みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

営業スキルと履歴書上の箔、どちらが大事?

現在30歳、転職半年、不動産会社で営業をしています。
前職は非正規のエンジニアでした。営業をやるのは今の会社で初めてになります。

未経験から初めて半年で、新年会で優秀社員の表彰も受ける程度には運よく結果を出せています。。
会社の面倒も手厚く同僚にも不満はないのですが、自分の心が日に日に営業に集中できなくさせています。

私が営業に不安や疑問を抱く理由は、営業部署の資格取得率の低さです。

私の会社では金融、経済、資産運用、相続税などの勉強が多岐に渡って行われています。
中でも宅建の取得に熱心なのですが、バックオフィスの部署の人間の取得率が80%に対し、営業部署の取得率は25%程です。
FP二級に至っては、70%と10%ほどまで開いています。、

私は両親がいないために身元保証人を立てられずに大学も学費自己負担で入ったり、ずっと非正規雇用でしか働けなかったり、将来の保証というものがありません。なので入れてくれた今の会社で一生食うのに困らないようなスキルをつけたいという考えが強く、その目的のために多角的な勉強ができる今の会社に入ったと言っても過言ではありません。

私の考える「一生食うのに困らないスキル」というのは、不動産業界にいる以上は履歴書に書ける「宅建を持つこと」がまず第一歩だと考えています。不動産業界にいて宅建を持っていないことは、この人は努力していないと見られることと同義だと考え、今の会社で会った経営者や業界人全てに言われたからです。
不動産業界に入ったからには宅建をしっかりとり、その上でFPなり不動産鑑定士を目指しつつ業界でやれることを増やしていく…というのが、今後今の会社がダメでも生きるのに困らない生き方だという印象が強いです。営業のスキルは結局会社が変わればやり方も変わるし、私は半年やっても、スキルより運の要素の方が強いと感じており、抽象的なもののように思います。

しかし今の会社では営業部は皆毎日の仕事に追われ、コミットが足りなければ負担が増すばかりでとても勉強どころではないのは、未取得者は全社員受験必須の宅建の合格率を見ても明らかですし、営業部の現在の取得者も3~4浪が当たり前の状態です。

その歴然とした数字の差がどうしても自分を焦らせています。
私はもう若くないので、今年の初受験でまず確実に宅建を取りたいのですが、営業にいて、そこで3~4年もつまずいたらと思うと、先行きに不安を感じてしまうんです。
仕事のやる気もありますし、今も営業でとれる成長はどんどん取り入れているという自負もあるのですが、営業はお客様あってのことなので、自分の努力で必ずしも成功する保証はありません。

宅建やFPなど、自分の努力次第でとれる成長に関しては早めに今のうちに取りたい、営業のスキルはその後磨いても遅くないし、むしろ結果的にそっちの方が早いのではないかということで悩んでいて、最近では営業の仕事が嫌ではないのですが、結果を出す毎に拘束され、ルーチンワークが増える現状に、時間の浪費、無駄を感じてしまい、日に日に焦りを感じるようになってしまいました。

仕事のやる気はあるし、学びたい意欲は日に日に高まっているのですが、この焦りを感じてから、この半年で進んでいる商談などが立て込み続けているのもあり、日々の業務負担は日に日に増し、疲労感も強くなっており、精神的な疲れを感じるようになっています。
結果を出さずに辞めたという気はないのですが、現在は自分が1億円以上売り上げたら、営業をやめてバックオフィスで勉強したい、不動産の勉強をもっとしたいという希望を出し、数年は不動産のエキスパートを目指したいと考えているのですが、私の考えは単なる現実逃避や絵空事なのでしょうか。
金にならない履歴書上の評価よりも、営業でお金を稼げる道の方が役に立つのでしょうか。

営業歴、不動産業界歴共に半年で、まして今変な焦りでちゃんとした思考でロジックができているかも判別できない状態になっており、非常に苦しいです。
客観的な意見やアドバイスを頂けたら幸いです。

よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2019-01-24 04:31:53

QNo.9580824

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

あなたの焦りのようなものも理解できるところは
ありますね。

転職して半年なら、まずはしばらくは実務経験を
積むのが先だと思います。
その後に勉強したければ、資格の勉強すればいいかと。

それにしても、不動産業界の人がすべて宅建の資格を持つなら、
逆にいうとその程度の価値しかないってことじゃあないですか?

それに、営業マンとして優秀な成績を残せれば会社にいられるし、
転職もしやすい。成績出せないのに宅建資格とってどうするの?
って思います。

投稿日時 - 2019-02-09 18:24:08

意見です。

大切なのは、今ですよね
過去でも未来でもなく。

不安との闘いという部分は理解できます、
しかも運で契約取れていると思うなら、それはずっと不安だと思います。

まぁ自分はそんな大きな営業したことないんですが、
勝算がなければ自分の場合は後方に下がります。

少なくとも自分は勝算とるのは資格の有無ではないと感じます.....

投稿日時 - 2019-01-25 00:03:30

ANo.3

まだ半年なのであれば、1億円以上売り上げを出してから先の事を考えれば良いのではないでしょうか。

今辞めてしまえば中途半端な感じになるかと思います。結果を出して営業のスキルを習得してから宅建やFPの資格習得に取り組めば良いのでは。

投稿日時 - 2019-01-24 11:28:13

ANo.2

>営業をやめてバックオフィスで勉強したい、不動産の勉強をもっとしたいという希望を出し、数年は不動産のエキスパートを目指したいと考えているのですが、私の考えは単なる現実逃避や絵空事なのでしょうか。

会社によって違いが出てくると思いますが、資格が人事評価に影響するか
どうかで変わってくるかもしれません。
色々な知識を持つことは自分にとって有用ですが、評価されなければ、
自己満足にしかなりません。
ただ、営業に役立つのであれば良いかと思います。
また、資格取得や教養を身につけるには、お金がかかります。
会社で補助してくれるようであれば、考えた方が良いかと思います。

将来、自分がその会社でどう生きていくか、生きていけるかを考え、
上司の協力を求めて行くのも一つの方法です。

こういったことから考え、行く道を決め手は如何でしょうか。
更に言うと、今は仕事をこなすことを最優先に考えますが、
転職に有利なことも考えると良いかもしれません。

投稿日時 - 2019-01-24 09:33:39

ANo.1

「一生食うのに困らないスキル」というのは、不動産業界にいる以上は履歴書に書ける「宅建を持つこと」がまず第一歩


そうです、正しい判断です
そして二歩目は「十分な営業力を持つ」ことです

資格だけあっても役立ちません
「営業力>資格」なのです

そこであなたは現在良好な営業力をお持ちなのですから、そこを生かしていくのが絶対に役に立ちます

器用貧乏を目指す必要はありません
今必要なのは営業の実績を積むことだと思います
会社からしみれば営業成績を下げてまで資格を取らせる必要はないのです
資格所持者などいくらでもいるのですから

何が言いたいかと言いますと、
・現在の営業成績が良いという状況はあなたの将来にわたる武器である
・資格は営業をしながらでも取れるし焦る必要はない
・営業成績の良いものを内勤にはしない(あなたの希望は通らない)
こんな感じです

あなたは焦る必要などありません
順調に不動産マンの人生を歩んでいます

投稿日時 - 2019-01-24 09:02:39

あなたにオススメの質問