に自分の思いが絶対という「自分教」をある意味確立している
 のでしょうか?
 それを覚ると周りの事は目にくれず「自分が正しい」と思う様に成るのでしょう  か?
 (戸塚氏の様なタイプだけでなく、自分の幸せのみを優先し、一切の付き合いをしない人や徹底して金銭に汚い人等も「自分教」的な考えを持っている人が強いと思います)
 この様に「私が正しい 相手が悪い」と思うとある意味強く、悩む事もなく生きて行けるという事なのでしょうか?ご回答お願い致します。 
 

投稿日時 - 2019-06-10 07:47:22

QNo.9624499

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

このような方々をよく見て下さい
宗教に対しては 宗教のイロハも分からない
無知無学無能な方々です

権力財力自力を頼み、我見偏見邪見妄想を
描いているにすぎません
彼らには論理的な根拠も希薄で協議もなく
道理や妥当性をも無視して、
宗教と言えるものではありません
ただの自分の好きな考え方、生き方なのです
自分教」などと言えるような、しろものではありません
宗教家に失礼です

強いか弱いか、悩みが無いか
心の中をのぞくことはできません
人一倍恐怖を感じ、苦悩に満ちた一生だったかもしれません

本当に強い人とは
深い哲学に生きる人です

投稿日時 - 2019-06-13 11:02:59

ANo.2

織田信長に関してかなり誤解というか曲解されてらっしゃいますが、彼は質問者さんのイメージとは違って、我が道だけを進んでいたわけではないんですよ。

まず彼が京都に入ったときは、足利義昭を奉じています。あくまで信長は「義明の家臣」という体になっており、信長も表舞台では義昭に頭を下げています。純粋な戦国大名としての実力は自分より格下の浅井長政に対しては美人で有名な妹を嫁がせてご機嫌を伺っています。
比叡山を焼き討ちにしましたが、当時比叡山は手広く金貸しをやっていて、その金利は年利にして48~72%にもなるというエグい高金利でした。返せないとコワモテの僧兵がやってくるんだから、闇金ヒエイザンくんですよ。比叡山が焼き討ちされて借金の証文が焼失して、助かった人たちが大勢いたのではないでしょうかね。
晩年、彼は長年の重臣を30年前の遺恨などをネチネチと責め立てて追放していますが、逆にいうと30年も我慢していたのです。

信長は超理系の理論家ですよ。ポルトガル人から地球儀を見せられて「地球は丸い」という説明を受けたときの信長の感想が「なるほど。理にかなっている」だったんですよ。「理にかなっている」ってのがポイントでね。論理的に考えたってことなんです。
質問者さんは信長を「我が野望のためなら誰かれ構わず我が道を邁進する。邪魔者は容赦なく潰す」という人間だと思っておられるようですが、実際の信長は「あらゆる手段の中から最も合理的で現実的で最短のルートを考える」という戦略家だったのです。ただ、その最も合理的なルートが時に合理的過ぎて世間が追いつけなかったのです。
本能寺の変の直前、信長は突然官位を返上してしまいます。慌てた朝廷は「関白、太政大臣、征夷大将軍の中から好きなものを選んでくれ」といいましたが信長の返答は「要らん」でした。私が知る限り、関白と太政大臣と征夷大将軍の好きなものをもってけといわれた人は日本史上で信長だけだと思います。信長が官位を返上した理由はシンプルかつ合理的で「今の自分にはもう朝廷の権威は必要ないから」でした。

ワンマンタイプには欠点はもちろんあります。ただ日本型の集団合議制は「意思決定が死ぬほど遅く、小田原評定になることしばしば」でもあります。今の日本企業がだいたいダメなのも、意思決定が死ぬほど遅いからです。
我が道をいくっていうのも、エネルギーが必要ですよ。質問者さんみたいにとかく批判する人が必ず出てきますからね。だからこそ「強さ」は必要なのです。

投稿日時 - 2019-06-10 11:29:03

ANo.1

「私が正しい 相手が悪い」と思うとある意味強く、悩む事もなく生きて行けるという考え方もありますが、逆に全て「私が正しい 相手が悪い」と思うと大きな失敗をする可能性もあります。戸塚宏は過去にも将来にも大きな失敗をする人の一人でしょう。

投稿日時 - 2019-06-10 09:16:06

あなたにオススメの質問