みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

民泊施設にかかる固定資産税について

この度はお力添え頂けましたら幸いです

突然大阪市の固定資産税調査の連絡が来ました。
民泊施設をされているので、固定資産税の評価が変わるとのことです。

建物は個人名義で賃貸として法人に施設を貸しており
その法人が民泊として改造し、運営している状況です
建物の一部は自分たちで住んでいます。

この場合、賃貸でも固定資産税の評価が変わりますでしょうか


また、リフォーム工事をその業者さんがしているか
それとも所有者がしているかによって、固定資産税の評価が変わるとのことですが
基準がよくわかりません

ご教示いただければ幸いです

投稿日時 - 2019-01-29 21:42:24

QNo.9582696

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

仰るように

※建物の一部は自分たちで住んでいます

ここが最大のポイント、なんですけど
そこの細かい計算を市はやったのか?
自分たちが住むスペースの割合によって
税金が変わります。
回数によっても違います。

京都の判例・・・平成28年
本件家屋に 居住部分はなく 一棟全部を
貸家と使用していたとして
軽減措置の対象から外す。
税金上げます!

という判決後のことですから、市は間違ったことも
してなさそう。
上がるのは上がるんでしょうけど
住居部分をきちんと考えてのことか?

リフォームは難しくて
税金が上がるリフォームと上がらないリフォームがあり
さらに
軽減されるリフォームがあって・・・
その業者がやろうが、所有者がやろうが
同じ、と思います。

投稿日時 - 2019-01-29 23:53:35

ANo.1

旅館や簡易宿泊所は、住宅用地の特例を受けることはできません.
アパートなどは、住宅用地として、減税されています。

わからない場合は、市役所の、資産税課で、お尋ねください。
とても詳しく、教えてくれます。

投稿日時 - 2019-01-29 22:32:47

あなたにオススメの質問