みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

【写真】こちらはタイヤ交換した方が良いでしょうか?

こちらはタイヤ交換した方が良いでしょうか?
7年前の車で1.5万キロ走行です。
よろしくおねがいしますm(_ _)m

投稿日時 - 2019-06-02 11:55:46

QNo.9622329

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

7年で1.5万キロ走行。
典型的な、たまにしか動かさない車や動かしても走る距離が短い車のタイヤにこの症状が現れやすい。
タイヤは走行する事による、圧縮・伸張により、タイヤ内部の劣化防止成分が染み出してくる。
しかし、タイヤを動かさないと、この様なボロボロの乾燥肌になってしまう。
まあ、走行してもブロックパターンの剥離など起こすでしょうから、交換したほうが無難でしょうね。

投稿日時 - 2019-06-05 19:38:00

 ここまでくると,硬くなって乗り心地も最悪でしょう。グリップも悪いでしょうね。交換をお勧めしたいです。乗り心地が誰でもわかるほど良くなり,ハンドリングも毎日この車を運転乗っている人にははっきり違いが判るでしょうね。

(おまけ)ちなみに,タイヤの製造年週ですが,タイヤメーカーは湿度温度を厳重に管理して保存しているそうです。我が家にある軽自動車(2010年型)のタイヤは155/60R15です。大変珍しいサイズのタイヤで,新車装着時のタイヤ(ポテンザ)はすでに在庫もなく,かろうじてプレイズにこのサイズがありました。しかも,2009年製造のタイヤです。新車購入時より前のタイヤでした。
 例えば,サイズを変えて大量に出回っている165/55R15なども可能なのですが,運転席ドア付近に貼ってあるシールに示された(規定)サイズ以外のタイヤは,車対車の事故の際に不利になるそうです。相手車の保険屋はまず履いているサイズが規定サイズかどうかを見て,違っていると事故の原因がタイヤサイズの違いにもあると主張し,20対80の責任割合が80対20にひっくり返されたこともあるという事です。これは,タイヤ専門店の話好きな社長に聞きました。

 このような製造年の古いのを保管しているのは珍しくなく,例えばケンメリをオリジナルで愛用している人など向けに絶版タイヤの保存は必要な事なのだそうです。

投稿日時 - 2019-06-03 10:59:32

ANo.8

使い方次第です。
近所の買物程度なら まだまだ使えます。
高速で遠出は やめといたほうがいいかもしれません。

投稿日時 - 2019-06-03 10:50:29

ANo.7

めっちゃ劣化してない?
これはマズいと思う

こんな状態で走行したら、いつバーストしてもおかしくないかも
それもあるし、タイヤのグリップ力は皆無に等しいと思われる

投稿日時 - 2019-06-03 01:48:15

ANo.6

日本のタイヤメーカーの多くは公式見解として、製造から5年を目安にゴムの硬化、傷や亀裂の有無などの点検を専門店で受け、継続使用が可能かチェックする事を推奨してしており、製造から10年経過したタイヤは使用を中止する事を推奨しています。
https://tire.bridgestone.co.jp/about/maintenance/long-term-tire/index.html
https://www.y-yokohama.com/product/tire/faq/faq09/

販売店の人がタイヤの寿命は5年程度と言うのは、多くの場合保管状況やタイヤのメンテナンスが悪くて劣化が進んでいて、5年ほど経過するとゴムの硬さなどがタイヤメーカーの基準値より悪くなっていて要交換と判断されるからです。

7年以上経過しているようですので専門店で点検を受けましょう。

投稿日時 - 2019-06-02 15:15:22

ANo.5

ちなみにタイヤメーカーに勤めていましたが、寿命が5年は初耳です。
タイヤのひび割れで車検が通らないというのも、初耳です。
先月10年前のひび割れスタッドレスで車検受けたばかりだけど、あれは何だったのだろう。

投稿日時 - 2019-06-02 14:43:07

ANo.4

早急に交換した方がいいでしょう。
ひび割れが結構酷くトレッド面の剥離等を起こす可能性があり、高速走行中に剥離すると破片で車体を破損させたりハンドルを取られて事故に繋がる可能性があり危険です。
また、そこまで亀裂が入っている場合、ゴムが硬化している可能性が高くグリップ力も低下していてブレーキが効きにくいといった事もあります。

タイヤの寿命は5年程度と言われていますので、7年経過しているのであればゴムの劣化が進んでいるので経過時間からいっても交換した方がいいでしょう。
それと走行距離が少ないので余計に劣化させている可能性があります。
タイヤのゴムには劣化防止剤が練り込まれていて、走行時のタワミ等で少しずつ表面にしみ出してきて紫外線によるゴムの劣化を防ぐよう作られていますが、余り走行しないクルマだと劣化防止剤が出てこれず雨や洗車等で表面の劣化防止剤が流されて紫外線から保護できなくてひび割れを起こしたりゴムが硬化してしまいます。

投稿日時 - 2019-06-02 14:42:52

ANo.3

使おうと思えば使えない事はないですが、その車をまだ乗り続ける予定ならどのみち長くはもちませんから、もう交換してもいいと思います。
車次第でしょうね。

投稿日時 - 2019-06-02 14:39:33

ANo.2

即交換です
高速道路での走行は自殺行為です
タイヤの寿命は製造から5年です(装着していない新品でも)
亀裂や損傷、ひび割れなどの劣化が見られれば、まだトレッドの山が十分残ってたとしても、交換することが望ましいとされています。
勿論、車検は通りません
製造年が書かれた製造番号がサイドウォールに書かれていますのでご確認ください。

投稿日時 - 2019-06-02 12:13:34

ANo.1

そろそろはしたほうがいいでしょうねぇ。俺ならしないけど。
表面のヒビ割れ自体はさほどの問題ではありません。
そこから水が入って、スチールベルトを錆びさせるとバーストなど起こします。
逆に言えば、錆びるまでは問題ない。ナイロンベルトなら剥離するまで問題ない。もちろん、錆は表面から見て分かるはずないので、気候や使用状態、期間で何となく判断するしかありません。で、そろそろ、という結論。

投稿日時 - 2019-06-02 12:04:00

あなたにオススメの質問