みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ターボ車管理

車のメンテナンスでオイル管理はメンテナンスの重要な項目の1つとなります。これとは別に、あまり車に乗らない人の場合、定期的エンジンをかけて車のオイルを循環させることも重要になってきます。勿論、バッテリー上がりも防止のためもあります。

現在スバルvabを所有しています。
(2000ccターボ)
この車を購入する時、ターボ車について知人から
以下のことを言われました。

(1)ターボは(NAと比較して)定期的に車動かさないとエンジンが悪くなる。(放置して車にダメージが行きやすいのはターボ車という意味合い?)
(2)ターボはオイル管理をna以上に気を使わないといけない(vabの場合高回転型のため)

元々車は大好きで、メンテナンスもかかさずにおこなっています(とはいったものの、恥ずかしながら整備の技術はないので、知り合いのメカニックにメンテナンスを常に依頼しています)。


ターボ車(上記の車種のような高回転型)はNA車と比較して何故汚れやすいのでしょうか?
そもそも、ターボ車は定期的に車を動かさないと(NAと比較して)エンジンにダメージをあたえるのでしょうか?

投稿日時 - 2019-04-21 21:22:31

QNo.9609222

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

オイルが汚れやすのは熱の問題、特にシリンダー内部の温度が高い、単純計算でNA比較でパワーから算出すれば例えば2リッターターボは3.5リッターNA並みのパワーが出るとしたら、エンジンの熱効率は変わらない訳ですから、小さなシリンダー内に3,5りっター並みの熱が発生する=温度が高ければオイルの劣化は早い、ただし色としての汚れはあまり関係ない、オイルに添加されている清浄剤の効果でエンジン内の汚れを落としているので、その配分や成分で異なるし、オイルの汚れと、オイルの性能とはほぼ関係ないとオイルメーカーでは言われています、彼らが目視ではオイルの劣化はわからない、測定器で測定しないと判断は無理と言っています(まあ極端なヘドロ状態とかは別でしょうけど)
エンジンオイルの判断は、動粘度、全酸価(電位差自動測定装置)、水分(カールフィッシャー水分測定装置)、質量法汚染度、計数法汚染度、定量フェログラフィ、分析フェログラフィ、赤外分光分析(FT-IR)やガスクロマトグラフ質量分析(GC/MS)などの機器分析を用いた調査を行えば劣化がどのくらいかは判断できます。
https://www.kawaju.co.jp/techno-wm/showroom/47-2.html
目視はただの「ヤマ感」でしかありません。

投稿日時 - 2019-04-21 21:50:04

お礼

回答ありがとうございます

投稿日時 - 2019-04-27 21:05:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

分当たり数万から数十万回転するタービンの潤滑もエンジンオイルで行っていますので、NAよりずっとオイルがシビアになります。
定期的に回すという部分も、タービンの固着を気にしての事でしょう。何年も放置するのは良くないです。
高回転型エンジンは、その通りに高回転まで回る、高回転で出力が上がるようなセッティングになっていますが、実際に高回転まで回さなければ、消耗度は低回転型と全く同じです。オイルの負荷もその部分においては全く同じです。

投稿日時 - 2019-04-21 22:06:33

お礼

回答ありがとうございます

投稿日時 - 2019-04-27 21:05:08

あなたにオススメの質問