みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

三菱MRJと三菱自動車に関する質問です

 三菱MRJは相次いでトラブルを起こしているようですね。
 そのため三菱はMRJの開発を中止して、代わりに三菱自動車に時速300km以上で走行可能な自動車を多数開発、販売させる方がいいと思いますが、皆さんの意見はどうですか?

(三菱自動車の日本版ポルシェ化にもつながると思って)

投稿日時 - 2019-01-12 20:57:33

QNo.9577025

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

確かに相次ぐ延期で心配していますが、だからと言って何故時速300キロ超えの自動車を開発する必要があるのか疑問。まあ日本国内で走れる場所は無いに等しいし…。鈴鹿や茂木なら大丈夫か?。走り屋が喜んで買って事故を増やすのがオチでしょう。売るなら海外しかなさそう…。それ以前にMMCにそんな余力は無さそうだし。

MRJは初の国産ジェット機です。日本は太平洋戦争でゼロ戦という優秀な飛行機を開発しましたが、今のジェット機はその比ではありません。ジェット機(戦闘機)としては当時ドイツのメッサーシュミット(コメート)をベースに秋水が開発されましたが多くの問題を抱え結果的に実戦には使われませんでした。平成の時代になり自衛隊機としてP-1・C-1・C-2・F-2が開発されました。F-2は当初国産開発を予定していたものの技術面や政治面で結局は米国との共同開発となりました(米国は自国の技術やデータを中々渡してもらえず開発は大変だったそうです。逆に日本の技術やデータはごっそりと持って行ったと当時の開発に携わった人が言っていました)。

さて、MRJは民間機ですが国産としての開発は初めてとなります。他国の航空機会社はすでにノウハウを持っており、新しい機種の開発は日本ほど不利な状況下には置かれていないでしょう。C-1・P-2設計時に一時期関連する仕事に携わっていましたが、部品数は相当な数です。昔のように紙の上での設計ではなく、CADでの設計となるので3次元データ化されてデータベースに登録されます。でもそれで終わりではありません。それぞれの部品が設計どおりに組み立てられるのかをPC上でシミュレーションします。しかし最初は部品同士が干渉したりしますが、設計時ではわかりません。干渉したらどう直すかを再設計してまたPCにかけます。その繰り返しが延々と続くのです。

MRJの設計も恐らくは同じような感じでしょう。最終的に飛行が可能な状態に組み立てられても、実際に動かさないと解らないことはたくさんありますし、飛行しないと解らないこともたくさんあります。特に旅客機は戦闘機以上に快適性が求められます(安全性はどちらも必要)。

最終的には型式証明を取る必要があり、その試験が大変なようです。その試験によってまた問題が見つかり修正…これの繰り返しでしょう。度重なる延期は心配ですが、これも必要なことだと思います。お客様が望む品質があり最低限それはクリアする必要がありますが、1歩上の品質を提供するには妥協は禁物です。まあ今が正念場だと思うので、よい結果が出ることを期待しています。

投稿日時 - 2019-01-13 13:35:26

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

そんな車作っても誰が買うの…………


一部しか買えない車を作るなら、時間が必でも一般人を大量に運べる国産機を作る方が得策です。

投稿日時 - 2019-01-13 20:13:21

ANo.4

「失敗は成功のもと」とは昔から言われる言葉です。
技術は積み重ねて進化していくものですから 次のステップに進むためにも成功したほうがいいと思います。
三菱自動車に時速300km以上で走行可能な自動車を多数開発して 煽り運転するような輩は 単独事故で自爆してほしいですね。
善良な一般人には 300km/hは必要ないですから 煽り専用。

投稿日時 - 2019-01-13 07:38:47

ANo.3

>三菱MRJは相次いでトラブルを起こしているようですね。

その通りですね。
納期延長を繰り返している間に、カナダ・ブラジルの中型航空機製造会社との差別化に失敗してしまいました。
既に、わざわざ高価な三菱MRJを購入する意味が失われていますね。
このままだと、三菱重工・造船が大失敗をした豪華客船2隻建造と同じ道を進みそうです。
※発注会社への損害賠償と造船費用の増大で、三菱重工の造船は衰退企業になった。
※撤退した造船所跡地の売却や子会社の売却が活発になっている。
※韓国人からの賠償請求も、今後の経営悪化の要因。

>三菱自動車に時速300km以上で走行可能な自動車を多数開発、販売させる方がいいと思います

三菱自動車は、既に日産の子会社です。(日産が、34%の大株主)
いくら、三菱商事が三菱自動車の株を買い増ししても日産の子会社である事は変わりません。
まぁ、名前だけ三菱なんですね。
三菱ふそうも、既にドイツ・ダイムラーベンツの子会社ですよね。
ですから、三菱重工としてはMRIでの失敗を自動車で挽回!は出来ないのです。
三菱自動車側としても、路頭に迷った時に「助けないで、日産に売却」した過去を(益子社長を除いて)忘れていません。

>三菱自動車の日本版ポルシェ化にもつながると思って

実際、三菱自動車の特許技術はポルシェで採用していますよね。
が、今ではその力はありません。

投稿日時 - 2019-01-12 22:14:21

ANo.2

全然駄目だと思います。

投稿日時 - 2019-01-12 21:51:25

ANo.1

 
自動車はね...............

どんなに頑張っても海を渡れない
 

投稿日時 - 2019-01-12 21:43:05

あなたにオススメの質問