みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

三国同盟を結んだのは対英限定戦争の為?

三国同盟について1940年7月27日の大本営政府連絡会議決定『世界情勢の推移に伴ふ時局処理要綱』(アジ歴C12120237300)の中の要領の第三条に

~~

対南方武力行使に関しては左記に準拠す
一、支那事変処理概ね終了せる場合に於ては対南方問題解決の為内外諸般の情勢之を許す限り好機を捕捉し武力を行使す
二、支那事変の処理未だ終らざる場合に於ては第三国と開戦に至らざる限度に於て施策するも内外諸般の情勢特に有利に進展するに至らば対南方問題解決の為武力を行使することあり
三、前二項武力行使の時期、範囲、方法等に関しては情勢に応じ之を決定す
四、武力行使に当りては戦争対手を極力英国のみに局限するに努む
但し此の場合に於ても対米開戦は之を避け得ざることなるべきを以て之が準備に遺憾なきを期す

~~

とあるように(時に、天皇臨席の御前会議で事後的に追認する手続きをとる事はあったとは言え)事実上の国家最高意思決定機関である大本営政府連絡会議で(日中戦争が終れば、とか言った条件が付いてはいても)「対英限定戦争」を1940年7月には国策レベルで決定しています。(レファレンスコードを↓のページに入力してリンクを辿れば誰でも読めます。以下も同様。)

https://www.jacar.archives.go.jp/aj/meta/reference

そして、この対英限定戦争の目的は、大本営陸軍部&海軍部が連名で提案理理由を説明した『「世界情勢の推移に伴ふ時局処理要綱」提案理由 昭和15年7月』(アジ歴レファレンスコードC12120200900)に

『更に帝国が英米依存の態勢より脱却し日満中を骨幹とし概ね印度以東濠州新西蘭以北の南洋方面を一環とする自給態勢を確立するは当面帝国の速急実現を要すべき所にして而かも是が達成の機会は今日を措き他日に求むることきわめて困難なるべし』

とあるように、欧州での戦争でドイツが英国をまさに屈服させようとしていた(北欧からフランスにかけては既にドイツが占領していた)状況で、英国がアジア植民地の防衛に力を避けないチャンスを捉えて、マレーシアなどの英国植民地を武力で手に入れようとしていました。

もっとも連名にはなっていても、英国と戦争しても米国は介入してこない(つまり対英戦は対米戦にはつながらない)と考える陸軍の英米可分論と、海軍の「英国との戦争は米国との戦争に繋がる」と言う英米不可分論、という意見対立はあって、それが『武力行使に当りては戦争対手を極力英国のみに局限するに努む。但し此の場合に於ても対米開戦は之を避け得ざることなるべきを以て之が準備に遺憾なきを期す。』みたいな表現になっていました。

意見対立があってもそれを解消しようとせず、官僚的な玉虫色の作文での国策が決まってしまい、それが後々に尾を引く、というのはこの件に限らず、太平洋戦争開戦前の日本政府&軍の決定にはしばしば見られた事です。

尚、蘭印については『世界情勢の推移に伴ふ時局処理要綱』の要領の第二条の四に『蘭印に対しては暫く外交的措置に依りその重要資源確保に努む』とある様に《とりあえずは》武力行使の対象外としていました。

で、米国とは戦争をせずにアジアで対英限定戦争をする為にどうするか、って事で出てきたのが、日独伊三国同盟です。(中身はご存知でしょうから、あえて説明はしませんが。)

要するに、米国に対して『ドイツが欧州で覇権を握る事、あるいは、日本がアジアで覇権を握る事、そのいずれかに軍事介入をしたら、それは世界戦争に巻き込まれる事になるぞ』と脅す事で、アジアでの対英限定戦争を実現しようとしたのではないでしょうか?

これらの資料を読む限り、ドイツとの同盟は、実際に米国と戦争する時の為の物ではなく、あくまで「米国に手出しをさせずに、英国とだけ戦争をしてアジアの覇者になろう」という発想で結んだ物で、対米戦争でドイツと同盟したら勝てる、と思っていた訳でもないでしょうし、当時の日本は、アメリカとの戦争ではなく、あくまで「対英限定戦争」が最大の目的であり、その為に三国同盟を結んだのではないでしょうか?

投稿日時 - 2019-01-12 21:30:47

QNo.9577032

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

soramimiclubさん、こんばんは。

三国同盟は対米戦争をけん制するというために結ばれた同盟でした。つまり、対米戦争はけん制して、あっても対英限定戦争において対処する。つまり、ドイツ・イタリアが英本土を、日本が太平洋上の英植民地を攻撃するという内容なんでしょうが、日本の本音は対米戦争をけん制することが目的でした。
詳細は下記のURLを参照してください。


三国同盟
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E7%8B%AC%E4%BC%8A%E4%B8%89%E5%9B%BD%E5%90%8C%E7%9B%9F#%E3%83%9E%E3%83%80%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

投稿日時 - 2019-01-13 18:23:30

お礼

回答ありがとうございました!!

投稿日時 - 2019-01-13 20:18:28

ANo.1

おっしゃる通り、三国同盟を結んだ目的が、米国を牽制して参戦を阻止することにあったのは間違いありませんが、日独伊が同盟すれば米国はビビッて参戦をあきらめ、日本は英国のアジア植民地をやすやすと手に出来るだろうというのは、あまりに見通しが楽観的過ぎると思います。米国の経済制裁に追いつめられて正常な判断能力が失われていたとしか思えません。

投稿日時 - 2019-01-13 17:24:44

補足

>日本は英国のアジア植民地をやすやすと手に出来るだろうというのは、あまりに見通しが楽観的過ぎると思います。

>米国の経済制裁に追いつめられて正常な判断能力が失われていたとしか思えません。

対英限定戦争を目標として動いていたのは事実だと思いますが、米国の経済制裁に追いつめられて正常な判断能力が失われていたのは、本当なのでしょうか?

個人的には、米国の経済制裁より以前から、アジアで覇権を握る事と、その為に英国のアジア植民地を手に入れる事を考えていたと思ってました。

投稿日時 - 2019-01-13 20:24:44

お礼

回答ありがとうございました!!

投稿日時 - 2019-01-13 20:18:07

あなたにオススメの質問