みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アパレルメーカー生き残ったのはどっちか?

アパレルメーカー生き残ったのはどっちか?

多くのアパレルメーカーはが発展途上国に生産拠点を移した。

日本のアパレル製品の質は落ちた。

価格が優先されて売られている品質は落ち、売上高と利益率を上げるために企業は質の悪い商品を高い値段で売るようになって質は落ちたまま値段だけ上がっていった。

一方の日本に生産工場を残したアパレルメーカーは品質が高い商品を売れなくても作り続けていた。

そしたら質が悪いが値段が上がってきたので発展途上国で生産するようになった海外生産勢より価格が1.5倍くらいで質が良い商品が並べられるようになった。

いまなら国内に残っていてよかったと思えるのだろうか?

それとも殆ど残っていた会社は潰れて生き残った僅かの会社がまた復活しているだけなのだろうか?

投稿日時 - 2019-01-15 21:36:43

QNo.9578124

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは

自社工場を持っているところは
少ないです。

殆どの場合は委託になります。
その委託先は地方に分散され、そこから海外へ行きましたが
ものによっては、日本製を求めるニーズは
ずっとあったので、それなりに続けているところは
あると思います。

ファストファッションも中国からカンボジアなどに
なっていますが
ここには大きな問題が生じていています。

どちらとも言えませんが
若者世代には同じような服を着ているという
安心感もあるようです。

https://style.nikkei.com/article/DGXKZO21771600S7A001C1EAC001?channel=DF180320167063

投稿日時 - 2019-01-16 13:26:19

お礼

みんなありがとう

投稿日時 - 2019-01-16 16:42:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

二極化
お金持は 品質が良くて高価な国産品を買い
一般庶民は 安価な外国製品を買う。
安倍の格差拡大政策により保護された金持階級が 国産メーカーを支えている。

といったところでしょうか。

投稿日時 - 2019-01-16 12:09:34

あなたにオススメの質問