みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

総量規制の例外

総量規制の例外としてある[社会通念上緊急に必要な費用]とはどんな物なのでしょうか? 
現在カードローンの融資額いっぱいまで使っており追加の借入が出来ない状態です。通勤に使っている車が故障してしまい修理したいのですがこの場合例外に当てはまるのでしょうか?
どなたかご回答よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2018-12-23 00:11:23

QNo.9570425

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

車の修理代では、総量規制の例外とはならないと思います。

でも、その状態で、例外として借りられたとしても、そっちの方が大変なことになると思いますが。。。

例外として借りられたとしても、返済があります。

状況的に絶えず借り入れ限度の自転車操業の状態に思われます。
例外で借りられたとしても、それは借り入れには変わりがありません。

簡単にかけば、
総量で200万があり、それを借りていたとします。
そこで、例外で20万借りたとします。これで合計220万円です。

5万返しました。
通常なら、5万返せば3万くらい借りられるでしょうが、215万の残金ということで、借りられる額が、0のままになってしまうということもあるわけです。
自転車操業をしていれば、ここで詰んでしまうことになるわけですが、それは大丈夫なのでしょうか?

例外で作られる枠は、継続ではなく、その一時的だけの話で、そもそもが追加借り入れをしないで返済していることを想定していますので、上のような話が起こりますが、大丈夫でしょうか?
融資額いっぱいということなので、例外で借りられたt路したところで、こういう例の人が多いと思いますので書いておきましたが。

投稿日時 - 2019-01-11 02:04:03

ANo.2

総量規制の例外としての社会通念上緊急に必要な費用とは下記のような場合がこれに当たるようです。

•本人または生計をともにする
親族の医療費
•葬儀費用
•旅先での交通事故による車の
修理代
•交通機関のトラブル等により
急きょ発生した宿泊費

普段使用している車の急な故障による修理費がこれに当たるかは、貴方の住んでいる地域環境、貴方の車の必要度合などによるのではないかと思います。

電車やバスなどの代替公共交通機関がほとんど無いに等しい場合や車無しでは仕事が出来ない場合は、これに当たるのではないかと思いますが、最終的には、上記のような条件をクリアした上で、貴方の属性つまり返済能力を審査して消費者金融会社が判断するものと思います。

投稿日時 - 2018-12-23 12:27:48

ANo.1

こちらに解説があります
https://www.fsa.go.jp/policy/kashikin/qa.pdf

金融庁が想定しているのは高額医療費など生命に関わるようなモノで、クルマの修理費は適用除外にならなさそうですね。

投稿日時 - 2018-12-23 11:49:43

あなたにオススメの質問