みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

後十字靭帯について質問です。

後十字靭帯について質問です。

長文になりますが宜しくお願い致します。

私は27年前に、自転車自爆事故で左膝を痛めてしまい
大きな病院に行って検査をしてもらった結果半月板と見なされ手術を行いました。

ですが、半月板に損傷はなく、筋が伸びた程度でしか結果を出されませんでした。

その間27年間、左膝の痛みは続き、正座も苦でしたが
決してできないわけではなかったのですが、正座をすると足が真っ直ぐにならず痛みと痺れがありました。

年月が経つほど、痛みや痺れ、足が上がらなくなり
もう一度、整形外科に行ったものの、体重が重いせいや筋力がないからと言われ続け、足に異常はないと言われ続けていたのですが、去年の11月に左膝がまったく動かなくなり階段の上り下りができなくなりました。

急遽、新しい整形外科に行き、MRIの検査を受けたところ
後十字靭帯損傷断裂と言われ、このままでは一生歩けませんなど、右膝にも損傷がありますと言われ頭の中が真っ白になりました。

紹介してもらった大きな病院に行き、まずは3ヶ月間筋肉をつけましょうと、リハビリ活動を1週間に一度始め、
家でも、リハビリの復習をしています。

リハビリから2ヶ月なのですが、足は杖があれば歩けるくらいになり、筋肉も徐々についてきてるんですが、まだまだ筋力は足りないと言われています。

痛みや痺れは、常にあるんですが、
私としては手術を希望してるんですが、
担当医の先生は、手術しなくともリハビリ次第で
このままでいけるかもしれないと言われました。

今は右太ももの方が筋力があり、太いので
左太ともも右太ももと同じくらいにしてくださいといわれたのですが、ずっと痛みや痺れは残る中、痛みや痺れがあっても手術はしてもらえないのでしょうか?

後十字靭帯に詳しい方、また、ご経験がある方教えてください。

お願い致しますm(_ _)m

投稿日時 - 2019-04-25 12:20:04

QNo.9610372

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

靭帯とか腱の損傷で 保存療法というのは なにもしないということです。
スポーツ選手でなければ なにもしなくても日常生活に支障のない程度にはなるという意味です。
手術は体にも負担が大きいので スポーツ選手でなければ手術は避けようということです。
完全に元通りになりたい場合は 手術は必要です。

質問の前半はずっと同じ病院でしょうか。同じだとしたら 診断が間違っていたのに 間違ったことをみとめたくないのでごまかし続けたということではないでしょうか。非常に疑問を感じるところです。
別の病院に行ってよかったと思います。

しかし手術は非常に高度な技術が必要で困難な手術ですね。
http://hospital.luke.ac.jp/guide/32_orthopedics/knee_composite_ligament.html

投稿日時 - 2019-04-26 00:39:33

お礼

お返事が遅くなりすみません。

回答ありがとうございます。

前半は、ずっと同じ病院でした。
何度か話したことがあり、筋肉がないからとか、
太っているからと言われ続けて、確かに私は身長158で中太りなのですが…
それでも膝にお肉がのってるいるほどではなく
お恥ずかしいお話ではありますが下腹がでていてるくらいです…

去年の11月に急激に、足が動かなくなり、階段を下ろうとすると足が動いてくれず足を引きずりながらだったので、今まで足が動いていたものが突然動かなくなるなんて思わなかったので、新しい病院を探し検査をしてもらい、今通院してる大学病院を紹介されました。

今は、まだリハビリが2ヶ月なのですけど、
以前よりは足が真っ直ぐにあげることもできるようにはなったのですが、それでもまだ筋力が足らないのと
右の太ももの筋肉より、左の太ももの筋肉が足りなく、太さも左の方が細いと言われました。

私は時間がかかっても、完璧に治したく
子供たちとスノボやスキーなどにいけるようになりたいと思っています。

私が望めば、手術ができるなら
少し安心しました。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-04-26 15:08:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

>子供たちとスポーツをやることもあり
>スノボや、スキーなどにも行きたいと思っています。
>そう言った場合でも、手術は不可能なんでしょうか?

私は主治医ではないので、コメントできる立場じゃありません・笑。
これは私の想像ですが、まずは膝周りと下半身の筋肉をつけることが優先であると主治医は判断されているんじゃないでしょうかね。
質問者さんは手術をすればスキップできるくらいに痛みがなくなるんじゃないかと期待しているのでしょうけれど、十字靭帯の手術っていうのはプロスポーツ選手でも復帰に1年がかりになるのも珍しくないくらい重大な手術です。そのまま引退になることも珍しくなく、仮に復帰できても「全盛期の状態にはとうとう戻ることはなかった」となるのが普通です。後十字靭帯のケガというと、元ヤクルトの古田敦也さんが2001年に後十字靭帯を損傷するケガをしています。01年は好成績を残していますが、以降の古田さんの記録は全て右肩下がりです。

膝の手術は、可能な限り慎重であったほうがいいと思いますよ。他の手段をやり尽くしても良くならないというときに選択するものだと思います。

投稿日時 - 2019-04-25 19:14:58

お礼

お返事ありがとうございます。

そうですよね・汗
主治医でなければわからないですね

でも子供たちが、スノボやスキーできるの?とか
他にもアクティブなスポーツはできるようになる?とか聞かれてしまうとできないとも言えないし、手術したらできるよとも言えなくて、回答者さまの仰る通り主治医の先生は、まずは下半身の筋肉と膝周りの筋肉を優先してるのかもしれませんね。

投稿日時 - 2019-04-25 20:02:05

ANo.1

質問者さんが太っていて筋力も足りないなら、手術を受けても完治する即ち痛みがなくなるという可能性は低いと思います。痛みの原因が「重すぎる体重に対して筋肉が脆弱すぎて支えられない」からです。時々太っている人が杖をつきながらフーフー歩いている姿を見かけますよね。ああいう人が例えば手術を受けたら杖が要らなくなると思いますか。どう考えたって体重を減らさないと無理だろって思いますよね。

手術を受けると、間違いなく筋力は今以上に落ちます。つまりリハビリは今以上に苦しいです。メスを入れることになるので、その後遺症にも苦しむことになります。後遺症というと大げさですが、手術をしたところっていうのはやっぱり術後何年も違和感なんかが残るんですね。

ちなみに筋トレは3ヵ月がワンクールといわれます。トレーニングを始めて効果が出るまでに3ヵ月はかかります。なので、もうちょっとリハビリというか筋トレ(とあとできればダイエット)を続けて、それでどうなるんだろうかという感じかなと思います。

投稿日時 - 2019-04-25 14:30:02

お礼

お返事を下さりありがとうございます。

私は慎重158にして、中太りなのですが
膝にお肉がのってるわけじゃ無いんですが
痛みや痺れは、足だけのせいでは無いのですね。
ダイエットしつつリハビリもしないとわからないんですね

あと書き忘れがあったので補足します。

子供たちとスポーツをやることもあり
スノボや、スキーなどにも行きたいと思っています。

そう言った場合でも、手術は不可能なんでしょうか?

投稿日時 - 2019-04-25 16:30:50

あなたにオススメの質問