みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

女性天皇や女系天皇、元皇族復帰や側室などに関して質

女性天皇や女系天皇、元皇族復帰や側室などに関して質問です。
パズルのようで頭が混乱して分かりづらいです…

1. 女系天皇を認めるとなるとイコール女性宮家創設ということですか?

2. 男系男子優先のままで一時的に女性を認めるとしたら悠仁様が天皇になったとして、その後男子が産まれなくて子供が出来なかったり女子のみだったとしたら、皇位継承順位は悠仁様の内親王と愛子様はどちらが順位が上になりますか?

3. 「女系天皇」を認めたら愛子様と悠仁様はどちらが皇位継承するのですか?

4. 男系のままで一時的に「女性天皇」を認めたとしたら愛子様が天皇になってもその後は途絶えるから悠仁様が天皇ですか? それとも途絶えること分かってても愛子様ですか?

5. 旧宮家のことはよくわからないのですが、なぜ旧宮家より女系の方がマシだと有識者が言ってるのですか?
旧宮家の方が血が濃いような気がしますが…
人数が多すぎて皇室維持のための税金がかかるから?

6. 「側室」を認めた方が男系を維持出来て歴史も守られますが、やはり現代には合いませんか?
不倫とかでニュースになるくらいですから…

投稿日時 - 2019-05-06 20:43:24

QNo.9614227

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

現行の法律として考えると・・・

婚姻の際、妻の氏を選択し、妻の親と同居をしても、妻の親と養子縁組をしない限り、養子ではありません

婚姻の際、選択した氏により婿養子となるのではなく、妻の親と養子縁組をすることで、妻の親の養子となり、更に妻と婚姻することで妻の親にとって養子であり娘婿ということになります

この場合の娘婿とは、愛子さまが天皇になった場合の一般男性です

つまり、現行の法律ですと、一般男性が皇族の養子になるということです

つまり、養子が許されれば、一般男性(婿養子)にも皇位継承権が発生します

つまり、書かれている1~5は全て、おかしなことになります

ただしそれらに比べ、旧宮家からの男子を養子に迎えることは容易となるので、それを薦めている有識者も存在します(あえていうなら7です)

また、6についてですが、雅子さまがご病気になったとき、極右の有識者が離婚させて、新たな妃殿下を当時の皇太子(現天皇)に迎え入れるといったことを叫んでいましたが・・・人としてどうなんだ・というレベルの話です


で、、女系天皇や女系宮家の創設をするにしても、そこにくる(婿養子?)一般男性の立場がどうなるか?が問題です

どのような立場であるのか?皇族として認めて公務(皇室行事)されるのか?外で働くのか?など、そこらへんの話がまったく示されていません

つまり、6の側室についても、同じことで・・・表現の仕方が悪いですが、子どもを生むだけの人という議論は、現実的ではないのです


結果、皇室典範を変えようにも婿養子の制度(法律)は変えられませんから、もしも書かれていることを現実的に真面目に議論するなら、民法の法改正(養子制度)が必要なのです

投稿日時 - 2019-05-09 16:30:34

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

1.そういうことになりますね。

2.ご質問の意図がよく分かりませんが、「男系男子優先」という
 前提条件(皇室典範)を崩さない限り、愛子様の皇位継承権はありません。
 したがいまして悠仁様と愛子様の順位を論ずることは出来ません。

3.女系天皇を認めるのと同時に皇室典範の中身も精査しないと、
 この場合もどちらが順位が先か?を論じることは出来ません。
 強いて言えば「愛子様も皇位継承権はあるものの、必ずしも
 天皇になるとは限らない」ですかね。

4.愛子様が女性天皇になる可能性は現行の皇室典範上あり得ないです。
 男系男子と定められています(順位的には男系(父系)の男子、
 であって必ずしも長子(長男)しか皇位継承権がない、のではない)
 から、方法論としては遡ってその男系子孫が担えば良い問題なはず。

5.左の自称有識者ですね。皇室解体を目論んでいる発言です。
 「女系の方がマシ」の発言の中身が分かりませんが、
  女系天皇を容認したら、配偶者である一般男性の血筋も
  「皇族」になってしまいます。こうなると、千年以上も守ってきた
  男系男子による「万世一系」の伝統と文化が消えてしまいます。
  先にも書きましたように、その有識者とやらが唱える
  「女系天皇容認論」は、”元をたどればたった一人の父から始まる”の
  原則を壊し、皇室をナシ崩しにしてしまうもので、もう伝統も
  ヘッタクレもない状態にして皇室解体に持っていこうという考えなわけ
  です。税金に関しては平成31年度で皇室・宮内庁費計で200億円強
  の予算になっていて、もちろん議論の余地はあります。
  ただし、、こういうのは私としては「かかるものは仕方ない」という
  立場です。もしこれを無駄だ、と言うのなら東大を中心とした
  地震予知関連費用(確か年間100億円前後)の方がはるかに「無駄金」
  だろうと思います。地震の「(いつ起こるか分からない)予想」は
  出来ても「(この日にここで起こるという)予知」なんて、そもそも
  不可能なんですから(ロバート・ゲラー博士が明言している)。
  予知成功率ゼロのために2011年度は190億円以上使われています。
  そんなお金があれば防災設備費に回した方がよっぽど充実します。

6.ダメでしょうね。
 不倫うんぬんというよりも、「女性は子供を産むための機械か?!」って
 いう議論をするのが大好きな一派にエサを与えるだけですから。



  

投稿日時 - 2019-05-07 08:55:05

ANo.3

》1
女性天皇容認は女性宮家=女系天皇に繋がると危惧されています。
》2
男系男子以外は皇室典範改正が必要で、今のところ何とも言えません。
ただ皇位継承の原則は直系長子です。
》3
悠仁親王殿下までの順位は変わりません。
女性天皇、女系天皇については、その後の皇位継承での議論となります。
》4
悠仁親王殿下です。
男系のままで一時的に愛子内親王殿下が天皇となる事はありません。
》5
旧宮家の方々は長きに渡り一般国民として暮らし
、今や皇族或いは天皇として国民は受け入れないだろうという認識です。
》6
現代において側室制度は受け入れられません。

投稿日時 - 2019-05-07 01:39:30

ANo.2

1.女系天皇の例が無いので新たな考え方を模索することになり簡単にはまとまらないでしょう。
女性宮家の創設は別の目的で考えられているようです。
2.男系女性天皇の例がありますので状況に応じて適任の該当者から選ばれるでしょう。(予め順位を決めることは男系男子優先にそぐわない)
3.これから新たな制度を決めることになるので単純には決められないでしょう。
4.現在までの女性天皇の例では特例的に継承されたようです。
現時点で特例的な皇位継承で愛子さまが皇位に就くことは考え難いでしょう。
5.旧宮家の皇室復帰が実現すれば男系男子での皇位継承に不安が無くなるでしょう。
旧宮家の皇室復帰で税金が使われるのはやむを得ないことでしょう。
6.「側室」は論外です。

投稿日時 - 2019-05-06 21:47:32

ANo.1

1.YES
2.現在は皇太子様、秋篠宮様、悠仁様です。
  愛子さまはどこにでも入れられます。
  悠仁様が男子を産まなかったら常陸宮様(今上天皇の弟)、
  その次はいません。
3.皇太子様、愛子さま、愛子さまの子供。。。となります。
4.途絶えたらその父の弟へと順位が付きます。
5.これは知りません。
6.一夫一婦制を敷いた民法に違反することになります。
  その場合は民法か皇室典範を改正して特別法を作ることになります。

投稿日時 - 2019-05-06 20:56:22

あなたにオススメの質問