みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

自分にアイディアを形にして販売していきたいです。

自分にアイディアを形にして販売していきたいです。

そのステップやフローが分かりません。
アドバイスをお願いします。

完全なオリジナル創作物でも
特に制作する手段がどうしていいのか詰まります。

たまにメーカーと研究者や有名人と共同開発などで制作しているものを見ます。
そういうのが一番イメージに近いのですが
どうしたらよいでしょうか。

投稿日時 - 2019-01-14 16:58:35

QNo.9577726

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

よくあるご質問ですが、やや漠然としていて、うまく回答できないかもしれませんが。

自ら生産できない場合はメーカーと共同開発か、製造委託することになります。
アイデアに特許性があるかもしれませんので、メーカーと話す前に特許出願するか、あるいは、秘密保持契約を交わしておくことをお勧めします。特許性の有無判断は高度な専門的判断を要しますので、弁理士にご相談ください。

実用新案は進歩性レベルの低い発明の保護に向いていますが、実質無審査なので、登録しても無用に終わることも多く、保護対象も限られます。どちらが適切かは弁理士にご相談ください。

投稿日時 - 2019-01-20 07:24:03

ANo.4

メーカーや共同開発にしても、まず特許(または実用新案)出願することがアイデアから利益を得るために不可欠です。
そのためには特許事務所(専門分野があります)にふさわしい代価を支払って依頼するか自分で出願するかとなります。
特許事務所に依頼する場合は最低でも15万円以上かかりますが、自分で出願するにはそれなりの調査と細心の注意を払って逃れることのできない特許請求の範囲を含めることが重要となります。
出願が済んでからメーカー等と交渉してください。
ネットで探せばアイデアを募集している会社がありますから信頼できる所に相談しても良いでしょう。
また今では3Dプリンターも結構安く手に入りますし、3Dデーター作成を引き受けるところもありますから自分で製造もできないことはありません。
いずれにしてもそれなりの資金と知識がないと知的権利を守ることはできないようです。
私は自分で特許出願して製造し販売開始しましたが画期的特性を信用してもらえないようで売れないので知り合いを通してある大手メーカーと交渉中ですが。

投稿日時 - 2019-01-15 09:09:29

お礼

なるほど
まずは自分のアイディア権利を守っておかないと話し広められないですよね
勉強になります。

投稿日時 - 2019-01-15 10:47:26

ANo.3

私の古い記憶では、特許は見込みの生産量も加味して作成しなければ通らないと記憶していますし、実際にその商品がどれだけ売れたのかも、後で報告しなければならないと思います。
なので、まずは自分のアイディアを形にする為に協力してくれる企業を探す事かと思います。
それと弁護士の協力も必要になります。

かんたん特許出願
https://shutugan.nexp.jp/#01

それが困難であれば、特許では無く実用新案と言う手もありますよ。
最初に実用新案で登録して置いて、その商品でかなりの儲けが出て、ライフサイクルも長くなりそうなら、実用新案から特許に変更すれば良いと思います。

特許と実用新案の違い
https://news.aperza.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1%E3%81%A8%E5%AE%9F%E7%94%A8%E6%96%B0%E6%A1%88%E3%81%AE%E9%81%95%E3%81%84/

投稿日時 - 2019-01-14 18:27:57

お礼

実用新案ですね
ありがとうございます。
調べてみます!

投稿日時 - 2019-01-14 22:18:48

ANo.2

確実に自分のオリジナルであり、現状世の中に存在していないというなら特許出願でしょう。
さらに、製品としての状況を考えて名前を付けるのです。その名前、およびそれと似たいくつかの名前を商標登録しておきます。

具体的にどういう専門家がどのように絡めばいいかというのを考えるのは自分です。

そして資金を集めるんですね。誰もタダではたらいてくれようというのはいません。専門家を自分の目的のために時間縛りするのですから、費用は必要です。

当初は費用は無駄に消費されますが、それを堪える必要があります。種を撒いてすぐに実りなんかありませんから。
自分のお金で雇っている専門家たちを、家来のように考えてはいけません。
共同で新しいものを作るパートナーだという扱いにしてください。

なお、彼らにうごいてもらうために、最初に自分のイメージする計画をプレゼン資料にして提示し、質問を自由にしてもらい、そこで場合によっては仕様を変える覚悟も必要です。

投稿日時 - 2019-01-14 17:48:57

お礼

やっぱり物を作るには
初めっから金が無いとダメなんですね

投稿日時 - 2019-01-14 22:19:29

ANo.1

アイデアがどんなもので、どんな形で販売したいのか不明では回答できません。

投稿日時 - 2019-01-14 17:06:50

あなたにオススメの質問