みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

安息日と一般家庭の墓参り

親戚の家の話なのですが。
兄弟のうち兄が小学校の先生に「日曜日は身体を休める日です、これを守りましょう。」といわれ、「学校の先生の言うことなのだから守らなければ。」
ところが、会社員のお父さんの休みは日曜日です、自然と日曜日にお墓参りに行くことになります。 ところがお兄ちゃんは、先生の言うことが社会のルールなのだからと、お墓参りに行くために外出することを拒みました。 親御さんは、日曜日でも、電車は走っているし、テレビを付けたらやっているというと説得を試みたのですが。 お兄ちゃんは、「本当はいけないこと、家にこもって読書をしたりして、皆静かに過ごせば必要ないこと」と言い出したのです。
 一方、弟さんは、その先生が担任ではないので、普通にお墓参りに行くそうです。 お墓参りの後に美味しい外食があることをしっているのです。 一家そろってお墓参りができなくなったので、お寺でも陰口をたたかれるようになりました。
お父さんは担任の女性の先生に抗議しましたが。 担任の先生は、お兄さんがお墓参りに行く用に説得することを拒否しています。 子どもにも宗教の自由があるからだというのです。
 お父さんはお家やご先祖様を大事にする方針なので、お兄ちゃんが、改心してお墓参りに行かない限り、中卒で家を追い出す方針です。 弟さんが上手く立ち回っていて。 お兄さんは中卒で働かなければ施設に送られるそうです。
 お母さんは「先生は日曜日の過ごし方で家庭内で衝突が起こることを見越して教育をして、クリスチャンに引き入れるつもりだ」と言う意見で、親が子どもを見放したら先生の思うつぼで。 改宗させて身元を引き取るつもりだろうと言っています。 担任の先生に子どもの前で謝らせて解決する強制力を持っている機関はないのでしょうか?

投稿日時 - 2019-02-03 17:02:34

QNo.9584249

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

子供の前で担任に謝らせる事が出来る期間はありません。ただ教育
委員会から発言した担任に対し、発言の本来の意味を詳しく子供に
説明させる指示は出せると思います。

説得する必要は無いと思います。でも休息日の本来の意味が子供に
伝わっていませんから、担任は子供らが理解出来る本当の意味を改
めて説明する義務があると思います。
担任が拒否しているようですから、教育委員会に相談をされてはど
うでしょうか。

担任が発言した休息とは、これは学校に関しての事を言われている
ようで、家庭での事とは違うのではと思います。
墓参りは家庭で定めた行事ですから、これは担任が言った休息日に
は当てはまらないと思います。

投稿日時 - 2019-02-09 13:51:06

ANo.6

安息日だから 丸一日安息していると‥‥ちょっと笑っちゃいますね。
夜起き出してゲームをするということもないのでしょうね。
そのまま大人になると 日曜日はなにもしないけど 平日は社畜のように働くようになるのかも。
ブラック企業にとってはぜひ就職してほしい人材ですね。
それとも都合の良いところだけ取り入れるということで 平日のほうは 労働基準法があと言うのかな。
将来が心配です。

投稿日時 - 2019-02-05 22:24:38

補足

 まあ子供ですからね。でも一番の問題は、父親とお兄さんの間にできてしまった溝です。 お父さんにとっては苦労して学歴を積ませてもらったおじい様とおばあ様が入っているお墓ですから。 お兄さんが、墓参りよりも朝寝をしたいというのは最悪の態度と受け止められるでしょう。 容量の良い弟さんはますます調子に乗っていますし。 どうなるんでしょうね、こうなってくるとお兄さんの担任の先生のことはきっかけに過ぎなかったということになってしまいますね。

投稿日時 - 2019-02-05 23:19:44

ANo.5

すると 日曜日は お母さんが料理を作っても そんなものは食べられないと拒絶して その結果 断食ということになっているのでしょうか。
それとも前の日の残り物でも食べているのかな。

教育委員会に 9条に違反していると通報すればいいと思います。

投稿日時 - 2019-02-04 20:56:24

補足

そういうところは都合よく生活しているようです。

投稿日時 - 2019-02-05 21:11:41

お礼

たまたま、休みに置きたくないお兄ちゃんに都合のいい理屈が、登場してそれを盾に夕方まで眠っているようです。 逆に先生をすごく尊敬しているわけではないので、どんなに先生を社会的に追い詰めても、お兄ちゃんが日曜日に好きなだけ眠りたいという怠惰な性格について争わないと意味がないわけです。

投稿日時 - 2019-02-05 21:15:22

ANo.4

こんにちは

学校教育で個人的な教えをすることは
禁じられていると思います。

とくに宗教とか?
出来れば、教育委員会に相談するか?
その前に、校長先生に

撤回してくれないので
家の子がおかしくなっている
きちんと諭してくれなければ
教育委員会に申しでる

と言えば、何か校長先生がその教師に指導するでしょう。
でも、ダメだったら
教育委員会に言ってしまった方が
いいと思いますよ。

たかがそれくらいのことですが
これは家族の崩壊につながります。
レジャーもいかないんですよね?

投稿日時 - 2019-02-04 13:34:58

補足

墓参り関係先祖供養関係全部サボりで、お父さんがガマンができなくなっているようです。 先祖供養をしないのなら家の人間として育てることはできないと言うことで家庭崩壊しそうです。

投稿日時 - 2019-02-04 17:59:04

お礼

実は、遊園地や映画館に行くこともお兄さんは拒否しています。 なのでお父さんが弟さんを連れ出し、お母さんがお留守番をしてお兄さんの世話をします。 お母さんが一緒に行きたいストレスもあるし。 どうして家がバラバラにされているのだろうかという、フラストレーションが強くなっていると言うことです。 お兄さんを理詰めで説得しようとすると暴れるそうです。

投稿日時 - 2019-02-04 18:14:50

ANo.3

特定の宗教が運営している学校なのでしょうか?キリスト系の
公立であれば 学校 先生が 特定の宗教に傾いた教育をすることはできないはずですけど。
第20条 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。 ... 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。
第9条 (宗教教育) 宗教に関する寛容の態度及び宗教の社会生活における地位は、教育上これを尊重しなければならない。
2 国及び地方公共団体が設置する学校は、特定の宗教のための宗教教育その他宗教的活動をしてはならない。

9条の2項です。

日曜日は安息日というのはキリスト教の規律です。旧約聖書の最初に 神が「光あれ」と唱えると 光がさした それから6日間にわたって 大地などを作って7日めに休んだ。というところから来ています。
だから安息日になってその日は仕事をしてはいけないということになりました。
日本語の日曜大工という言葉は使えないので Do It Yourself DIYという言葉になっています。年中無休というのも戒律違反です。でも産業革命で溶鉱炉ができて休めなくなったときから 「We are open seven days a week」という言葉が生まれて キリスト教の力が弱くなってきているのがわかります。

日曜日は安息日ですけど 熱心なキリスト教徒は 日曜日には教会にでかけます。神父か牧師のお話を聞いたりします。神父や牧師は それは仕事じゃないのか と ツッコミの入るところですが それはおいといて 宗教的な事に参加するのは仕事じゃないからだいじょうぶということなのでしょうか。
そうすると 日曜日にお墓参りは キリスト教徒から見ても戒律違反にはならないのではないかと思いますけどね。
担任の先生にそのへんを突っ込んではいかがでしょうか。

投稿日時 - 2019-02-04 12:56:42

補足

お兄さんは「日曜日は何もしない」という事を正しいと認識して自分の考えとしています。 キリスト教徒として説得すると言うことができない中途半端なところでこだわりが強くなってしまっています。 ので担任の教師から宗教的な指導をしてもらってということも不可能ですし。 すでにご両親と担任の先生は対立してしまって、協力して解決に当たろうという体制ではありません。

投稿日時 - 2019-02-04 18:16:31

お礼

弟さんの担任の先生がお休みをとって、代わりに担任の代行をお兄さんの担任の先生が行ったときに、弟さんを個人攻撃するように周囲の生徒を指導する様な発言をしていてそれが、ご両親にもつたわり、既にトラブルが発生しています。

投稿日時 - 2019-02-04 18:05:35

ANo.2

安息日とは日常生活から離れる事です。
だからお墓参りにいって住職様のお話を聞くことが身体、心を休める事になります。仏教の安息日はキリスト、ユダヤ、イスラムと違って回数が多いようですが。
またルールとは社会生活を円滑にするためのものであって、絶対ではありません。赤信号は通過してはいけませんが、急病人乗せている救急車は赤信号でとまりますか?

大多数の日本人は良くも悪くも宗教教育を受けずに育ちますから、都合の良い部分だけ取り入れようとしますよね。
お墓参りやご先祖様を大切にすることを教育してこなかったご両親にも少なからず非はありますよ。

投稿日時 - 2019-02-04 06:55:12

補足

その担任の影響が現れるまでは、熱心に先祖供養をしていた一家でした。
弟さんは、ご両親が熱心なのに影響されたのか自分で考えたのか、体力的に優れているので、お墓参りの時には、お水かえから、お墓の磨き上げなど、積極的にこなしていて、ご両親は喜び安心していたのですが。 兄を端とする教育者に突っ込まれて影響を受けたお兄さんがおかしくなると言うか。 親に逆らいだした事で。 自分たちの教育が間違っていたのだろうかと悩んでいるようです。

投稿日時 - 2019-02-04 18:10:18

ANo.1

 
クリスチャンは日曜日に礼拝に行きます。
だから墓参りも同じです、日曜に行きましょう。
 

投稿日時 - 2019-02-03 18:19:46

補足

厳密に言うと兄はクリスチャンになったわけでは無く。 「日曜日は休むものだ」という強い信念を抱えてしまったわけで。 その結果として家族全員では日曜日にしかできないお墓参りに参加しなくなったわけです。

投稿日時 - 2019-02-03 19:46:17

あなたにオススメの質問