みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

児童向けのイベントで食品を扱う際の衛生面について

まだ先の話なのですが、児童に向けたイベントを企画しています。その中で、おにぎりや味噌汁を作ったり、おもちをついたりします。これに関して、感染症対策、衛生面が気になるという理由で反対派の方がおられます。
こういったイベントを行った事がある方、どのような対策をしましたか?また、食品を取り扱うお仕事をなさっている方、衛生面はどんな事をしていますか?
ご指南頂けますと幸いです。
今のところ考えていますのが、この様な形です。
お餅つきの杵と臼は洗ったあとに熱湯消毒、つく時は三角巾とマスク着用。おもちを丸める係りは三角巾、エプロン、マスク着用。手はアルコール消毒、おもちを触る時は使い捨てのビニール手袋使用。お皿やバットなどはラップを敷いて使用。
おにぎり担当、お味噌汁担当も三角巾、エプロン、マスク着用。おにぎりはサランラップに包んで握り、直接触らないようにする。包丁は殺菌済のものを使用。お味噌汁の具を切る時は使い捨てビニール手袋着用。きちんと煮立たせる。
全ての作業台はアルコールで拭いてから使用。
以上です。足りないところをご指導頂きたいです。どうぞよろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-01-28 15:53:37

QNo.9582284

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

参考にならなくて申し訳ないですが、
地域管轄の保健所に相談指導してもらうのが確実でしょう。

調理したものを作った人達だけで食べるのでなければ
営業許可施設以外での調理や屋外は特に厳しいです。
傷のある人は参加できません、その他体調に不安がある人もダメです。
それでも症状が出ないまま感染症にかかっている可能性は消えません。
従来のやり方で続けているところはおそらく細かい届けを出していないか
黙認状態ではないかと思います。

また下ごしらえからすべて手袋をしてというのは現実的ではありません。
餅のちぎり分けを手袋ではむずかしいですし、包丁など刃物を使う時は素手でないとかえって危険です。

こちらでは学校や町内程度の催しでは調理方法を替えました。
ご飯やぜんざいを炊くのはOKだったので汁物やカレーはレトルトを温めるだけ、餅は市販の常温保存品を使うなどです。
もっと大きなイベントでは保健所の指導のもとで可能なメニュー(焼き芋など)を決めたり、必要があれば免許を持つ業者に依頼したりしています。

投稿日時 - 2019-01-29 08:30:54

お礼

保健所に届けて指導を受けることになりました。ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-04-27 21:33:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

今の時代色々と気にする方がいるので、反対派がいるのであれば、おにぎりはコンビニかスーパーで。
味噌汁はインスタントやレトルト。餅は切り餅。
これが無難なところだと思います。
ここに書かれた対策はこの知識がないと無意味なものになります。
例えばアルコールには殺菌力はありますが、汚れた手の殺菌は出来ません。
(殺菌と洗浄は別になります。)
またノロウィルスには効果がありません。
熱湯消毒しても効果の無い菌があります。
それで2日目のカレーは危険なんです。
ご存じないと思いますが、カレーが危険というのは飲食業界では常識です。
なぜ2日目のカレーがそんなに危険なのか理由を知っていれば大丈夫なのですが、
知らないで味噌汁を作るとやはり危険だと思います。
それとペットを飼っている人の中には健康保菌者がいます。
ノロも病原性大腸菌も感染しても発病しない人がいます。
そういう方が調理をした場合食中毒が発生します。
(家庭料理では気が付いていないか、作る量が少量なので問題になっていないかです。)
これは検便をして調べないと分かりません。
おにぎりでは死亡食中毒事故もほぼ毎年発生しています。
人はブドウ球菌を持っているので、それがおにぎりに付着します。
素手でおにぎりを作らなくても、知識が無いと付着してしまいます。
何かのニュースで見たのですが、ずっと地域で餅つき大会をしていたが今は出来なくなった、
そんな記事を見たことがあります。
長々と書きましたが、反対する人がいなければ書かれた対策でも良いとは思います。
でも実際反対される方がいるのですよね。
ちょっとしたことでも何かあると、思わぬトラブルになるリスクがあります。
感染症対策よりそちらの方が問題なのかなと思います。

投稿日時 - 2019-01-31 20:06:44

ANo.4

やるなら保健所に相談された方が確実でしょう。
最悪人の命さえ落としてしまうような事態もあるうることです。
最近はアレルギーという問題もありますし…。
当然だけど無料でも提供者は責任を負うことになります。
最低でも食品衛生の知識を持つ者(飲食店や調理従事者とか)の指導を受けた方が良いかと思います。

投稿日時 - 2019-01-28 18:21:01

お礼

調理師はいます。保健所に相談することになりました。ありがとうございます

投稿日時 - 2019-04-27 21:34:51

ANo.3

こんにしは

これを言っては何ですけれど
最近そう言うイベントは開催しないところが
増えています。

勿論、衛生上の問題からです。

実際にお餅から食中毒になった例も
最近ありました。
衛生管理していたも
感染した大人や子供がいれば
その場では判らずアウトということです。

アルコール消毒だけでは起この時期補えませんので
加熱処理をしたものだけを、
その場で食べさせる対策しかないと思います。

器やお箸などについても同じなのです。

https://www.asahi.com/articles/ASJDQ00GCJDPUBQU01D.html

投稿日時 - 2019-01-28 17:39:27

ANo.2

1の方に同意。
私も飲食店勤務なんですが、保健所の許可が面倒なんですよ。
いろいろと条件があって、それをクリアできるかどうかが鍵となります。
(当店もそれで地元のお祭りへの参加を断念した経験があります)
なので、まずは保健所へ相談なさって、出来そうなことと出来なさそうなことをご確認なさるといいかと思います。
(そもそもそこをクリアできないとイベントも開催できないと思うので)

投稿日時 - 2019-01-28 17:30:45

お礼

保健所の許可は割りと簡単に出来ました。ありがとうございます

投稿日時 - 2019-04-27 21:36:19

ANo.1

これで充分です。ただこうしたイベントでも前もって保健所に届ける必要があるので、届けた方がもっと細かな指導をしてくれると思います。
手などに傷がある方は、調理に携わらない事です。
(調理師、給食施設管理責任者)

投稿日時 - 2019-01-28 17:24:56

お礼

ありがとうございました。保健所に届けました。

投稿日時 - 2019-04-27 21:35:22

あなたにオススメの質問