みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

競馬の左右コースの得意不得意。

人間で、例えば世界記録のウサインボルトが俺は右は得意だが、左周りは惨敗なんだよなあ、という話は聞きません。なぜ馬はそういったことがあるんですか?

投稿日時 - 2019-03-05 08:01:47

QNo.9593825

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

No.5の方はどこでお調べになったのかは存じませんが、アメリカの競馬場はすべて左回りですよ。
ヨーロッパは右回りと左回りが混在してますが。

>その馬に欧州血統が多く含まれていると「左回り」が得意となることが多く、アメリカ血統が多く含まれていると「右回り」が得意になることが多いように思います。

質問者は「空はなぜ青いの」レベルの質問をぶつけるような競馬超初心者の方です。
ご自身の適当な主観を用いて、余計な知識を植え付けさせないように願いたいものです。

投稿日時 - 2019-03-08 16:35:40

人間の場合、トラックレースで右回りはありません(笑)。

で、サラブレッドの場合、日本国内のレースに限ると、周りの得意・不得意は確かに存在します。

理由(1)
他の回答者の方もおっしゃていますが、「手前の替え方の得意・不得意」による場合。これは厩舎関係者や騎手のコメントで判断するしかないですね。

理由(2)
その馬に欧州血統が多く含まれていると「左回り」が得意となることが多く、アメリカ血統が多く含まれていると「右回り」が得意になることが多いように思います。ヨーロッパの競馬場はどこもコーナーがゆるやかで直線も長いため、馬の脚の関節が、日本の右回りの競馬場(中山・阪神・小倉など)のキツイコーナーに対応できない場合があります。アメリカの競馬場はヨーロッパよりコーナーがキツイため、馬の関節が小回りに対応できるようになっている場合が多い、と思っております。特にダートはさらに小回りなので、アメリカ血統の馬の天下になっていると言えますね。単にダートの巧拙だけではありませんね。

投稿日時 - 2019-03-08 13:07:08

ANo.4

>人間で、例えば世界記録のウサインボルトが俺は右は得意だが、左周りは惨敗なんだよなあ、という話は聞きません。

はい。聞かないですね。でもそれには理由がありまして、「陸上のトラック競技は全世界左回りと決まっている」からです。右回りのレースがこの世に存在しないのです。それこそ、幼稚園の運動会からオリンピックの決勝に至るまで左回りなのです。

なぜかというと、右回りでレースをするとなぜか記録が悪くなるからです。どうも人間は右回りレースが苦手らしいのです。
心臓が左側にあるからだとかどうとか諸説ありますが、なぜ左回りじゃないと早く走れないのかの理由は分かっていません。

投稿日時 - 2019-03-05 10:22:26

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2019-03-06 07:35:25

ANo.3

競馬の左右コースの得意不得意。
競走馬には走るときに手前を変えないとスムーズにトップスピードには
入れません。
左足を先に前に出すのを左手前、右足を先に出すのが右手前です。
同じ手前で走ると疲れてしまってスピードは落ちます。
ですからスムーズに走るには自分の好きな手前で走れるほうが良いのです。
競走馬はコーナーを走るときは左回りの時は左手前、右回りの時は右手前
で走ります。ですのでコーナーを好きな手前で走る時とそうでない時で
スムーズさに差が出ます。
昔ですがオグリキャップは右手前が好きだったのであまり左手前に
変えずに走って勝っていたと武豊ジョッキーが話をしていました。
だから、オグリキャップのG1勝利は右回りの京都と中山競馬場の
レースだったようです。
逆にディープインパクトのようにどちらでも差のない馬は得意不得意が
ないのでしょうね。

投稿日時 - 2019-03-05 10:01:33

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2019-03-06 07:36:33

ANo.2

ウサインボルトが右とか左とか走ったこと有ったかなぁ…。

馬だって言ったこと無いと思うけど…。

…なんだか質問の意味が違うような気がします。

投稿日時 - 2019-03-05 09:30:03

ANo.1

ひとにもあります

投稿日時 - 2019-03-05 09:18:56

あなたにオススメの質問