みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ヘッジファンドについて

ヘッジファンドの話題となるといつも「売りを浴びせる」と言うフレーズを見ます。

上昇トレンドの時にさらに買い増すことはないのですか?

投稿日時 - 2019-05-07 21:02:53

QNo.9614520

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 もちろん、買い増すこともあります。

 ただ、ヘッジファンドもファンドであるからには儲けようとして動いているわけですが、「ヘッジ」の名が付いていることからもわかるように、ヘッジ(損失回避)にもウェイトを置いたファンドが、ヘッジファンドです。

 ふつうのファンドよりも、売りに出る局面が多くなります。

 さらに、買い増された株の株価は上がります。上がる株を早々に売ってしまって「儲け損なう」人は出ても、持ち続けて・買い増しして損をする人はでません。喜ばしい事態なのです。

 ところが、売り浴びせられると、株価は下がります。下がる株を早々に売ってしまって「損せずに済んだ」人は出ても、持ち続けて・買い増しして儲かる人は出ません。国民全体の資産は減るのですから、悲しむべき事態。

 もちろん、そのヘッジファンドは儲かるわけですが、なにか「他人を損させて、その犠牲と引き換えに自分だけが得た儲け」という感じになります。

 なので、ことさら「売り浴びせた」(もっと株価を下げさせやがった)と、非難がましい言葉で表現することが多いのです。で、質問者さんの眼にもとまる。


 しかし、株価が下がると確信したときでも持ち続けて、世間と一緒にファンドの資産価格(株価)を減らしていては「ヘッジ」になりませんから、売り浴びせてでも資産価値の向上、維持を図ることは、ある程度しかたないことなのですが。

投稿日時 - 2019-05-07 22:23:28

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

 
投資ですから、売り浴びせた玉は買い戻さなければならない。
上昇が見込める時は買い、そして売る。
報道などマスコミは視聴者が食いつくことしか報道しない。
例えば、年金を運用してる年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が株の運用で14兆円の損失ってニュースにするけど、市場での運用を開始してからの16年間で累積収63兆億円の利益が出てることは報道しない。

株価が上昇すれば大部分の人はうれしいのだから「ヘッジファンドが買ってる」って報道しても誰も気にしないでしょ、だれが買っても上がればそれでよい、と思う。
 

投稿日時 - 2019-05-07 22:54:46

ANo.3

当然買い増しも行いますが、それ程多くはありません。
売り浴びせ、売り崩しして急落させた方が資金効率が良いからです。
チャートを見れば分かりますが、上昇トレンドはブルと呼ばれるように、着実にジワジワ上昇していきますが、下落トレンドはベアと呼ばれるように、熊が木から飛び降りるように急激に短時間で下落します。
例えば上昇相場が1年続いたとしたら、同じ値幅を僅か数ヶ月で下落します。
これは投資市場で常に起こっていることで、投資市場に居る人々の心理なので致し方ないのです。
要するにヘッジファンドは同じ値幅を取る場合、売り浴びせることで売りが売りを呼ぶ状態を作り、暴落させて短時間に利益を上げないと、ヘッジファンドに投資している投資家から資金を引き揚げられてしまうので、上昇相場で着実に日数を費やすことが出来ないのです。

投稿日時 - 2019-05-07 22:13:48

ANo.2

>上昇トレンドの時にさらに買い増すことはないのですか?

基本的に、ありません。
大量に売却(売り)を行う事で、為替・株価を下落誘導します。
安くなった(期待価格)で、大量に購入します。
大量に購入すると、価格が上昇し「差額の利益」を得る事が出来るのです。
余談ですが・・・。
大韓民国の為替・株が、投資ゲームになっている様ですね。
南北朝鮮民族の偉大な領袖の忠臣が政権を持っていますから、経済は下降中。
南北朝鮮民族の支持での反米・反日政策の結果、第二回国家破綻の道が近づいているようです。
※当時の政権も反米・反日政策を実行。
※結果として、経済破綻時にアメリカ・日本は直接の援助は拒否。
※IMFが、偉大な韓国政府を拒否して韓国経済を運営した。
※日本は、IMFの要請に基づいて世界最大の資金援助をIMFを通して韓国に投入。
※もちろん、韓国の正しい歴史には(日本の間接援助は)一切記載がありません。

投稿日時 - 2019-05-07 21:53:53

ANo.1

あります。
売りを浴びせる、売り崩すこともあれば、もちろん買い上がることもあります。

投稿日時 - 2019-05-07 21:49:12

あなたにオススメの質問