みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ファイナンスリース契約を締結するとします。

ファイナンスリース契約を締結するとします。
貸手は原則処理(売買処理)、借手が賃貸借処理を選択した場合、その物品の所有者はどちらになるのでしょうか?

投稿日時 - 2019-01-10 14:30:45

QNo.9576295

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

リースというのはお金を借りるのであってものを借りるのではありません。したがって物品の所有者は客側です。
その物品を購入する資金がないためリース契約をしたのです。
物品自体はリース契約上担保になっています。

レンタルの場合はモノを貸すのですから所有者はレンタル会社になります。

投稿日時 - 2019-01-10 16:55:15

お礼

教えていただきありがとうございました。
大変よくわかりました。
金融取引なのですね。

投稿日時 - 2019-01-11 08:20:34

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

通常リース契約においては、そのリース契約期間については物件所有者はリース会社(貸主)になります。

どのような売り上げ処理を行うかは関係がありません。
そもそも、借り手が所有権を持ちたいのであればリース契約を締結する必要はありません。
金銭の賃借契約(融資等)であれば物件の所有権自体はその契約に絡むことはありません。

投稿日時 - 2019-01-10 16:02:02

お礼

大変よくわかりました。
どうもありがとうございました!

投稿日時 - 2019-01-21 10:13:57

ANo.1

所有権が移転するかどうかは,どういう処理をしたかではなく,どういう契約であったかで決まります。

投稿日時 - 2019-01-10 15:18:25

お礼

どうもありがとうございました!

投稿日時 - 2019-01-11 08:21:01

あなたにオススメの質問