みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Macの容量

SSDが128GBって実質何ギガ残ってるんですか?
95Gくらいですか?

これ選ぶなら保存先が常に外部のハードディスクの人ですか??

投稿日時 - 2019-01-28 19:21:13

QNo.9582346

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

A No.4 & No.6 HALTWO です。

いやぁ、やっと Image Backup が終わったぁ。
Carbon Copy Cloner ならば 20 分ぐらいで済むのに Drive Genius だと 4 時間近くかかるのね(汗)。

OSX10.14.3 + 2GB で 27.14GB……128GB SSD 内でも 28GB 弱です。
128GB SSD ならば 100GB 近く空き領域を残すでしょうが、Disk Cache に 16GB の余裕を見込んで実質 80GB 強が利用可能領域でしょうか……。

明日も早いのでもう寝ます(^^;)

素敵な Mac Life を(^_^)/

投稿日時 - 2019-01-30 22:01:42

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

A No.4 HALTWO です。

昨晩から OSX10.14.3 を Download して朝に Install を開始、帰宅して Image Backup を取ろうとしたら OSX10.14.3 は前 Version の OSX10.14.2 に較べて数 GB も軽くなっているのに気づきました。

下 Screen Shot のように OSX10.14.3 は Update 直後で 約 28GB となっています。
……これには ATOK2017、Drive Genius、GIMP 等々による約 2GB が含まれていますので、実質 26GB になりますね。
Update する前の OSX10.14.2 では 32GB ありましたので、約 4GB Slim になっています。

なお、今まで Disk Utility では APFS Format も Partition 切りもできなかった事から HFS+ Format で Time Machine 用に割り当てていた上海問屋製¥1,000 の 64GB SDXC Memory Card を Disk Utility で HFS+ 消去して Drive Genius で OSX10.14.3 の Image Backup を始めたら SDXC Card が APFS Format となって Image Copy が始まりました。

Drive Genius の Image Backup は Volume 名称まで同じように Copy してしまうため “Data 1” Volume を “Data 2” Volume に Image Backup すると “Data 1” Volume が 2 つできてしまってどっちが Original でどっちが Backup なのか戸惑ってしまうのですが、よもや Format 構造まで忠実に Copy するとは思いませんでした。

おかげで Partition 設定を受け付けない事から Partition 切りの際にもう一方の Volume 消去 Option に表示されるようになる APFS Format を選択して Format した後 Single Volume Partition にまとめる事により HFS+ Format を APFS Formatにする「裏技めいた」手法で APFS に できなかった上海問屋製¥1,000 の 64GB SDXC Memory Card も晴れて APFS Format Card となりました(^_^)/。

上海問屋製 64GB SDXC Memory Card は Drive Genius の Physical Check で 80 万 Area の Memory Group があると表示された事から 80MB/sec もの連続伝送速度を実現するために Multi Thread 動作の Interface を持っている筈で、そうであれば APFS Format とする事により Fragmentation の心配が無用になります。

一方、外付け HDD では APFS Format にしても連続した Data Area に Time Slice で断片化された複数の File が書き込まれるだけのようで、HFS+ Format した別 Volume に Copy した File は見事に Fragmentation を起こしていました。

HFS+ Format して Time Machine 用に割り当てていた上海問屋製¥1,000 の 64GB SDXC Memory Card が 1 週間もすると 10% 近い Fragmentation を生じていたのも Multi Thread 動作の APFS Format SSD では Fragmentation とはならない Data 配列が HFS+ では Fragmentation と認識されていたのでしょうね。

SSD や SDXC Memory Card では問題にならないものの、HDD で APFS Format を用いるのは Fragmentation の不安が過ぎります。

しかし Drive Genius の Image Backup は馬鹿丁寧に Copy するので遅いんですよね……こりゃ寝るまでに終わりそうもないなぁ(汗)。

でも Time Machine からの Full Restore は OSX10.4 時代に丸一日かけたにも拘わらず Fragmentation で失敗した経験があるので、Boot 可能な Image Backup を作っておくに越した事はありません。
……Time Machine はうっかり消去した File を 1 時間前の状態で復活させたり、Update したら障害が発生した Software を捨てて元の Version に戻すといった目的には便利なのですが、数十 GB もある OSX の復活なんてもはや期待どころか考える気も起きません(笑)。
…… APFS Format の SSD や SDXC Memory Card を Time Machine に割り当てるのであれば Fragmentation で Freeze する心配はないのかも知れませんが、HDD を Time Machine に割り当てるのは気が引けます。

素敵な Mac Life を(^_^)/。

投稿日時 - 2019-01-30 19:05:37

お礼

再度回答ありがとうございます!

僕は全くの素人なので回答が難し過ぎます笑

他のかたの回答にあるように128GniUSBメモリをさして使おうかと思ってます。

僕はiPhone4を発売日に買ってそれからずっとアップルユーザーです。
スマホはiPhoneしか使えません。
iosが11から12にアップデートするだけでもなんかうれしくなったりします。
なので、使っていて楽しいです。

パソコンは家でしか使わないので他の方の見せびらかすとかは一切ないですね・・

最新のMac Book Airをメモリーを16G、ハードディスクを512Gにすれば
6年は使えますかね??
僕は11インチがなくなったのが残念です・・

投稿日時 - 2019-01-30 22:06:08

ANo.5

SDカード32GBの場合OSが認識している容量は31.1GBです。
OSをSSDにインストールすると800メガが使われます。
空きは110GB程度でしょう。

SDカード32GBに縮小した10GB未満のシステムを使用しています。
64GBSSDノートも先程作成したOSを使用している。

最新データはSSDに保存しています。
バックアップ用としてNASを接続中

投稿日時 - 2019-01-30 11:00:22

ANo.4

私は 2018.10.30 に購入した Mac Book Air 2017 (128GB SSD) を 64GB+64GB の 2 Volume の Partition にして OSX10.14 Mojave で使っています。
こうすると Time Machine に使う SDXC Card を¥1,000 の上海問屋製 64GB Card で済ます事ができますので……。

購入直後の OSX10.39 High Sierra は翌日 (11 月) に OSX10.14 Mojave に Update したので容量を忘れましたが、OSX10.14 Mojave と ATOK2017、Drive Genius ver5.3 (英語版) 等の Software を入れた状態で総容量は 33GB 程度ですね。
但し Drive Genius は日に 100MB 前後も Log を溜め込むので総容量が 38GB にもなった先週、Drive Genius を Uninstall して Install し直しました……OnyX では消えないし、Log 消去 Option もないし、Manual で Log File だけ Trash しても良いのかどうか未だ不安なので(汗)。

尚 32~40GB の System & Application を入れる System Volume は Disk Cache 用として 8~16GB の余裕を加えた 40~48GB は確保していないと Disk Cache の圧縮を行って動作速度が低下するようです……40GB 使っているのであれば 64GB の Volume で余裕ですが、Drive Genius ver5.3 の Log が爆発的に増えるのが悩みの種ですね(汗)。

Time Machine に Backup させないもう 1 つの 64GB Volume は Data 用の Volume です。
Home Folder 下の各 User Data Folder 内に Data Volume に作った Folder の Alias を置くことにより保存する Data File は自動的に Data Volume 側に振り分けられる仕組みです。

64GB の Data Volume に溜め込まれた Data File は 1 Click で Folder Synchronous Backup を行える Freeware で¥600 の 32GB Micro SDHC Memory Chip 内蔵 USB Memory に同期させており、ここで週毎ぐらいに Drive Genius にて Defragmentation を行って 2 基の USB 接続外部 2TB HDD に Backup しています。

こうすると万が一 Mac Book Air を紛失しても別に携行している 32GB SDXC Memory Chip 内蔵 USB Memory に Data が残っていますし、その他の Data も外付け HDD にありますので、Mac Book Air 携行時や外出時に機密 Data を消去しておく事ができます。……まぁ今ならば Cloud に Data Backup すれば良いのでしょうが、Net 上に機密 Data を上げるというのも気が引けますし……。

OSX10.14 Mojave は Drive Genius の Image Backup を用いて別途購入した SONY 製 MicroSDXC Chip 入り 64GB SDXC Card に Image Backup を取ってあります。

尚 APFS Format は Multi Thread 動作の File System ですので SSD や SDXC Card 向きの Format 方式であり、Time Slice Single Thread 動作を行う HDD には施さない方が良いと思っています。
暗号化に有利な Format と言われますが、私は Disk を暗号化した事がないので、確信はありません。

また SDXC Card の中には APFS Format ができない Card があり (上海問屋製¥1,000 の Card は APFS に対応しておらず、Partition も切れませんでした)、APFS ならば Fragmentation の心配が要らない一方、HFS+ では 1 週間で Time Machine Data File 群の Fragmentation が 10% 近くになっていました(^_^;)。

あと、無料で使えて高速で便利な Carbon Copy Cloner は RAM 処理時に Multi Thread 動作しているのか HDD 書き込み時に Time Slice 平行書き込みを行うようで、若干 (3% ぐらい) の Fragmentation を起こします。

Mac Book Air は Internet 等 Network 不使用時、Thunderbolt Cable / Ethernet Adapter を引っこ抜いてしまえるのが便利ですね。……こうすると Net 経由での Cracking ができなくなりますので……。

素敵な Mac Life を(^_^)/

投稿日時 - 2019-01-29 06:57:20

ANo.3

アップルメニューの「このMacについて」の「ストレージ」を見れば、使用状況がわかります。

※macOS 10.13.x 以上にすると、内蔵SSDは「APFS」というファイルシステムに置き換わります。これで、従来にくらべてストレージ容量を消費しない仕様になっています。

それでも内蔵ストレージがカツカツ、と言う場合は外付けHDDやSDカードなどを有効に利用なさるのがよろしいでしょう。

参考URL:https://www.cleverfiles.com/help/ja/what-is-apfs-apple.html

投稿日時 - 2019-01-29 01:52:19

ANo.2

だいたい40Gくらいは使ってるでしょうね。

それにプログラム入れたって、10Gも行かないでしょう。

無駄な写真や映像なんかを溜め込んだり、編集用に使うような人でなければ、そこそこ使えると思いますけどね。

使い方によってという話でしょう。

私は、128Gを持ち運び用に、半分強をMAC OSに割り当てて、残りを、Windowsのブートキャンプに割り当てるような使い方もして居たりしますよ。

保存先に外部ストレージも使いますけど、そんなに大きなデータを持ち歩くんですか?
わたしは必要最小限しか持ち歩かないですが、Windows版のメールだけはデスクトップがメインなので、そこからデータをコピーして使ったりするので、ちいさいUSB メモリをくっつけて使っているくらいですけどね。

投稿日時 - 2019-01-29 01:20:35

ANo.1

ノートなのかデスクトップなのか増設可能な機種なのかどうかなどで答えが変わるでしょ
>実質何ギガ残って
実質というのも使う人次第 使い方次第
外部ストレージやクラウド使う人には実質無制限な感覚かもしれないし

結局上手に使えるかどうか

搭載ストレージの大きさだけが自慢したいだけのドヘボには
その価値や使いやすさは分かる筈もない

投稿日時 - 2019-01-28 19:37:27

お礼

ご回答ありがとうございます。

エアーです。

投稿日時 - 2019-01-28 19:46:12

あなたにオススメの質問