みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

顔認識 自分が写った写真を選ぶ

自分が映った写真を複数のjpg写真データから自動で選ぶ仕組みを作るとするとどうしたらよいでしょうか?

◆外部のAPIを使う方法
◆linux上で(CUIで)使える方法

教えてください

投稿日時 - 2019-03-16 15:23:56

QNo.9597403

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

うーん。

作らんでも、Windows10 のフォトが勝手にやってくれますけど。

投稿日時 - 2019-03-17 11:16:42

お礼

それは「linux上で(CUIで)使える方法」ではありません。

投稿日時 - 2019-03-18 14:37:28

ANo.1

自分が思いつく範囲ですと、Watson Visual Recognitionを利用すればできるかもしれません。もちろんAPI等で呼び出せます。(Javascript、Python、CURL等がサポートされています。)ただし、その場合は判定したい写真の前に、確実に自分の写っている写真と写っていない写真(学習データ)を相当数(おのおの数十枚から数百枚)用意しないといけません。それでも、結果は保証されてはいません。また、Watsonの利用登録が必要です。(一定の範囲なら無料ですが、越えると請求が来ます。)

それが用意できるなら、
1.上記のデータを用意する。
 ここでは写っている写真を正データ、そうでないものを負データとします。
2.ランダムに、正負のデータを2~30枚ごとに切り分ける。
 (ここでは「バッチ」と呼ぶことにします。)
3.Watson Studio(ツール)使って、判定器(Classifier)を作る
4.まず、第一バッチでClassifierを学習させる。
5.第二バッチで、正しく判定できるか検証する。
6.満足のいく正答率に達していないなら、今度は第二バッチを学習データ、第三バッチを検証データとして、追加学習させる。
7.6を、満足のいく正答率になるまで繰り返す。
8.満足のいくレベルになったら、Web等からAPI等で問い合わせるページやプログラムを作る。

以上、ご参考まで。

投稿日時 - 2019-03-16 20:31:16

お礼

ありがとうございました。

やはりAPIが手っ取り早そうですね。当然とはいえ料金かかってくるのが痛いですね。

投稿日時 - 2019-03-18 16:59:01

あなたにオススメの質問