みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

採血後の運転について 針恐怖症です。

先日病院で採血した直後の、帰り道の交差点で右折しようとして、対向車線の直進の車と衝突しました。

青信号だったので直進車が優先で100%私の不注意です。黄色に変わっていた訳でもなく、急いでいた訳でもありませんでした。

それなのに見渡しの良い道路ですぐ近くに迫ってきていた大きな黒い車を見をとして発進してしまいました。私の前に右折車はおらず真ん中で対向車が居なくなるのをしばらく待った後に発進しました。

本当に幸いな事に相手の方に怪我はありませんでしたが、そんなミスをした自分がもう信じられません。人を殺していたかもしれないと思うとゾッとします。

今まで何十年も運転中に事故にあった事はありませんでしたが、その日採血をした帰りだった事も多少関係するのでしょうか?

これまで3回採血をしました。
1度目は採血後にめまいと吐き気で倒れそうになり針恐怖症だと言われました。しばらく横になると気分が良くなり旦那さんの運転で帰宅。

2度目は採血後ちょっと気分が悪い感じがしましたが前回に比べても全然大丈夫でちょっとだけ休憩して運転しました。

3度目の事故にあった日は、採血後何ともなかったので直後に運転しました。事故をしたのは採血をして5分後くらいです。

特に気分が悪いなどは感じていませんでしたが直前の採血も関係があると思いますか?

投稿日時 - 2019-05-04 15:51:31

QNo.9613469

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

今回の事故と明確に関係があるかどうかは分かりませんが、貴女が言われた針恐怖症というのは、どうもハッキリ迷走神経反射の一つである「血管迷走神経反射」と言えそうです。

自分の中では注射針が血管に挿入されることに特に恐怖心などないと思っていても、身体が拒否反応を示し、結果、迷走神経が刺激され脳の血流が一時的に急激に減少することで、めまいや冷や汗、吐き気、ひどい時には失神して意識すら失うこともある。

今回は採血直後に何ともなかったとのことですが、過去に2回気分が悪くなっていることから、明らかに迷走神経反射の体質があると思います。

ただ、こうした反射は割とよくあることで、病的なものとまでは言わないけれども、現実にめまいや吐き気をもよおすなどの異変がありますから、今後は直後の車の運転などには注意が必要だと思いますよ。

投稿日時 - 2019-05-04 18:59:40

お礼

御回答ありがとうございます。
迷走神経反射というのですね。知らなかったです。
運転は控えるようにします。

投稿日時 - 2019-05-05 01:22:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

健康診断の採血は専属の人がしていますので、おすすめできます

<先日病院で採血した直後の、帰り道の交差点で右折しようとして、対向車線の<直進の車と衝突しました。
相手がスピードをだしていれば、右折は間に合いそうにありませんから、
曲がる事は有りえません、ぶつかるというのはどちらかが、違反をして
いるという事になります。

投稿日時 - 2019-05-04 20:21:04

お礼

御回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-05-05 01:15:59

ANo.3

結論を言えば、運転はしないで、公共交通に頼った方が良いでしょう。
採血や針のせいにするのは的外れな気がします。
でも運転適性が低下もしくは、自動車運転には適性が不十分な疑いがあります。
アルコールに酔いやすく、アルコール消毒のアルコール程度にも極度に弱いのかも、
血圧変動、血量減少に弱いのかも、
新しい経験、情報量の環境変化に精神が動揺しやすいのかも・・・
などなど疑いはいろいろ生じます。
 もっと可能性が高いのは視野に欠損が生じた眼がどちらかにあって、それで対向車の存在や運動を見逃したのかもしれません。緑内障という病気がそれです。
4人に一人は緑内障にり患するほどの高率で、本人の自覚が低い病気です。それが急進行したかもしれません。
 緑内障は簡単な自己検査方法があります。どこか障子の前に立ってください。障子に1mの距離で向き合って、碁盤目状の桟の中心部を真っ直ぐに目玉や顔を動かさずに片目でみて下さい。
緑内障の眼だと、どこかの桟や、桟に囲まれた升状空間のどこかに見えない空間ができています。桟に画鋲を刺して見えない位置があるのです。
 たとえば自分の鼻先やや上方にそんな場所ができます。
 また障子戸でなくても、慣れれば新聞を目の前のテーブルに拡げて目玉を動かさずに活字を追ってみれば、見えない文字のうまれたか否かで同じ自己検査ができます。
 視野の欠損は見るべき物体に対し頭、顔の位置を変えて視野座標の静止固定を避け続けて、両目で見ていれば、避けられます。
 
 もっと怖い部類の病気ですが、以前は無かったのに意識の能力が低下したり、突然失われる癲癇と総称される病気の可能性もあります。あの事故に限り発症したかもしれません。

 いずれにしても、他人の生命までも危険にさらす予測がたちます。
 

投稿日時 - 2019-05-04 17:11:05

お礼

御回答ありがとうございます。
色々な病気も考えられるのですね。
きちんと検査してきます。

投稿日時 - 2019-05-05 01:26:14

ANo.2

あると思います。あるから事故を起こした訳ですから、他に原因が
無いのですから、やはり針恐怖症は大きく関係しているようです。

この恐怖症が完治するまでは、車の運転は控えた方が良さそうに思
えます。車が無いと生活が出来ないと言われるかも知れませんが、
他の方を巻き添えにするよりマシじゃないでしょうか。
今回は運が良かっただけです。場合によっては死亡事故を起こして
いたかも知れません。

投稿日時 - 2019-05-04 16:02:19

お礼

ご回答ありがとうございます。
おっしゃる通りだと思います。
これからは必ず家族に送り迎えしてもらうようにします。

投稿日時 - 2019-05-04 16:09:51

無いでしょうね
ただの注意散漫です

投稿日時 - 2019-05-04 15:58:54

お礼

ご回答ありがとうございます。
そうだと思います。100%私の不注意で起こった事です。見落としたでは済まされない事ですので
きちんと今後の事を考えようと思います。

投稿日時 - 2019-05-04 16:21:25

あなたにオススメの質問