みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

旅行での車の長距離運転

私は車の長距離運転をすると凄く疲れてしまい苦手です しかし、なかには車の運転が大好きで、長距離運転しても全然、苦にならいと言う人もいます これは、何かコツやテクニックみたいな事があるのでしょうか?
もし、何かあればご伝授して下さい
宜しくお願いします

投稿日時 - 2019-04-12 12:06:39

QNo.9605980

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

私も独身の頃は車で一人ドライブを楽しんでました。時には日帰りできない所まで行くこともありました。
私が父から教えてもらったことなのですが、
30分に一度は必ず換気をして車内に溜まっている二酸化炭素を排出しないと眠くなったり体が怠くなるそうです。
夏場でも冬場でも室内循環のエアコンをつけますよね。これだと酸素が薄くなり脳が疲れてしまい、眠気が急に襲ってきたり、気分が悪くなるそうです。
だから長距離運転のコツは、30分に一度は必ず換気をして空気の入れ換えをすることと、
一時間に一度はサービスエリアや道の駅に寄って気分転換することです。
そして、チョコレートを必ず持っていくことです。甘味が必要となるので板チョコでもピーナッツ入りのチョコレートでも良いですよ。食べながら運転してください。
もちろんこまめな水分補給も必須です。

投稿日時 - 2019-04-12 12:26:19

お礼

色々なアドバイスありがとうございました
是非、参考にさせて頂きます

投稿日時 - 2019-04-12 20:02:56

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

「私は広島~東京」を軽自動車で2回走りました。(約1000km14~15時間)  費用は食事込みで新幹線の半分以下です。

因みに、広島~鳥取砂丘は約700kmですが高速道を通らないと、燃料代は完全に浮きます。

回答としては、「何時も緊張をするのでは無く、適時気を抜く事です。」

投稿日時 - 2019-04-12 15:52:22

お礼

回答ありがとうございました

投稿日時 - 2019-04-12 19:50:45

ANo.7

高速旅客船の船長をされているとか。

そうした職業をされているのは、船が好きだから、海が好きだからということが根本にあるからでしょう。

結局、車の運転も同じで、車を単なる日常の足、移動の道具と考えているのか、愛着を持ち、運転席に乗り込み、それを自由に操れることに喜びを感じ、運転すること自体が好きであるかということに帰着するものだと思います。

私はもう還暦という年齢ですが、相変わらず運転が好きで、ハンドルを握る目の前に映る、何処までも続くアスファルトの路面を見続けていることが好きですし、次々と移り行く風景の流れにも喜びを覚えます。

だから、運転が飽きない。

ただ、そうは言っても、これでは長距離の運転が疲れない為のコツやテクニックということにはならない。

運転が好きなどということではなく、具体的な方法ということになると、最も大切なことは、道路の巾をどれだけ広く使えるかどうかということ。

曲がりくねった山道や視界が見え難いような場所であっても、極力広く路面を活用する。

極端に言えば、路肩からセンターラインを超えて道路全体を使うようなイメージがありますね。

車が走行する際の横の移動の巾の大きさに対する認識が、精神的にも技術的なことにも、最も運転にゆとりを与える。

何せ、線で仕切られた狭い走行車線が広く見えているのですからね。

また、海沿いのバイパスや高速道路などは、周囲の流れに乗ることは勿論ですが、全体の流れよりも少しだけ速めというのが私の運転の特徴ですね。

だから、気が付けば、いつも先頭にいる。(まあ、飛ばし屋さんですね。)

そして、外界の風景を堪能しながら走る。

運転席の着座位置の調整や換気、休憩といたことは勿論重要ですが、出発前のガソリンの補充や点検の段階から、旅行を楽しむという高揚感を自ら煽り、体調管理に徹する。

出掛ける前日の夜、いい年をして、遠足前日の子供のように未だに眠れないようなこともありますが、何よりも旅行が楽しみということが大切だと思いますよ。

具体的なコツやてきニックというよりも、やはり精神面が大きく作用しますから、先ずはその部分と、先の通り、中々できることではないのかもしれませんが、路幅を広く使うことができれば疲労感は半減します。

ただ、くれぐれも違反を推奨しているのではなく、イメージとして道路巾目一杯に使うということであり、広めの道路では少しだけ速めに走行する。

自由自在に道路を利用することこそ、運転によるストレス軽減の第一歩だと思いますよ。

そして、プラス好きな音楽でしょうかね。

投稿日時 - 2019-04-12 14:42:47

お礼

親切、丁寧な回答、ありがとうございました
是非、参考なさせて頂きます

投稿日時 - 2019-04-12 19:52:52

ANo.6

長距離運転をするには、勿論休息が最重要ですが、
二つ目は、運転時のシート位置と、柔らかいマットを敷くことです。
三つ目は、旅行を楽しむ事です。その為には、2~3か月前から、行程を楽しみながら計画を立てることです、
私の事で、恐縮ですが、83歳で、昨年に大阪から(九州)湯布院まで、朝8時出発、湯布院16時着、その後3日で、日南、雲仙、熊本、湯布院を回り、5日目に大阪に帰ってきました。
その前には、群馬県、草津温泉、東北(那須高原ー松島ー一関)等等距離にして、20年間で、国内を地球を6~7週くらい回っています。

頑張りましょう。

投稿日時 - 2019-04-12 13:11:36

お礼

凄いです、その年齢での行動力
回答、ありがとうございました
私も、頑張らねば

投稿日時 - 2019-04-12 19:57:17

ANo.5

・事前に体調を整えておく
・適度に休みを取る(私は90~120分を目途に休憩します)
・正しい運転姿勢で運転する
って感じですかね。

投稿日時 - 2019-04-12 12:42:21

お礼

回答、ありがとうございました
是非、参考にさせて頂きます

投稿日時 - 2019-04-12 19:59:41

ANo.4

 疲れは、前夜の運転手の睡眠、車の緩衝装置、路面の状況、渋滞の有無、夜間の対向車数、休憩の間隔、気候状態、車内の温度や湿度などできまります。

 ですから、時間数とか、運転距離などでは決められません。僕は車でしか行けない場所に限り、電車、バス、飛行機などの公共機関で行くのがコツだと思います。

投稿日時 - 2019-04-12 12:32:03

お礼

回答、ありがとうございました
是非、参考にさせて頂きます

投稿日時 - 2019-04-12 20:01:04

ANo.2

https://cobby.jp/longdistance-driving.html
https://sport-car.akakagemaru.info/car-talk/post-13680/
https://blog.yam5.com/archives/957
上記サイトで長距離運転のコツみたいのが載ってるサイトです
ご一読下さい m(_ _)m
人それぞれだとか・・・その日の体調にもよりますけど ><
簡単な答えになりますが、やはり適度な休憩を取りながら、運転することです

投稿日時 - 2019-04-12 12:21:47

お礼

回答、ありがとうございました
是非、参考にさせて頂きます

投稿日時 - 2019-04-12 20:04:05

ANo.1

私は何キロ運転しても平気です
好きか嫌いか、だと思います
なのでコツと言うのは思い浮かばないですが、運転が楽しくなる工夫はしておいたほうがいいと思います
・楽しい車に乗る
・きれいな車に乗る(洗車と車内清掃をしっかりする)
・しっかり点検を受けて不安要素をなくす
・シート、ハンドルをしっかり調整する
・好きな音楽
・事前しっかりルートを確認する
・適度な休憩

投稿日時 - 2019-04-12 12:19:39

お礼

回答、ありがとうございました
是非、参考にさせて頂きます

投稿日時 - 2019-04-12 20:05:26

あなたにオススメの質問