みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

雇用契約時、損害賠償契約はどこまで有効?

就職時に身元保証人やきちんと仕事をすること
犯罪などを起こさないことなどを誓約すると思うのですが、

仮にアルバイトだとしてもきちんと仕事をする旨、
損害をだしたら賠償する旨の契約を結ぶと思うのですが
そういうのはどこまで有効なんですか?

例えば、正社員で精密機械製造などの仕事に従事している場合に
ネットで見た話しでは何十億という製造ラインの機械を操作ミスにより
ぶっ壊してしまい、工場の稼働を止め、機械も修理、交換が必要になったと
書いてあったのですが、降格と始末書、配置転換などで済んだような記述がありました。

正社員で良かったと匿名掲示板で書いてあったのを覚えています。

このように通常のミスによる損害の場合は賠償を免じられる場合もあると思うのですが、

仮に、この人が請負契約や派遣社員、契約社員だった場合にはもしかすると
何千万、何億という損害倍書を負う可能性もあったのかなぁと思った記憶があります。

バイトテロのような行為によって企業が損害を受けた場合に企業が当事者に
請求するのは当たり前だと思うのですが、

そういう行為を防ぐ為の契約が独り歩きしてミスによる会社への被害も
多大に請求されるようになると困るのですが、そういうのは大丈夫なのでしょうか?

労働問題に取り組んでいる都知事選候補にもなった宇都宮弁護士などが携わった問題では、例えば、引っ越し業者が作業中に損害を出すと全額バイトなり社員なりに請求するなど行っているそうです。

そういう行為にお墨付きをあたえるようになると困るのですが、
そういうのは大丈夫なのでしょうか?

雇用側との損害負担に関する取り決めは明示的に契約をした場合でも
契約をしていない場合でもどの程度まで有効になるか知りたいです。

アドバイス頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2019-02-10 20:56:41

QNo.9586534

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

損害賠償制度(あるいは罰金など)を労働契約の中にあらかじめ盛り込んでおくのは、賠償予定といわれていて、これは労働基準法に反します。(労働基準法第16条、賠償予定の禁止)

この賠償予定の禁止は、例えば「コンニビバイトで、クリスマスケーキのノルマを達成できないかったら自腹で不足分を補え」だったり、「遅刻したときは、5000円の罰金」などの規定が該当します。
要するに、「何に対していくら」と明記することはダメなのです。

故意や重過失による現実に発生した実損害については、その損害額に応じてこれを賠償請求することは可能です。そのため、このケースに関しては労働契約にその旨が盛り込まれていても構いません。

例に挙げられた、「引っ越し作業中の損害」ですが、引っ越し作業においてはある程度の損傷リスクというのは存在します。
故意に物品を破損させる(例えば、2回からタンスを放り投げて壊した)ことは後々賠償請求される可能性があります。
しかし、移動作業中に手すりにぶつかって家具にへこみができたなどは「そういう作業をする上では起こりえるもの」で故意でなければ労働者にその損害を求めることはできないと考えられます。
そのための「保険」ですし、その損害が生じえる可能性も含めた「料金設定」があるべきなのです。その故意に当たらない損害については、会社が負わなければならないリスクなわけです。
もちろん、そうした問題を故意ではないにせよ頻発させる場合は、注意力が足りないとして社内処分(厳重注意や減給処分)はありえるとしても、そのこまごまとした損害をすべて賠償させるのはやりすぎとなります。程度の問題であるので、全額賠償されるべき案件もあるかもしれませんので、一概に「全部だめ」とは言い切れません。

なお、損害負担についての取り決めは会社同士であるならばともかく、労使間で結ぶのは賠償予定にあたる可能性が高いので、明示的にしても労働契約という枠組みの中では無効となる可能性があります。

投稿日時 - 2019-02-10 22:31:52

お礼

回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2019-02-11 20:54:50

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

単純化すると、従業員に対して
無能を理由に損害賠償はできない
故意に対しては損害賠償できる
と思うといいですよ。

ご質問の前提になっている部分で、
>損害をだしたら賠償する旨の契約
この無制限な契約部分はたとえ記載があっても裁判で覆せることが多いです。
守秘義務違反など、故意での損害に関するものに限るかと。

投稿日時 - 2019-02-11 20:07:51

お礼

回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2019-02-11 20:55:50

ANo.5

アドバイスにもならないのだけれども
とりあえず書かせてください。
よろしくお願いします。

宇都宮弁護士で思いだしたのですが
アート引っ越しセンターは
ぶつ破損したら、1件につき3万円(賠償金)を
上限に、給料から天引きする。
というルールだったが、裁判で負けて
引いた分は 未払い賃金 なので労働者に返せ
となった。

ご質問の
どの程度まで有効か?
なんですけど

企業側から見ると
求償権を行使する、それがいくらまでなら認められるのか?
ということか?
と思いました。

どんぶり割ったら500円貰う、2個割ったら1,000円だ!
というような契約は、禁止。
ですが
企業側の損害賠償請求そのものは、禁止されてない。

実際には
くら寿司、刑事と民事の準備に入った。
これは、民事で損害賠償請求するよ
いくら請求するかは、これから決める。
ということ、と思います。

https://ja.wikibooks.org/wiki/%E6%B0%91%E6%B3%95%E7%AC%AC715%E6%9D%A1

これには、但し書きがあるものの
被用者(従業員)の責任あり、と言っている。

そうなると
企業側の 求償権行使 は、いくらまで?
という問題で、同時に
求償権行使の制限
の話し。

ちょっと話は飛んで
マルハニチロの契約社員でしたっけ?
工場勤務で毒入れた、商品回収などに13億円かかった。
当時、毒冷凍食品テロだ!とも言われ
民事裁判し、契約社員は1億円会社に払いなさい
と判断される。
収入、財産など総合的に判断したんでしょうが
1億円の判決ですから、請求はもっともっと多い
と思います。

それが
求償権の制限で1億に落ちた。

長々すみません、もちょっとでフィナーレです。

どの程度まで有効か?
それは、個々の事案に鑑み裁判で決める。
やってみないとわからない。

レジのバイト
自分のミスによりお店に損害与えたら
与えた同じ額を払いなさい
という契約をみんなと結んでた。
あるレジさんが、3個買ったら3個分お客さんから
貰わないといけないのに、1個分しかもらってなかった。
さらに、このミスは長い間続きました。
当然に遅滞なく
お店側は、全額レジさんに請求したが
裁判で
お店も悪いでしょ!・・・など言われ
いくらで落ち着いたのかな?
まぁー、庶民的な現実的なお金でした。

僕の結論
現実的な金額で和解できれば、それでいいのだが
裁判しないとわからない。
これについては、その外形で見ることができず
十分に検討し、また検討し
落ち着くところに落ち着く。

そんなことを、思いました。

投稿日時 - 2019-02-11 00:02:44

お礼

回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2019-02-11 20:55:13

ANo.3

> 損害をだしたら賠償する旨の契約を結ぶと思うのですがそういうのはどこまで有効なんですか?

そんな契約があってもなくても損害を与えたら賠償するのは当然のことです。ただし,雇用契約では損害賠償額をあらかじめ決めることは出来ません。もし契約で決めても無効です。また,損害の全額の賠償を求めることは出来ません。
このようなことは正社員であるとかアルバイトであるとかは関係しません。
請負契約の場合は損害賠償額をあらかじめ決めることも可能です。

> ミスによる会社への被害も多大に請求されるようになると困るのですが、そういうのは大丈夫なのでしょうか?

どんな場合でも実損害額を超えて請求することは出来ませんし,どんな場合も会社にも責任があるのですからその責任分は減額しなければいけません。

投稿日時 - 2019-02-10 22:00:10

お礼

回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2019-02-11 20:54:12

ANo.2

 
身元保証の内容に関しては身元保証法を参考にしてください
https://ja.wikisource.org/wiki/%E8%BA%AB%E5%85%83%E4%BF%9D%E8%A8%BC%E6%B3%95
 
損害請求されそうな輩の身元保証人にはならないのが良いです。
 

投稿日時 - 2019-02-10 21:26:01

お礼

回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2019-02-11 20:53:39

どこまで有効なんですか?と聞かれても、いちいち細かい作業に対してまで契約事項として取り決めなんてしているはずがないので、ケースバイケースで、その都度検討されるだけでしょう。
それに雇用形態に依って違うなんて事も無いでしょう。
まぁ損害額が何億なんて話になるような仕事なら、保険に加入しているのが当たり前って話。

投稿日時 - 2019-02-10 21:22:09

お礼

回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2019-02-11 20:53:11

あなたにオススメの質問