みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

電車の運賃

A駅からB駅に行きたい場合、乗り換え案内アプリで調べると在来線のみでも二通りの運賃が表示されて、実際高い方の行き方で行ったら改札を出る時、案内通りの運賃が引かれました。
もし、安い方の行き方で行ったとしたら改札から改札は同じなのにどうして高い方の運賃だったのでしょうか。気になります。
(もちろんキセルなんて考えてません)

投稿日時 - 2019-05-04 18:28:44

QNo.9613501

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

電車の運賃は、実際に経由する経路の距離に応じて計算されるのが原則です。
従って、複数の経路があれば、遠回りの経路はその分運賃が高くなるのが原則です。
しかし、実際には同一会社線のみで近距離の区間内であれば、短い(安い)方の経路で運賃を計算し、どちらの経路を使ってもいいという特例が設定されることが多いので、近距離で乗る分には難しく考えることなく、安い方の経路で運賃計算され、切符を買ったりカードで乗ったりできます。
複数の会社を乗り継ぐルートの場合、運賃計算に用いた経路しか利用できないのが原則ですし、通常は複数の会社を乗り継ぐのに途中で改札を通らないですむケースはあまりありません。ですので、高いルートで乗れば運賃は高くなりますし、安いルートで買った切符でそのまま乗れるケースも少ないです。
ただ、ICカードで乗った場合は途中で改札を通らないで移動できるすべての組み合わせの中で一番安いルートで計算されますので、ICカードの場合は高いルートで乗っても、安いルートも途中で改札を通らないルートなら安い方の金額になります。しかし、運賃計算を確実にするために、ICカードに限って途中の乗換駅でカードをタッチしないと安い方の運賃が適用できないようにしている場合もありますので、その場合は、高いほうの運賃が適用されます。

質問事例は
A駅からC駅まで行くのに、ACでは同じ改札を通るものの、高いほうのルートでは途中D駅で乗換が必要だった。安い方のルートではB駅を通る筈だったとします。もし、以上どのルートも同じ会社の場合、カードはACのみでタッチすることになり、運賃は安い方のB経由の運賃で計算されます。
ですので、質問事例はそうではなかったと思われます。
途中で会社が異なる場合、BDのいずれかは、途中で改札を通った乗り換えが必要になる可能性が高いです。質問のような状況になるということは、以下のいずれかであったと思われます。
・B駅は改札を通らずに乗り換えできるが、D駅は改札を通って乗り換える必要があった。この場合、運賃は高いほうの金額となります。すなわち、D駅でA-Dの運賃を、C駅でD-Cの運賃を引き落とされます。
・B、D駅とも改札を通らずに乗り換えできるが、C駅では改乗り換える際にカードをタッチする必要があった。この場合、Cのタッチした記録がない限り、運賃が高いほうのDを経由したルートを利用したと判断されます。従ってDを通ったり、Cを通ってもタッチを忘れていれば(うまくタッチできず記録上Cを通ったことになってない場合も含む)、高いほうの運賃が引き落とされます。

投稿日時 - 2019-05-08 12:45:20

ANo.5

電車にある程度知識がある人は、乗ったルートとその時に表示されていた運賃を載せれば、ピンポイントで理由を回答できる内容もあります。
A駅からB駅とか伏せずに、実際の駅名と運賃を載せるといいですよ。それだけでは個人を特定なんてできませんから。

投稿日時 - 2019-05-07 10:58:42

ANo.4

どういうルートなのかによります。

ICカードの運賃計算は乗車駅から降車駅までを自動で計算して算出しますが、基本的には自社線内で計算されます。また、他社線に乗り継ぐ場合も特例適用区間かどうかによっても計算が異なります。

例えば、乗換案内でA駅からB駅へ行くルートが2種類あったとして、それが「同社線内」で完結する場合、基本的にAとBの間の運賃計算は「同社線」扱いで同社線内で一番安い運賃計算になります。
A駅からB駅の間に他社線が入っている場合、他社線の乗換駅(C駅とD駅としましょう)は直通運転を行っていない限りは改札外乗換になります。
ということは、AとC、CとD、DとBの間の運賃がそれぞれで精算されなければなりません。普通、乗換案内で出る最安ルートで他社線を含んでいる場合は、改札外乗換か、改札を通過しなかったなら乗り継ぎ特例の割引設定がある区間ということになります。

例えば川越駅から池袋駅へ行くルートはいくつかあります。
東武東上線1本でいくと470円(東武の改札のみ)
JR線で大宮経由で向かうと670円(JRの改札のみ)
東武東上線から東京メトロ副都心線へ直通で向かうと550円(入場は東武、出場は東京メトロ)
どれもA駅(川越)からB駅(池袋)に行くルートですが、運賃が違います。これは経路であったり鉄道会社の違いによるものです。
入場と出場が同じ鉄道会社だけど、ルートが違うようなNo.1さんの言っていた三鷹~津田沼だと、最終的な入場出場はJRですが、途中の中野~西船橋を東京メトロ東西線を使うルートのほうが安くなります。この場合、中野と西船橋では一度改札を抜けて、他社線乗換をしないといけません。それを考慮せずに三鷹と津田沼間の最安値にならないのは何で?というのは、「そもそも話をしている前提が違うよね」ということになるのです。

大回り乗車とか、同社線内でも安くなるような特別な「ルート指定乗車」の場合は、窓口で切符を購入して乗車したほうが良いです。ICカードは機械的にしか判断してくれません。

投稿日時 - 2019-05-04 20:15:15

ANo.3

それ、安い方が途中で改札を経由する経路だったのでは?
あと、途中、改札を通らない場合では、出発・到着の会社の路線を通る前提で計算されます。
わりと有名なのは三鷹から津田沼に行く際、東西線経由のほうがやすいですが、JRのみを使った経路で計算されます。
当たり前ですよね。自社路線があるのにわざわざ安い他社路線経由で計算しなければいけない理由はありませんから。JRにとっては差額分減収になるのではなく、経由路線分の価格がまるごと減額になるわけで、そんなことをする理由はないですから。

そして、安い経路を使ったという証明って結構面倒なので、ICカードは使わないほうがいいですよ。

投稿日時 - 2019-05-04 19:51:51

ANo.2

ICカード乗車券の場合、複数ルートがあり一度も改札を出ずに行ける時は該当区間の最安料金が適用される事になっています。
二通り表示されたうち一方は他社線を経由しているとか、途中駅で改札を出て隣接する駅へ乗り換えたりしていたのでは無いでしょうか。

投稿日時 - 2019-05-04 19:30:50

ANo.1

「二通り」というのにはいくつか解釈があります。自動改札機は一般的なルートで計算されるので、どうしても気になるのなら有人改札で説明して清算してもらえばいいのです。

投稿日時 - 2019-05-04 18:36:34

あなたにオススメの質問