みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

待ってないで野党は先に解散すればよいだけでは?

いつも思うんですけど、野党はなんで総理大臣が解散するのを待つんですか?
そろそろ解散だってことはわかる訳ですし、国会はどっちにしろ与党の意向で数の論理で決まる訳ですから、野党全員で辞表出して先に国民に大義を訴えて回れば良いのでは。
野党先行解散なら話題性もありますし、選挙対策も少しはやりやすくなります。

野党はなんでわざわざ総理大臣が解散するのを待つんですか?自分たちで事実上の解散状態つくればよいだけではないのですか?

投稿日時 - 2019-06-09 08:40:38

QNo.9624216

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(15)

>自分たちで事実上の解散状態つくればよい
残念ながら作れません。「そろそろ解散だってことはわかる」という前提が間違っています。総理大臣の意向と与党内のパワーバランス次第なのです。
衆議院の解散時期はけっこう判りにくく、過去には「死んだふり解散」「ハプニング解散」と言われた解散もありました。

仮に「そろそろ解散だってことはわかる」として、そのタイミングで野党議員全員が辞表を提出したら、総理大臣は決して解散などしませんよ。その場合「任期満了」まで解散などせずに、補欠選挙だけをやって(当然ながらその選挙には与党候補も出馬するため確実に野党の議席は減ります)、与党に都合のいい法案を可決・成立させまくるでしょうね。

つまり、「野党議員全員が辞表を提出しても解散状態にならない」のです。国民に大義を訴えたところで、すでに国会の議席がないのですから「負け犬の遠吠え」にしかなりません。私も「野党先行解散」になればいいと思っていますが現実には不可能です。そのため、やむなく「総理大臣が解散するのを待つ」しかないのです。

投稿日時 - 2019-06-13 16:53:51

ANo.14

それでは解散にもなりませんし、与党はいるわけですから。
野党全員が辞めれば、ここぞとばかりに自民党は好き放題、審議なしで法案を通しますよ。
解散権は首相が持っており、自民党政権下では、自分たちに都合のいいように解散するでしょう。
それでも野党は待つしかなく、徹底対抗するしかないのです。

政権担当能力云々は置いておいて、理想は政権交代し、この7年間の安部政権の悪巧みを暴き、総括すべきでしょう。
少なくとも同時選挙になったとしたら、衆参で維新を含む与党を50.1対野党49.9くらいに追いやることでしょうね。
今度の選挙で与党や維新に投票するのは自殺行為です。
こんなクズ政党に票を入れるやつは、売国奴ですよ。

投稿日時 - 2019-06-10 22:39:36

ANo.13

 昔、野党がまとまって議員辞職願を提出した事があります。
 その時は、「議員辞職は認められない」で終わりました。
 政権与党になる気が無く万年野党を目指す反対党にとって議員でいる事が重要ですから辞職はありません。
 本来、話題性で勝てる程、国政選挙は甘くないのですが、郵政解散や政権交代などの成功体験がありますので、夢を再びと思うのかもしれません。
 残念ながら今の野党では絶対に勝てません。

投稿日時 - 2019-06-10 11:04:15

ANo.12

野党は政権を持ってないので
当然解散する権利もありません

野党の衆議院議員が全員辞職した場合は
「総選挙」ではなく「補欠選挙」がおこなわれます


それに野党は解散総選挙はしてほしくない
かつての政権交代の時みたいに確実に勝てるなら別だけど
今は選挙やってもほぼ9割方自公の勝利ですから

投稿日時 - 2019-06-09 17:18:12

ANo.11

何となく追加で。

国会の解散をする事ができるのは天皇だけです。

また、国会は議員の三分の一が出席すれば議決が成立します。
さらに、出席議員の三分の二が賛成すれば議員を辞めされることができます。

これって、与党が各議員総数の三分の一以上いて、議会内の与党勢力が三分の二を占めれば、不要な議員を追放して独裁が可能ということです。

さらに、今の憲法制度では、不信任案を通すことができなければ、内閣は恣意的に衆議院を解散せずに存続させることはできます。
内閣が天皇に助言と承認を与えることで衆議院を解散できることの裏返しで、内閣が衆議院の解散に関する助言や承認を天皇に行わなければ衆議院は解散されません。

この意味で、参議院ってとても重要な役割を持っています。

ご質問のやり方は、ヒトラーを日本でも生める機会を与える可能性を持ちます。

投稿日時 - 2019-06-09 14:38:29

ANo.10

解散権は「内閣総理大臣」にしかないからです。

投稿日時 - 2019-06-09 13:33:35

ANo.9

〉野党全員で辞表出して先に国民に大義を訴えて回れば良いのでは。

辞表を出した議員の選挙区で補欠選挙がおこなわれるだけで、政局は動かないんじゃないかな。

ついでに言うと、穴あき選挙の場合、それが事前にバレると、基礎票だけでなく選挙区移動ができる公明党や共産党がやたらに有利な選挙になる選挙区が多くなるので、野党は数を減らすだけの可能性が高いです。

投稿日時 - 2019-06-09 13:30:31

ANo.8

 野党だけで模擬的に解散ごっこのようなことをしても、有権者には安っぽいパフォーマンスとしか映らないと思います。野党の離合集散の愚には、そろそろ飽きてきたのではないでしょうか?

 国会議員の本義は政策論争であり、法案や予算の審議です。マスコミや評論家の中には解散やスキャンダルしか政治ネタが語れない愚か者が多いのですが、一般の有権者にも段々と本来の政治論争が理解できるようになってきました。

 それを甘く見ていると、野党は今よりもさらに酷いことになります。

投稿日時 - 2019-06-09 12:04:41

ANo.7

野党がそんなことをすれば、余計に国民からの信用を無くしますよ。解散が分かってたから先に辞表を出しましたなんて国民からすれば全く納得のいかないものです。

よし貴方が野党の衆議院議員だとして、自分から所属している党にみんなで辞表出しましょうと言えますか?

もしそんなことを言ったとしたら、自民党からの回し者だと思われて、次の選挙では党からの推薦も地元からの推薦も貰えなくなりますよ。

解散権は安部のおっさんにしかないのですから、先走ってくれたらそれこそ安部のおっさんの思い通りです。

国民のことを考えずに自分達のことしか考えない野党と言うレッテルを貼りますからね。
そうすれば、選挙は楽勝ですよ。

消費税引き上げよりも大きな問題を作る方が与党に安心を与えるのですよ。

投稿日時 - 2019-06-09 11:45:16

ANo.6

なにもしないで遊んでいても、年に1億はもらえるのですよ。とてもじゃないがやめられないでしょ。

投稿日時 - 2019-06-09 10:50:04

ANo.5

野党がみんな辞職したら政府・与党は自分達の思い通りに国会を進められるのでやりたい放題になっちゃいますよ。

投稿日時 - 2019-06-09 10:16:32

ANo.4

補足見ました

解散できないのはご理解いただけたかとおもいます
あなたの主張は「解散前の野党議員の辞職で与党にプレッシャーをかける戦法はどうか?」で良いですかね?

実行する野党がいないのは政党交付金を捨ててまでプレッシャーを与えるのが効果的で無いと判断しているからでしょう

政党交付金を貰えないような政党が辞職しても影響ないですしね

政党交付金制度が改正されたら、これも戦略の一つになるかもしれませんね

投稿日時 - 2019-06-09 10:00:44

ANo.3

したくても出来ないです
法律で決まってます

解散の権限のある政党を与党と呼ぶ
無い政党を野党と呼ぶと思ってても良いです

投稿日時 - 2019-06-09 09:36:54

補足

形式的な解散権は総理大臣。
でも野党が一斉に辞めてしまえば事実上の解散になるから同じ。
そろそろ解散だってことはわかる訳ですし、国会はどっちにしろ与党の意向で数の論理で決まる訳ですから、野党全員で辞表出して先に国民に大義を訴えて回れば良いだけ。
野党先行解散なら話題性もありますし、選挙対策も少しはやりやすくなります。

野党はなんでわざわざ総理大臣が解散するのを待つんですか?
自分たちで事実上の解散状態つくればよいだけではないのですか?

投稿日時 - 2019-06-09 09:39:05

ANo.2

まぁ無理ですよ。

国会議員が減れば、解散するのではなく、補欠選挙が行われることになります。

例えば定数200人として、50人の野党全員が辞めたとします。

すると、補欠選挙ですから、不足した50人を選ぶ選挙をします。
当然補欠選挙には与党も出てきますので、野党は確実に議員数を減らすだけの結果になり、人数が増えることはありません。

そんなことをやる矢藤はありませんからね。

投稿日時 - 2019-06-09 09:29:52

補足

それは無いでしょう。すぐ任期が来ますから。

投稿日時 - 2019-06-09 09:33:23

ANo.1

衆議院の解散の権限は内閣(総理大臣)にしかない。
野党議員が全員議員辞職をしても
比例は繰り上げるので
野党議員の当該選挙区の補欠選挙にしかならず、
議席を減らすことはあっても増えることはない。
それに、当選後の任期も前任者の任期を受け継ぐだけなので
当選後の任期が短い。

投稿日時 - 2019-06-09 09:21:33

補足

だから解散してしまった方がいいのでは。

投稿日時 - 2019-06-09 09:34:15

あなたにオススメの質問