みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

嫌気性接着剤 ねじゆるみ止め用の使用方法について

嫌気性接着剤、例えばスリーエムのTL42J等を酸素が遮断されない場所に塗布した場合どうなるのでしょうか?
具体的いうと車のカムカバー内のゴムのプラグホールを嫌気性接着剤で付けてあるのですが、それを外して再塗布せずに、外さず既についてる根元の周りの全周にシール材的な意味で塗布したいのです。
空間内なので酸素は遮断はされず酸素に触れている状態になりますが、カバーを閉じればそんなに酸素が多いわけでもないと思うので、時間を待てば固まることは固まるのでしょうか?

また他に適していそうな物があれば教えてください。
場所はオイルが掛かる部分です。
嫌気性ではないねじゆるみ止め剤をこのような用途で使えますでしょうか?

よろしくお願いします

投稿日時 - 2019-01-15 21:15:24

QNo.9578111

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

酸素の遮断と 金属の存在 このふたつが接着剤として固化する必要条件。

ゴムのプラグホールには 二つの条件を満たせないので使えない。

嫌気性というのは 例えば 金属の板を張り合わせるときに間に入れると 空気に触れることがなくなるという意味です。
密閉容器に入れても 固まりません。
金属が触媒のような働きをして固化するので 金属用の接着剤として使われます。

投稿日時 - 2019-01-16 20:56:30

お礼

お答えありがとうございます。
よく見たら金属のプラグホールでした。
勉強になりありがとうございました。

投稿日時 - 2019-01-24 19:52:35

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

一般論としてですが、嫌気性接着剤というのは金属の隙間などに接着剤が浸透して、その結果としてのミクロな嫌気性の条件で硬化するものです。マクロな周囲の条件がどうかはあまり関係ないです。

ご質問の条件は、図等がないのでよくわかりませんが、上記をご参考に今一度ご検討いただければと思います。

投稿日時 - 2019-01-16 18:36:54

お礼

お答えありがとうございます。
よく見たら金属のプラグホールでした。
勉強になりありがとうございました。

投稿日時 - 2019-01-24 19:53:04

あなたにオススメの質問