みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Excel2016WORKDAY.INTLの質問で

Excel2016WORKDAY.INTLの質問です。
週末の休日がない場合、週末の引数を"0000000"とすればいいのはわかりましたが,休日が不規則な場合で祭日に引数を入力する時、ネットで調べると祭日専用のカレンダー、例えば1日と3日と14日と29日が休みの場合、どこかのセル、例えばC1に1日、C2に3日、C3に14日、C4に29日、と入力しておいてC1からC4をドラックして祭日欄に入力すると思いますが、例えば12日が急に休日ではなくなった場合、C1,C3,C4というようにC2を飛ばして選択すると引数が多すぎますとなってしまいます、テーブルにして12日のチェックを外してやってもみましたがダメでした。この例の様に数日ならC2を削除すればいいかもしれませんが、数ヶ月に渡る場合どのようにしたらいいですか?よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2019-04-28 01:30:46

QNo.9611298

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

=WORKDAY.INTL(A1,20,"0000000",C1:C4)
がエラーではなく
=WORKDAY.INTL(A1,20,"0000000",C1:C2,C4)
とすると、
引数が多すぎますとなってしまうのは、
この関数の引数が、第一から第四引数までしか受け取れない一方で、
C4が第五引数として渡ってしまうからです。

=WORKDAY.INTL(A1,20,"0000000",(C1:C2,C4))
とすることで引数の数の問題は回避できますが、
WORKDAY.INTL関数は、
第四引数で複数のセル範囲を指定できないので、
期待のことはできません。

お話にある
「カレンダー側を修正するよりも関数式を直すほうがやりやすい使い方」を
私はイメージできませんが
もし複数の独立した複数のセル範囲をカレンダーとして与えたいのであれば
自前のVBAで関数を用意する必要があります。

投稿日時 - 2019-05-01 23:42:21

お礼

詳しい方に返信頂いて助かりました。初心者なので質問もわかりづらいかも知れませんが、また教えてください、ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-05-04 11:54:31

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問