みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ゆとり世代について…これで合っている?

記憶が正しければ、2~3年前くらいに池上彰さんとマツコデラックスさんが司会のテレビ番組にてゆとり教育に関する内容を放送していました。
氏によれば、報道の伝え方に問題があったらしく"学力の低下"がPISAが行う試験を見る限り"ない"のにも関わらず、そうであるように見せる報道のせいで
間違って伝わってしまっていると。それ以外にも四谷という予備校が行った円周率に関する誤謬ある広告やゆとり教育とは直接的に関係のない、例えば競争などで「みんなでゴールする」のような仕組みなど
さもこの教育を受けた世代を劣等生であるかのように伝えています。PISAは、参加国が増えたことで相対的に下がったにすぎず、これを学力低下に当てはめるのには、根拠がたりない。
少々記憶が曖昧なのですが、これ以外にも学力低下云々の定説を打ち破るような内容を放送しておったと記憶しております。

ところで、いまだに学力低下を信じておられる方々は、PISAが行う試験から得られた番付(ランキング)から得られる一桁の順位もろくに読み取れず、
自身より弱いものを見下さないと自己同一性が保てない人であるとの認識であっておりますか。

投稿日時 - 2019-01-09 17:54:26

QNo.9576001

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

表題と質問内容が食い違ってますが、
本題は「ゆとり世代について」ではなく、
「ゆとり世代に対する一部の評価について」
ですね?

学力云々については、
教育する側が端折り過ぎてしまいました。
その為に国際的な学力比較に堪えるだけの教育でなかったのは確かでしょう。

しかしながら、いつの時代でも自己の学力向上に対する欲求は有るものです。
質問のとおり、ゆとり教育そのものを学力低下の根拠とするには少々物足りないだろうと思います。

ただ当時の教育に携わった関係者の多くが、
学力以外の部分で人間形成に必要な事まで教育の場から取り除いてしまったものと思われます。

つまり、ゆとり世代は時代の犠牲を強いられてしまったのであり、差別されるものとは違います。

ゆとり世代でも多くは自己努力で時代に追いすがって来ています。
その努力は必ずや将来に活かされるものと思います。

第三者が如何様な評価を下そうと、それ自体がゆとり世代の行く末に何らかの影響を及ぼすものではありません。

自己努力で補わなければならないものが多かった分、人間として成長出来た者は他の世代と比較して確固たる自信を持って社会の荒波も泳ぎ切れるものと信じます。

自信を持って生きるなら、無関係な第三者の評価など気に留める必要も無いものと考えます。

「弱いものを~保てない」だなんて、
ワザワザ評価しようとするのは、そのような相手と同じ土俵に立とうとする愚かな行為と言わざるをえません。

どのように認識しようと個人の自由です。
…というか、そのように無用な疑問を抱くこと自体が無意味なのは、既に承知の上なのではないでしょうか?

投稿日時 - 2019-01-09 19:43:13

ANo.2

大体あっていますが、「ゆとり世代」と「ゆとり教育」のそれぞれの言葉が、混同されていることも確かです

投稿日時 - 2019-01-09 18:39:39

ANo.1

いえ。

間違っています。

学力低下を報道したのは報道というより雑誌で、テレビや新聞は、ご質問のご指摘にかなり早い時期に気づいていて、やる気などの志向面でのPISAの結果を主にした報道が多くなっていました。

投稿日時 - 2019-01-09 18:17:09

補足

ご返信ありがとうございます。

重ね重ね申し訳ありません。
私の記憶が正しければ、この件について比較的正しく報道したのは、朝日新聞のみだと認識しておったのですが、
potatorooms氏の仰るテレビ(恐らく報道番組だと思われますが、できれば局と番組名も知りたいです)や新聞(何年何月の記事で、なのか)とは、具体的にどの会社のものなのでしょうか。

投稿日時 - 2019-01-10 17:58:14

あなたにオススメの質問