みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

バラの古い枝から全く違う花が咲いた

数年前に購入したバラです。鉢植えで楽しんていましたが、この冬に地植えにしました。今までより葉も増え、シュートもたくさん出てきて楽しみにしていたのですが、全く違う花に変わってしまい困惑してます。
元の花が咲くように原因と対策を教えて下さい。

今までは毎年、薄いピンクの直径4センチ位の八重の花が数輪ずつまとまって咲いていました。
今年のはイチゴの花のような白い一重の小さな花ばかりです。
花は以前からあるメインの枝に咲いていますので、台木ではありません。
新しく伸びた枝やシュートには蕾はついていません。
こんな事ってあるのでしょうか。
素人考えで、木が成長し過ぎて花に栄養が行き渡らなくなり簡単な花しか咲かせられなかったのか、等と想像しています。
来年は前の花に戻す事は可能でしょうか。

投稿日時 - 2019-05-22 11:23:58

QNo.9618933

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

私も先祖返りの可能性が高いと思います。
バラの園芸品種には「枝変わり」由来の物も結構多いです。
ある品種の一枝だけに突然変異で花色が違うものや、親株とは全く違う花が咲くものを枝変わりといい、その変異した枝を挿し木で殖やして新品種として発表することはバラだと結構多いです。

突然変異で現れた特徴は不安定なものもあり、途中からまた元の品種の特徴へ戻ってしまう(先祖返り)こともたまにあります。
今回はこのケースで、しかも先祖返りした部分が大きく育ってしまい突然変異の部分が弱くなって入れ替わってしまった可能性がありそうです。突然変異のは親ほどの勢いはない育ちの遅い物も多いので、どこかの部分から変わってしまっているのでしょう。

元に戻るかについてですが、確実に最初の特徴の花が咲いていた古めの茎まで短く切り戻せばその茎から芽が出て育つと変異の方の特徴の花が咲いてくれる事もありますが確実に戻るとは言い切れず、品種によっては切り戻しても戻ってくれない方が多いです・・・。

もし最初の花の方の品種名が判明しているのならインターネットやバラ辞典的な書籍でその品種の由来を調べてみて先祖返りしやすい特徴を持つのか確かめ、インターネット上のサイトやブログなどで先祖返りしたものが元に戻せたという話を探してみるくらいしか・・・。

昔からあってかなり大きな株だったり複数株をお持ちなら短めの切り戻しなども試せるでしょうが今回はまだ若い株が一株だけの様で、酷く弱ったり枯れるかもしれないリスクを冒してまで元に戻る保証のない荒療治は難しすぎるかと・・・。

もし品種名が分かっていて可能であれば新たな株を買った方が良いと感じます。そして地面植えはせずできるだけ鉢植えのままで管理した方が先祖返りも起きにくいと感じます。突然変異由来の物が以前の品種へ戻る原因としては急激な環境変化や、別の土に植え替えられたことにより土由来成分の吸収量が急に変わるのが原因になる事もあります。今回は地面植えしてしまった事で特定の成分や養分がきっかけになり急成長したことで先祖返りした可能性もありそうです。

白い花に変わってしまった方は無理にいじらずそのまま育て、花が複数輪房状に付くのなら、花では無く実の方を鑑賞する株と、役割を変えて楽しんでみては如何でしょう。
私は以前都会で花屋に勤務してましたがバラの房咲き系統の実付き枝は生け花やフラワーアレンジ用として各種が花屋で売られていて現在でも人気があるのです。八重咲きだと雌蕊か雄蕊が不完全で実の成らないものもありますが一重咲きであれば実がたくさん成ってくれる可能性があります。実の大きさや形にはいくつかタイプがありますが熟すと赤い実がついて見た目が可愛いものですし、無農薬で育てられればある程度の大きさの実はローズヒップとして、熟す手前くらいに収穫し種子を取って乾燥させてからハーブティーなどの飲用に使ったり、生の実でジャムやゼリーを作ったりなど食用に出来るものもあります。
我が家には先住者の植えた古いバラの大株があり花が変なバランスの半八重咲きで色の配置も悪いので根際で切りました。その後3年ほど多忙で手入れせず放っておいたところ突然ピンクの一重咲きの花が咲きだし実が成ってみて、その時に接ぎ木で使われていた台木の方から芽が出て育ち、それこそが長年株を購入したいと探していたドックローズ(ローズヒップが取れる原種)という種類であることが判明し「まさか人知れず家に前からあったとは」と驚き、しかも古い株なので存在が解ってからは急に沢山の実が得られるように。それからは長く伸びるシュートを適度に切り詰め実を収穫目的のバラとして育てています。 

投稿日時 - 2019-05-22 23:33:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

現在販売されているバラの苗は接ぎ木です。野バラの耐病性や強壮性を元に名前のバラを接ぎ木しているのです。問題はそのシュートが接ぎ木下からしか生えてない場合、その育てられているバラ(接ぎ木された方)はもう枯れている場合が多いです。だから接ぎ木上の部分の新芽やシュートが残っているならそれだけ残して他をせんてするしか方法はありません。私は専門科ではありませんが、私の経験上、完全野バラ化しかみたことありません。

投稿日時 - 2019-05-22 15:21:13

補足

ありがとうございます。台木からではなくて、接ぎ木部分より上の去年まで普通に咲いていた幹に今年咲いた花が全てなので…本当に不思議です。

投稿日時 - 2019-05-22 21:37:40

いろいろな園芸品種に偶然に発生する,「先祖返り」という現象じゃないですかね。

投稿日時 - 2019-05-22 13:10:56

お礼

先祖返りという現象があるのですね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-05-23 07:54:05

あなたにオススメの質問