みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

労働者の聞く音楽

プロレタリア文学のような感じで、
労働者階級の人が聞きそうな音楽で、
お勧めがあったら教えてください。

投稿日時 - 2019-01-26 22:04:52

QNo.9581677

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

「プロレタリア文学」というのはコミンテルンの影響で戦前にあった、思想宣伝の目的を持つ文学です。
「労働者階級の人が聴きそうな音楽」でしたら今のほとんど全てのポピュラー音楽が当てはまると思いますし、作るほうもそれを狙って作っています。
長渕剛とか松山千春とか中島みゆきとかブルース・スプリングスティーンなどなどそうだと思います。(松山とか長淵とかは起業・小規模経営者狙いかもしれない)
まあキャロルとか矢沢とかは直球でしょうけど。
松任谷由実だって実質はそうでしょう?

「聴きそうな音楽」ではなくて作るほうが労働者が誇りや自覚を持って“社会的立場を自覚して”というのを意識的に持っているのは忌野清志郎・RCサクセションとかあまりポピュラーとは言えないラップやヒップホップとかがあたるのではないでしょうか。

他にはブルースとかは歌詞も労働者+アフロアメリカンの立場や生活が歌われているし前記のRCやヒップホップも黒人音楽・アフロアメリカンのカルチャーを下敷きにしたり共感・触発で作られています。
ジャズも底には黒人の表現言語を持ちたいという欲求やそれへの共感があると思います。

しかし現実にはこういうジャンルは高等遊民というか音楽が好きで比較的教養が高く職業選択の余地のある労働者とか「詳しい人」にむしろ聴かれていて「いかにも労働者が聴きそうな」音楽ではないです。

でまあこれではそっけないので貴殿が気に入るといいかなと思うのを少しあげておきます。
「I want a Little Girl」T-Bone Walker(ティーボーンウォーカー)
「セントジェームズ病院(St.James Infirmary)」浅川マキなど
「Haitian fight song 」「ファーバス知事の寓話」Charles Mingus  ミンガスは失敗作・実験作も多いのでいいのだけ聴くといいです。
「LIVE AT THE UNIVERSITY OF PUERTO RICO」エディ・パルミエリ
「一本の鉛筆があれば」「東京キッド」美空ひばり
「夜空の笛」守屋浩
「ゴマスリ行進曲」植木等
「憂歌団」(アルバム)憂歌団
「寛」(アルバム)「ひらく夢などあるじゃなし」三上寛

投稿日時 - 2019-01-27 14:02:09

お礼

確かに、よく考えてみれば、ほとんどの歌は労働について歌っていますね。
たくさん、挙げていただいてありがとうございます。
聴いてみます。

投稿日時 - 2019-02-04 20:06:12

ANo.4

ディキシーランドジャズ
聖者の行進 アートブレーキー
https://www.youtube.com/watch?v=L_ywd7uBlIc

山谷ブルース 岡林信彦
https://www.youtube.com/watch?v=6n4mJsMi81g

投稿日時 - 2019-01-27 11:06:04

お礼

山谷ブルースはすばらしい歌ですね。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-02-04 20:06:55

ANo.3

「Take this hammer」(Lead Belly)
https://www.youtube.com/watch?v=280ZECc773g
Take this hammer, carry it to the captain
Take this hammer, carry it to the captain
Take this hammer, carry it to the captain
You tell him I'm gone
You tell him I'm gone

「Coorie Doon」(Matt McGinn)
https://www.youtube.com/watch?v=2WPI8CF04A0
Coorie Doon は「さあ横になって寝ようか」という意味かも? まったくの推測ですが。

「When Will We Be Paid」(The Staple Singers)
https://www.youtube.com/watch?v=ctfSmGpEqr4
When will we be paid for the work we've done
When will we be paid for the work we've done

‥‥‥

下の2曲。労働者の聞く音楽というより、労働者の歌う音楽かもしれませんが。

「がんばろう」
https://www.youtube.com/watch?v=enb15Bzyt3o

「The Internationale」ロシア語バージョン
https://www.youtube.com/watch?v=t8EMx7Y16Vo
 

投稿日時 - 2019-01-27 10:15:17

お礼

「がんばろう」はガチの左翼の歌という感じですね。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-02-04 20:08:48

ANo.2

プロレタリア音楽というと、民謡、ブルース、レゲエ等が浮かびます。

三味線じょんから新節/初代高橋 竹山

Robert Bradley's Blackwater Surprise - Once Upon A Time
https://www.youtube.com/watch?v=z8r5wg671q0&feature=youtu.be

Bob Marley - Concrete Jungle
https://www.youtube.com/watch?v=y07vgARrOUE

投稿日時 - 2019-01-27 09:01:31

お礼

ありがとうございます、聴いてみます。

投稿日時 - 2019-02-04 20:09:50

ANo.1

Money's Too Tight / Simply Red(マネーズ・トゥー・タイト)
https://www.youtube.com/watch?v=DrUB0g8Vjgg
原曲は違うアーティストのようですがこちらの方が有名かと思います。
日本語訳はこちら↓
http://oyogetaiyakukun.blogspot.com/2015/05/moneys-too-tight-to-mention-simply-red.html
「レーガノミクス」の部分を「アベノミクス」と歌い替えたくなります。


Dirty Livin' / KISS (ダーティ・リヴィン)
https://www.youtube.com/watch?v=bUOxxYP8I0w
こちらは日本語訳が見つかりませんでしたが、毎日毎日騒音の中で汗まみれになって働いてもううんざりだ、という歌詞の大意です。

Gypsy Woman / Christal Waters(ジプシー・ウーマン)
https://www.youtube.com/watch?v=_KztNIg4cvE
ホームレスでも歌ってお金を稼ぐ女性のことを歌ったものです。
日本語訳はこちら↓
http://oyogetaiyakukun.blogspot.com/2013/06/gypsy-woman-shes-homeless-crystal-waters.html

お気に召したら幸いです。

投稿日時 - 2019-01-27 08:30:16

お礼

対訳を読んでみました、聴き応えありそうな歌ですね。
聴いてみます、ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-02-04 20:18:54

あなたにオススメの質問