みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

内閣支持率と政党支持率の不支持率公表について

定期的にメディアが内閣支持率と政党支持率を公表しますが、
内閣支持率だけは不支持率まで公表されています。
政党に対する不支持率を知りたいのですが
政党不支持率まで公表しているメディアはありませんか?

投稿日時 - 2019-04-03 14:30:05

QNo.9603291

bgn

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

以下は、朝日新聞の例ですが、ほかの新聞社や通信社・放送局も基本的に同様です。

内閣支持率については、「あなたは、安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。」と質問していますので、回答は、支持する〇〇%、支持しない◇◇%、答えない・その他△△%となります。

政党支持率については、「あなたは、今、どの政党を支持していますか。政党名でお答えください。」と質問していますので、回答は、自民党~%、立憲民主党~%、国民民主党~%、公明党~%、共産党~%、日本維新の会~%、自由党~%、希望の党~%、社民党~%…、その他の政党~%、支持する政党はない~%、答えない・わからない~%となります。

内閣支持率と同様に、「あなたは〇〇党を支持しますか、支持しませんか」と、全部の政党について聞けば「政党不支持率」(?)のデータが得られるでしょうけれど、このような煩雑となる質問の形式は通常の定例の世論調査では使用されていません。

世論調査が行われたある日時には、常に一つしかない内閣と常に複数(多数)ある政党では「支持・不支持」の意味合いが異なるように思います。例えば現在の日本の選挙制度では衆議院も参議院も選挙区と比例代表に1票ずつ投票できますので、選挙区と比例代表で異なる政党に投票することも可能です。

というより、自分が支持する政党が選挙区に候補者を擁立していない場合はそうならざるを得ませんし、現在の自公連立政権下の選挙では「選挙区は自民党、比例代表は公明党」という投票行動も少なくないでしょう。

こうしたことを考えると、単純に「どの政党を支持しますか」(あるいは支持しませんか)ではなく「どの順番に支持しますか」と支持する強さの順番(支持強度の大小)を聞く方が役に立つかもしれないと考えますがいかがでしょうか。

投稿日時 - 2019-04-03 22:33:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

政党支持なしが60%を超えています
調査は全国の18歳以上の男女2000人です
よって政党別の不支持率の調査自体無理があると思います

投稿日時 - 2019-04-03 15:08:50

ANo.1

ない
理由は世論調査で政党不支持率など調査しないから
あったとしたらデタラメな数値で信憑性ゼロ

投稿日時 - 2019-04-03 15:06:48

あなたにオススメの質問