みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ゴルフ会員の脱会手続きについて

1998年に某カントリークラブの正会員の資格を得ました。名義人は最初の人から
会員権売買会社を通して譲渡裏書に取得者記名に私の名が書いて有ります。
その会員資格証書には、預り保証金額、金壱百七拾萬円となっています。
そのゴルフ場は今も営業しています。ネットなどでそのゴルフ場の会員相場を見ると買い50万円、売り80万円と出ていました、そのゴルフ場に脱会届けを出して
預り保証金、金壱百七拾萬円を受け取る事が出来るのでしょうか。(売買業者を通さずに)、会員資格証書には、据置期間満了後規約の定めに従い請求により返還すると書いてあります。利用規約には会社所定の届出書に署名捺印して会社に提出し、会社の承認を得なければならない。とありますゴルフ場にその旨伝えれば普通に脱会出来
預り保証金、金壱百七拾萬円を返却して貰えるでしょうか。
アドバイス宜しくお願いいたします。(まだ届出はしてません)

投稿日時 - 2019-03-11 10:40:23

QNo.9595811

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

現実的な話をすれば、会員権の売買業者を通そうと、直接であっても、「まず返還されない。」と言うのが現実です。

それを考えた上で行われた方が良いと思います。

そもそもそれで簡単に返してくれるなら、そのゴルフ倶楽部の会員権は、170万円程度で売買されているはずですよね?
だった、その会員権を80万で買って、160万で引き取ってもらえば、80万円の利益が出るわけですから、そんな良い商売はありませんので。

もともと、会員権の価格が元の預かり金を下回らないだろうと言うことで、ゴルフ場の設立や運営のために集めたお金ですからね。

裁判などを起こして、判決が出ない限り、まず返される事はないです。

>利用規約には会社所定の届出書に署名捺印して会社に提出し、会社の承認を得なければならない。とあります

あなたが書かれている通りで、「承認しない限り、返還しなくても良い。」と言う意味になります。
承認する歌詞ないのかを決めるのは、あなたの側でなく、ゴルフ場の運営会社ですので、ゴルフ場の運営会社が承認しない限り、請求を受け付けて、返還しなくて良いと言う意味になるわけです。
だから、会員権の価格が、預かり金より下がってしまっていると言う話です。

返還を簡単に受けられるのであれば、それ以下に会員権の価格が下がる事はないと言うのはわかると思います。
返してくれないから、会員権自体の価格が安くなっていると思われた方が良いかと思います。

投稿日時 - 2019-03-11 13:27:41

お礼

早々のアドバイス有難うございます
利用規約の文面は自分から判断するのと相手から判断するのでは
正に180度解釈が違いますね、会員相場の話も良く解りました
弁護士にも相談して見ようかと思います(労多くして何も残らない)?
もう少し検討してアプローチしてみようかと思います

投稿日時 - 2019-03-12 08:51:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

わたしは会社名義の会員権を、税金対策で手放しました。預かり金も多額ですが、ゴルフ場側も開き直っていて、返せませんの一言です。とりあえずゴルフ場に聞いてみましょう。
ちなみに、私の場合、脱退したので会員でないのですが、会員と同様の待遇でゴルフは出来ます。なんだか良くわかりませんね。

投稿日時 - 2019-03-11 17:21:22

お礼

早々のアドバイス有難うございます

投稿日時 - 2019-03-12 08:19:01

ANo.2

》預り保証金、金壱百七拾萬円を受け取る事が出来るのでしょうか。

建前では「返金して貰える」なのですが、実態は返して貰えないケースが大半です。
それにゴルフ場は存続していても、経営母体が既に変わっている可能性もあります。
その場合には当初の会社は破産、現会社は事業だけを引き継ぎ会員権利のみを保証、既に保証金権利は消失しています。

先ずは経営母体企業の存続確認、その上で会員権を返還し、保証金の返戻を受けられるか否かです。
まぁ販売会社からの購入ですから、無理だとは思いますが…。

投稿日時 - 2019-03-11 14:30:47

お礼

経営母体企業は変わっていません、年会費の振込み先が同じです
もう少し検討して届出しようと思います
有難うございました。

投稿日時 - 2019-03-12 08:14:50

あなたにオススメの質問