みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

共働き女性の結婚のメリット

生活費は割り勘で、家事はほぼ自分です。
日用品、食費は買いたすと私が多く出しています。本当は自分の時間も洋服も欲しい。
自分が家事中に夫が好きなことをしてるのを見ると羨ましいです。
同額負担で身の回りは掃除から食事までやって貰える、私も男性だったらもっと稼げて結婚も選ぶ立場にまわれたのに。
いや、家事を折半出来ればよかったのですがモラハラ気味な夫が怒鳴り散らし怖くなり私は言うことが出来ません。(同額なのに年収は相手が高いです)

今の時代女性は働きながら家事育児もするので結婚のメリットはないと聞きました。それで独身を選ぶ女性もいました。
男性も今の時代だと専業主婦を嫌い彼女にお金を使うよりより自分の趣味に時間とお金を掛けたいそうです。

共働きワンオペ家事の女性のメリットは、金銭面以外で何があり何を頼りにモチベーションにしたら良いでしょうか。

投稿日時 - 2019-03-16 18:21:57

QNo.9597453

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

仮にあなたに有責の離婚でも、あなたが慰謝料を払う以上の財産分与が期待できることです。
ご自身の年収で自活できるってことでしょう?
子育てが終わった後など、あなたのタイミングで離婚が出来ます。

投稿日時 - 2019-03-18 07:38:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.11

モラハラ気味の上司やお客様に対して、譲れないことはどのように交渉していますか?

>今の時代女性は働きながら家事育児もするので結婚のメリットはないと聞きました。それで独身を選ぶ女性もいました。
これは女性に限ったことではありません。男性でも仕事の後家事育児をしている人は大勢います。

共稼ぎ結婚ならば、二人で家事育児ができる人同士でペアになる方が断然有利です。
共稼ぎ結婚にメリットがないのではなく、本来のメリットさえもデメリットが食いつぶしているように感じます。

間違っても妻一人にワンオペ家事をしなくてはならないような相手を選んだり、
自ら引き受けたり、押し付けられるまま諾々とワンオペ家事をやるようなことをすれば、自らの首を絞める結果になってしまいます。

タラレバを言うよりも、本当は自分の時間も洋服も欲しい、あなたが家事をしないのならば私も自分のことしかやりたくない。と切り出して話し合いをなさってみてはいかがでしょう。
もちろん今後の改善のための折衝ですから、
あなたが絶対にして欲しいことと、あなたがその分譲れること(相手の要求を受け入れること)を正直に議題のテーブルに上げなくてはなりません。
そこに誤魔化しや遠慮があれば、結局話合って解決したはずの問題が再燃し、信頼関係が壊れていくことになるのです。

結婚前にもう少し正直に踏み込んでおくべきだったのではないかなと思いますが、それは済んでしまったことなので、これからについて話そうと相手の横から相談を持ちかける方が良いでしょう。
いくら「折衝」とはいっても、テーブルに向かい合って陣地取りのような話し合いだけは避けましょう。夫婦は共に生きるパートナーですから。

ご主人の意見として妻が家事をしないのであれば家にお金を入れたくないというのであれば、あなたを妻では無く子供を産む家政婦として見ているとしか思えません。
そのような男性との間に子供は作らない方がいいと思いますよ。
子供を産んでもおそらく言わなければ関わろうとしないでしょう。

>共働きワンオペ家事の女性のメリットは、金銭面以外で何があり何を頼りにモチベーションにしたら良いでしょうか。
結婚の満足度については、メリットデメリットだけで考えるものではありませんがあるとすれば「結婚相手との信頼関係や愛情に満たされている」ということかと思います。

家事負担さえ減れば本当に夫婦関係は良好になるのか?という点についてはいかがお考えでしょうか。
とにかくあなたの負担だけが減ればよいということならば家電でも家政婦さんでも、手抜きをやれるだけやるという話し合いをすれば改善する可能性もあります。
私はやっているのにあっちはやっていない、ということが不満であるならば、
俺は稼いでいるのにあっちは稼いでいない、ということに相手も不満を持っているかもしれません。
お互いに言えない(というか言っても簡単に解決しなさそうな)問題だから、あえて気を遣って言わなかっただけのことなのかもしれませんしね。

少なくとも、家の中に敵を作ったら結婚に対するモチベーションは低下します。
結婚する時に何を考えてこの人と決めたのかを思い出しながら話し合ってみて下さい。

仕事を持っているのならば、やらなくてもいい家事とかもたくさんあると思いますし、どう頑張っても自分のことしか考えない人と一緒に暮らせるほど耐える結婚生活を送る必要も無いと思いますよ。

結婚は相手の為にと頑張ってみるのはいいけれど、決して無理はしないこと。
相手の為に無理をすれば、相手がそれに応えてくれなかった時に相手を責めてしまうから。
相手が望んだことをやったのに相手が何もご褒美をくれないのなら、
そんなケチな人にはあなたが自分の時間やお金を使う必要はないのです。

投稿日時 - 2019-04-02 10:25:05

ANo.10

批判されている常識人がおおように見受けますので
少し違った視点で・・・

全く逆の立場です
私は脱サラをして自営業、そのまま法人を立ち上げ一人親方で頑張っています
妻は自営業や一人親方を極端に嫌い当初はパートで自分の事は自分でと言う主義でした
結局いまはそのパートも辞め専業主婦です。しかし私の仕事を一切手伝う事をしません
お金だけは要求します
人の3倍は働いているので同年代の人より2倍くらいの収入はありますので
生活は苦しく無いのですが、仕事は楽ではありません。
私から見るとこの結婚に全くのメリットはありません
当然、家事は妻が担当していますが、費用対高価は非常に悪いと感じています。
離婚して家政婦を雇った方が費用対高価は大きいと思っています。

私は仕事先の方の「ありがとう」「助かった」という言葉をモチベーションに生きています。

投稿日時 - 2019-03-25 08:01:45

ANo.9

「共働き女性の結婚のメリット」を考えるのなら、なんで、そんな人と結婚したのでしょう?
もっとメリットのある人と結婚すれば良かったのでは?

そもそも結婚にメリットだとかデメリットだからとかを持ち込むことが
おかしい。

まぁ、一部の人はメリットを求めて結婚するのかもしれませんが・・・
人にモチベーションの上げ方を聞かないといけない人と結婚を続ける意味を
伺いたい。
なんで結婚したの?なんで彼を選んだの?

うちは、夫婦共に一緒に居たいから結婚して銀婚式を過ぎても、お互い
当時のままの気持ち。一緒に居たいから結婚を継続している。
メリットなんて、お互い考えたこと無いし、一緒にいられるだけで
幸せだと思うけども。

投稿日時 - 2019-03-25 00:42:37

ANo.8

おっさんです。 最近の若い夫婦は大変ですね。というか、やっていることはさほど変わんないんですけどね。 旦那の稼ぎが分からないというのが理解出来ない!ところから始まりますが、、、まーそれでスタートしてしまったのであれば、せめて家庭内のルールづくりから・・・。

何が一番負担ですか? ウチも共働きで2人共自動車通勤です。 私の方が帰りが遅いので、いつの間にか「帰るコール」が「買い物コール」に様変わりし、、、というのも、出来ちゃった婚だった為か、私ひとりでスーパーへ行くことにものすごく抵抗が有ったので一度帰宅してから再度2人で出掛けていたものです。 すると、何が幾らするのか?だいたい把握出来るようになり、そのうち押しカートを離れて半額商品を探して来たり、TVCMで見た新商品を見付けてはカゴに入れると女房に褒められることが、会社の延長上のように面白くなり(私はバカでしょ!?)お腹が大きくなるに攣れてひとりで行くようになりました。(苦笑)
日曜日(休日)、炊事場は完全開店休業! 腹が減れば、各自が前日の残り物か?私が簡単な炒め物、スパゲティー、インスタント、レンジでチーン!を作るか? 其々外出の予定があれば、グループLINEで時間、場所を決めて外食。
お金に余裕が有って外食しているわけではなく、長年のケンカ対策からそうなったのです。 ファーストフード、B級グルメが主。 家族がTV、ゲーム禁止で膝を突き合わせて「家族ミーティング」をする日です。 一週間のスケジュール、他にも家計、税金、医療(健康)、教育、親戚行事、旅行等々、、、季節や子供の成長に合わせて話す内容も変わって来ました。 例え、反対意見が出ても公前で激しくケンカも出来ませんし、割と成果、効率が良かったです。

そこで生れた発案も数々、、、食事後の食器は各自シンクまで。これを実践しないと翌朝は、前夜の皿を再利用することになります。 脱いだ下着、作業服。各自自分のカラーカゴに入れて洗濯場の所定位置に置いておかないと一週間でもそのままの状態になります。 月曜の夜出せば、木曜の朝まで待つことになりますので、パンツ、シャツ、靴下は季節に応じて7~10枚自分で購入します。
洗濯が終わって乾燥、畳むところまでは女房で、洗濯場の各自のカラーボックスに入っているので、それを部屋に持ち帰り、各自が思い思いに整理ダンスに入れます。 感覚的に「手伝い」とか「男女参画」と言われると私は何もしないのですが、「抵抗無い!?」と家族ミーティングで話し合った事。 少しずつ改善を重ねながら今日に至っています。

「家族」という組織の目的は「幸せ」のはずです。 そのベクトルに向かって如何生活していくかは、やはり話してみないと分からないものですよ。

投稿日時 - 2019-03-18 21:32:43

ANo.6

>モラハラ気味な夫が怒鳴り散らし怖くなり私は言うことが出来ません。

これが問題ではないでしょうか…
共働きでも家事育児を二人ですることができれば
どちらかに負担が偏ることもありません。
話し合って
家族にとっていい状態を作り出すこともできます。
結婚「してもらった」と思っていませんか。
共働きワンオペ家事の女性=質問者様、のメリットは
質問者様にしかわかりません。
なぜその人を選んだのかわからないからです。

>今の時代女性は働きながら家事育児もするので
結婚のメリットはないと聞きました。それで独身を選ぶ女性もいました。

家事育児を協力してできる男性をみつけることができれば
自分の人生も豊かになります。
結婚がすべてではないけれど
結婚するのなら幸せになる可能性が高い、と思われる相手を
選ぶとよいのではないでしょうか。

何を頼りにモチベーションとする、というより
リセットして別の誰かを見つけたほうがいいように思います。
話し合いできないっぽいし。

投稿日時 - 2019-03-18 00:54:18

ANo.5

結婚の条件を考えてみました。

1)健康
2)経済(安定収入)
3)愛情
4)家事、育児について話し合いが都度行われる
5)人生、山あり谷あり、これを乗り越える決意があり、また互いに誓われている
6)以下ではない:
  女好き、遊び好き、ギャンブラー、浪費癖、借金ずけ、家庭を顧みない、暴言暴力等
7)長男、一人子ではない
8)貴女実家の近所に住める
9)その他

貴女の場合、共稼ぎであり条件は更に幾つかあるでしょう。
それらを満たせていますか。

もし離婚するなら「子がいないうち」です。
条件を満たせず、結婚失敗、幼子を抱え困窮する例も少なくありません。

投稿日時 - 2019-03-17 16:51:24

ANo.4

>共働き女性の結婚のメリット
・生活費は割り勘で、家事はほぼ自分です。

⇒”家事はほぼ自分です”、”割り勘は”、不合理です。=後述
 真剣に是正を申し込みましょう。

・日用品、食費は買いたすと私が多く出しています。本当は自分の時間も洋服も欲しい。
⇒当然です。あなたが納得できないことは、正しましょう。

・自分が家事中に夫が好きなことをしてるのを見ると羨ましいです。
⇒当然です。家事ハラスメントです。
 “羨ましい”のではなく、ばかばかしくなります。

・同額負担で身の回りは掃除から食事までやって貰える、私も男性だったらもっと稼げて結婚も選ぶ立場にまわれたのに。
・いや、家事を折半出来ればよかったのですがモラハラ気味な夫が怒鳴り散らし
・怖くなり私は言うことが出来ません。(同額なのに年収は相手が高いです)
⇒当然です。家事ハラスメントです。
 家事ハラスメント是正のために、行動を起こしましょう。

今の時代女性は働きながら家事育児もするので結婚のメリットはないと聞きました。それで独身を選ぶ女性もいました。
⇒同感です。それに子育ての家事もあります。

男性も今の時代だと専業主婦を嫌い彼女にお金を使うよりより自分の趣味に時間とお金を掛けたいそうです。
⇒当然です。家事ハラスメントです。

・共働きワンオペ家事の女性のメリットは、金銭面以外で何があり何を頼りにモチベーションにしたら良いでしょうか。
~~~~~~~~~~~~~~~
<検証>
 厚労省が発表した、発効年月日平成30年10月1日の裁定賃金は、東京都で、985円/時間、全国平均で、874円/時間となっています。
 また、総務省 統計局が平成29 年9月15 日に発表した、女性の家事関連で消費した時間は、平成28年で、一日平均3時28分となっています。
 これを参考にして、あなたの家事労働が月間いくらになるか計算しました。
あなたの時給(厚労省)を全国平均とすると、1時間当たり874円となります。あなたの1月の家事延べ家事時間は、96時間となります。1時間あたり874円ですから、1カ月では、84,006円となります。
 これを二人で折半するとなると、あなたは旦那から42,003円貰うべきです。
 それから、光熱費、家賃、税金、テレビ代、自動車経費などは、受け取る給料額の応じして各自が支払うべきです。
 例えば、旦那が年間500万円、あなたが300万円とします。前述の光熱費、家賃、税金、テレビ代、自動車経費などの支出合計が30万円と仮定して計算しますと、
 旦那は、30万X(500/(500+300))=18万7500円
 あなた=11万2500円
となります。

<回答のまとめ>
1)旦那に毎ふたりの毎月の支払額の是正を要求すること。
  イ)現在の折半方式を次のように是正する。
    旦那は、例えば、18万7500円
    あなたは、例えば、11万2500円

   ロ)家事負担として、
     旦那は、あなたに、毎月、42,003円支払う。
    
2)書面で、要求事項と、その理由を書く。

3)必要があれば、裁判所に夫婦関係調整調停(円満)を申し込みます。

4)夫婦関係調整調停(円満)とは、
 夫婦が円満な関係でなくなった場合には,円満な夫婦関係を回復するための話合いをする場として,家庭裁判所の調停手続を利用することができます。
 調停手続では,当事者双方から事情を聞き,夫婦関係が円満でなくなった原因はどこにあるのか,その原因を各当事者がどのように努力して正すようにすれば夫婦関係が改善していくか等,解決案を提示したり,解決のために必要な助言をする形で進められます。
 なお,この調停手続は離婚した方がよいかどうか迷っている場合にも,利用することができます。

5)あなたは、人間としての権利があります。不当に扱われるべきではありません。あなたの幸せは、あなたが創らねばなりません。旦那に依存すべきではありません。あなたが自分の幸せを守るのです。

6)あなたの人生は、あと80年あります。
 現在の不合理な生活を、不満を言いながら、80年続けますか?
 いまのままで、良い筈はありません。
 二人が協力し合って、二人とも幸福になるです。
 そのためには、自分自身のために、あなたは闘うべきです。

7)このままでは、あなたの不満が爆発して、結婚生活が破綻して、
 離別する可能性高いです。

8)勇気を出しましょう。
 ご自分を大事にしましょう。

投稿日時 - 2019-03-17 16:48:09

ANo.3

80歳90歳100歳110歳120歳…人生
長いですよォ。

離婚しませんかァ?

[不満・失意・幻滅など負の感情エネルギーが
やがて、怒り・憎悪・敵意・攻撃性に転じて
しまう確率が低くはないですよォ]

結婚後に出来た財産の
1/2は、アナタ様のものです。
離婚問題は、初めから
弁護士さんにお任せするのが
ベストです。

次のステージでの
アナタ様のご幸福・ご幸運を
祈っております。

投稿日時 - 2019-03-16 21:38:30

ANo.2

古い考えかも知れませんが、男女が社会に出て同じように働かなくて良いのではないかと思います。どちらかが一生懸命社会で働いて、他方は家庭を守って子供を少なくとも2人以上育てる。このように仕事を分担すれば損/得やお金は誰が払うというような争いは起きないのではないでしょうか?
もし、家庭を守っている人に余裕が出来れば、内職やパート仕事をすれば良いことです。
夫婦二人で異なった形で専任の仕事をし、お互いに尊敬し合うのが望ましいと思います。夫婦でありながらどちらが金を出す?・・でもめなくて良いのではないですか?
夫婦で稼いだお金や財産は共同のものです。社会に出ている人が稼いだお金は、家を守っている人に預けそこから必要なお金を払えば良いことではないでしょうか。
共働きをして子供も十分作れない。子供が減るから労働人口が減る。ますます共働きが増える・・と言う悪循環から脱出しないと日本の将来は真っ暗・・の様に思います。

投稿日時 - 2019-03-16 20:12:31

ANo.1

結婚のメリット、デメリットを語る前提として、夫婦間の関係性が正常である必要があると思います。何か問題があれば、話し合いができるような状態です。
質問者様のような状態だと、常に不公平感があって、メリットは感じにくいように思うのですが如何でしょう。恋愛期間が何年ぐらいあったのかは分かりませんが、その間に兆候は見られなかったのでしょうか。
誰かに強制された相手ではなく、自身で選んだ相手だと思いますから、その選んだ理由を思い返してみたら、メリットも見えてくるのではないかと思います。

投稿日時 - 2019-03-16 19:36:22

あなたにオススメの質問