みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

オメプラ服用 イミプラ→デシプラ 変換 遅くなる

オメプラゾールを連日服用している患者が、イミプラミンを服用すると、イミプラミンからデシプラミンへの変換が遅くなる。

その理由を薬物代謝の変動の観点から説明してください。
よろしくお願いします

投稿日時 - 2019-05-29 00:14:33

QNo.9621012

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

こんにちは。肝代謝酵素に関する薬物相互作用についての質問ですね。

イミプラミンは肝代謝酵素チトクロームP450(以下CYP450)のうち、CYP2D6が関与していることが分かっています。
また、CYP1A2、CYP3A4、CYP2C19の関与も考えられています。

これらの代謝酵素によりイミプラミンはデシプラミンに変換されます。これが前提です。

オメプラゾールはCYP2C19及びCYP3A4により代謝されますが、競合的に結合するためイミプラミン側から見ると代謝酵素を奪われている(阻害されている)ということになります。

イミプラミンのメインの代謝酵素がCYP2D6であるため、オメプラゾールによる代謝酵素阻害の影響は「遅くなる」という程度で済むものと思われます。


ご参考になりましたら幸いです。

投稿日時 - 2019-05-29 14:41:22

お礼

以前のオメプラゾールの質問に引き続き、こちらの質問にも答えてくださり、本当に助かりました。イミプラミンとオメプラゾールのそれぞれの代謝酵素の種類や、同じ代謝酵素のために、競合的にその酵素を奪い合うという性質がよくわかりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-06-16 12:48:01

あなたにオススメの質問