みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

【北海道警察が主張するCCS実験と地震の因果関係が

【北海道警察が主張するCCS実験と地震の因果関係がないという科学的根拠となっている論文はどこで見れますか?】

北海道地震はCCS実験(炭酸ガスの地中貯留実験)の影響では本当にないのか?

北海道警察本部はデマと発表したがその科学的根拠となるデータを提示していない。

鳩山由紀夫元首相は東京大学卒のエリートである。

日本最高学位の東大卒の天才に向かってデマと言い切った割にその後にデマだと認定した科学的根拠を提示してこない北海道警察の方が分が悪いのでは?

海外ではCCS実験による地震の関連性が指摘されている論文もあるという。その反対にCCS実験は地震と因果関係がないという論文を北海道警察は世界の科学者に向けて論文を発表すべきだと思います。

投稿日時 - 2019-02-23 11:20:32

QNo.9590684

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

鳩山さんの主張の根拠となっているのは、この論文だと思います(下記、参考リンク先のPDF参照)。

- 炭素ガスの地下貯蔵は地震を誘発する可能性の証拠. https://www.pnas.org/content/109/52/E3624

これはいわゆる偽科学では無く "PNAS(Proceedings of the National Academy of Sciences: 米国科学アカデミー紀要)" という米国の権威ある科学雑誌に掲載された極めて真面目な科学的根拠に基づく科学論文です。ですので鳩山さんは非科学的なデマを流したと断じるのは早計で、先ずは参考リンク先の論文等を各自よく読み込んだ上で各自の持論を展開すべきでしょう。


一方の北海道警察の主張?は恐らく下記の参考リンク先の報告書が論拠になっているのだと思われます。

- 北海道胆振東部地震のCO2貯留層への影響等に関する検討報告書 http://www.japanccs.com/wp/wp-content/uploads/2018/11/report_201811217.pdf

まあ当然ですが国策事業ですし報告書を出してる機関も日本CCS調査という完全な国策会社ですので、その辺りは加味して読む必要があります。


P.S.
地震のメカニズムは今もって複雑怪奇で何も分かっていないので、例えそれが科学的根拠に基づく論文であっても直ちにそれをもって「地震の証拠」とは言えないと思います。そういった意味では鳩山さんの意見は断定的過ぎるかと思います。しかしながら炭酸ガスの長期間の地下埋蔵による岩盤侵食は実際に確認されている事象なので、未来永劫絶対に問題無く安全であるとも断定出来ません。

投稿日時 - 2019-02-23 12:08:48

お礼

みんなありがとう

投稿日時 - 2019-02-23 20:19:47

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

「因果関係がない」とする論文は無い筈だが…?

「誘発の可能性」を指摘する研究者はいるが、「誘発すると確定」したものではない。

つまり、否定も肯定も検証が成されてない事柄です。

道警は実験の影響について評価する立場にはなく、肯定も否定もしてません。

鳩山氏も研究者ではなく、立証されてない事柄を持ち出して公的に評価し発言する立場ではない。
どちらかといえば、元政治指導者という立場からは、災害時に時を合わせて人心が惑うような発言は避けるべき。

道警は災害時の混乱を収める立場であることから、
未だ立証されてない事柄を「社会に影響力を持つ者」が混乱時に発言した事に対して「流言飛語」と称せざるをえないものです。

現地にて混乱を避けるべき立場としては当然の対応と言えます。

鳩山氏は発言の時期を誤りました。
混乱を煽るタイミングでの発言と受け止められました。

以前は社会の混乱を収めるべき立場にあった者が、
今なぜ社会の混乱を招きかねない発言をするのか?
…甚だ疑問ではある。

鳩山発言は「可能性を指摘」するだけの不満足な内容であり、
「検証と立証」が充分に成されたのちに、「確定的事実」として「公的な立場」から発信されなければならない重要な事柄です。

鳩山氏自身が発信するからには社会が納得できるだけの根拠を示し、
更には災害発生を待って混乱を招きやすい状況下で発信するのではなく、
災害発生以前のもっと早い時期に根拠が有るなら根拠を示し、
示せるだけの根拠が無いなら検証を求めるべき事柄なのです。

災害発生時に発信するべき事柄ではない。
そのような行為を指して「流言飛語」とされるのは当然の事。

鳩山発言の内容について是非を問いたいなら、
災害の「混乱時」は避けて、鳩山氏自身に納得できるだけの根拠を求めればよい事です。

道警は「発言行為」を指摘したのであって、「可能性」に関する内容そのものは否定してないのだから。

このように災害発生の混乱時を狙って根拠不明な事柄を発信する事を「流言飛語」と言い、
「否定するなら根拠を示せ」などと更に混乱を煽るような行為は、
厳に戒められるべき事なのです。

現代は多くの「エリート」と呼ばれる者が、
自らの立場を見誤り多くの過ちを犯しているのが現実です。

「エリート」が正しいとする過信がこのような誤った疑問に至ったのかと考える次第です。

鳩山否定の論文は不要。
可能性の論拠だけでなく、根拠を示し検証することが先決です。

思ったことを言うだけなら、
エリートや総理経験者でなくても、誰でもできる事です。

投稿日時 - 2019-02-23 17:43:05

ANo.1

北海道警察はそんな論文は出していない。
そもそも警察の管轄外の話。

投稿日時 - 2019-02-23 11:30:51

あなたにオススメの質問