みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ビールとハイボールの値段

なんでビールよりもハイボールの方が安いのですか?

投稿日時 - 2019-02-19 21:26:19

QNo.9589565

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

安いウイスキーを使えば コストを下げられるということですけど 例としてあげたものでは 20円だということです。

投稿日時 - 2019-02-26 13:46:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

例えば サントリー トリス クラシック 2700ml 2700円
100ml 100円
ハイボールを作るには 20mlほどで 20円

https://item.rakuten.co.jp/wineuki/9903000013319/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_113_0_10001868

投稿日時 - 2019-02-20 23:00:08

お礼

ありがとうございます。よくわかりませんでした。

投稿日時 - 2019-02-26 12:32:04

ANo.3

ビールは高いお酒だからです。

ビールのアルコールは5%、一方、ウイスキーは40%あります。
価格比較サイトの一番上の方の安めの値段で、アルコール1ml当たりに換算した値段を計算してみました。アサヒのスーパードライで11.3円、サントリー角で4.6円と2倍以上値段が違います。

ハイボールは缶入りでアルコール7-9%程度、飲食店で提供される場合は、たいていこれより低い度数になりますので、コストはビールより安くなります。

また、飲食店でビールはそのままサーブするものなので、まがい物を出すとバレる危険性が高い(発泡酒とビールの区別がつかない人もいますが分かる人が多い)ですが、40度のウイスキーを炭酸水で5-8倍に薄めたら、ロックや水割りでは違いがわかる人でも、なかなか味の違いは分かりませんので、お行儀の悪い話ではありますが、コストを下げるための小細工(安物を入れる、薄くする等)の余地があります。

ビールが高いのは、酒税率が高いことがひとつの要因です。国税庁によれば、ビール大瓶1本の酒税等負担率は46.6%、一方、ウイスキー1本(700ml)では22.2%です。ビールって、ほぼ半分は税金を飲んでいるんですね。

飲食店がいちばん儲かるのは、昔で言う焼酎甲類(梅酒に使うホワイトリカーの類い)を炭酸系清涼飲料水で割るだけのサワー類ですね。メニューではたいてい割安な値段が設定されていると思いますが、コストはさらに割安です。

参考URL:https://www.nta.go.jp/taxes/sake/shiori-gaikyo/shiori/2017/pdf/003.pdf

投稿日時 - 2019-02-20 11:58:36

ANo.2

ハイボールはウイスキー1に対して炭酸水が3~4の割合 薄めたもの
水割りよりも薄い
https://www.suntory.co.jp/whisky/beginner/drink/water.html
基本とするウイスキーの価格が反映するもの

お酒の量を比較すれば安いとは言えないと思っていますし どんなウイスキーを炭酸水で割るか? 安価なウイスキーを使えば価格も下がります
第三のビールなどに対向するには・・・だと思います
https://nakayuuya.com/alcohol-cost

一般に販売されているものが安価だから で比較するのは難しいと思います

投稿日時 - 2019-02-20 02:30:38

ANo.1

普段飲みの酒のうちで一番高いのはビールです。

投稿日時 - 2019-02-20 00:11:45

あなたにオススメの質問