みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

探索・整列アルゴリズムのメリット・デメリットについ

「コンピューターはなぜ動くのか?」の第5章の「アルゴリズムと仲良くなる7つのポイント」のところにて、主な定番アルゴリズムとして、

表5.1 主な定番アルゴリズム

(1)ユーグリットの互除去
(2)エラトステネスのふるい
(3)線型探索
(4)2分探索
(5)ハッシュ法
(6)バブル・ソート
(7)クイック・ソート

上記のアルゴリズムがあり、そのアルゴリズムの用途には

(1)最大公約数のアルゴリズム
(2)素数のアルゴリズム
(3)データ探索のアルゴリズム
(4)整列のアルゴリズム

上記のアルゴリズムがありますが、(3)~(4)のアルゴリズムの用途においてのメリット・デメリット

・データ探索のアルゴリズム
(3)線型探索
(4)2分探索
(5)ハッシュ法
についてのメリット・デメリット

・整列のアルゴリズム
(6)バブル・ソート
(7)クイック・ソート
についてのメリット・デメリット

これらを教えて頂けばと思っております。

よろしくお願いたします。

投稿日時 - 2019-03-30 13:12:54

QNo.9601967

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

その本は持っていなくて確認できないのですが、本の中では各アルゴリズムの特徴は説明されていないのですか?
整列アルゴリズムについて簡単に書いてみます。くどくなるので「他の整列アルゴリズムと比べて」という文言は省略しています。

(6)バブルソート
(メリット)
アルゴリズムが単純で理解しやすい、実装しやすい
(デメリット)
比較・交換操作の回数が多くて遅い

(7)クイックソート
(メリット)
一般的には比較・交換操作の回数が少なくて速い
(デメリット)
整列前のデータの並び方やピボットの選び方によっては遅くなる場合がある
安定ソートでない
自分で実装しようとすると間違えやすい

投稿日時 - 2019-04-01 21:06:27

あなたにオススメの質問