みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

老眼でしょうか?

これは老眼ですか?

食事中、おかずの入った器を持った時、顔と10cm位の距離になると、食材がぼやけてピントが合わないです。
40歳位からそうなったと思います。
子供の頃や若い時は、物と目の距離が1cm位で見て、ぼやける事なく見れたかどうか、子供の頃があったのに覚えていないです。。

10cmの距離でピントが合わないのは、老眼の始まりですか?

皆さんにお返事出来るか分かりませんが、ご了承下さい。

投稿日時 - 2018-12-19 11:17:56

QNo.9569220

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

もともとは視力(遠視)よかった?それとも、近視も少しあったが眼鏡かけてなかった?
後者の場合は、ちょっと見ずらいなと思っても我慢(練習)していると治ることもあります。ここで慌てて眼鏡をかけてしまうと戻りません。一生眼鏡が手放せなくなります。眼鏡は視力(度)が進みます。かけなくてもそれほど困らないなら掛けないほうがいいに決まっている。そういう時は、ルーペ(ハズキ)。
なお、遠視の人は、老眼時期が早く来ます。観念したほうがよい。

投稿日時 - 2018-12-19 19:53:19

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

お困りの様子お察し致します。

「ボヤけてピントが合わない」「40歳位からそうなった」のキーワードから推測するクイズみたいな感じですが。まとめると目の加齢変化にかかる疑問と思います。

加齢変化は一般的な(1)「水晶体の弾力性」と(2)「眼外筋の調節力」に生じ、(1)は老眼鏡で生じた調節不良を補正すればすみ(2)の場合は元来斜視を持っていたものが顕在化し眼位を見ようとする方向に合わせきれないのでプリズム矯正で補正します。

(1)も(2)も症状として物がぼやけて見えます。

(1)の場合年令によりだんだんと水晶体の弾力性がなくなって行きます。初期はある程度調節力があるので近くを見ていて遠くに目を飛ばすとボヤけはっきり見えるまで少し時間がかかり。中期だと老眼鏡なしでは文字などが読めません。後期の65歳くらいになると水晶体に弾力性がなくなり、老眼鏡をかけて見える焦点距離はほぼ固定になり老眼鏡を合わせた特定の距離でしかはっきり見ることができなくなります。

分かり難いかも知れませんが、年齢と調節力に関して述べた記述が下記アドレスにありますのでご参考ください。

ややこしいのは(2)の斜視のケースです。どうしても気になるのであれば斜視についてよく分かる眼科や眼鏡専門店で検査してもらうと分かると思います。

なお回答中に◯ズキルーペに関する言及が有りますが、このメガネの場合左右のレンズの光学中心の距離が48mmと極端に狭く、使われる人の瞳孔間距離と合わない場合(一般に遠用瞳孔間距離64mmが多く近用瞳孔間距離は60mmになる)ベースインというプリズム度数が生じ、もしこのようなメガネを使って良く見えるのであれば外斜視の可能性があり、だれにでも使えるような印象の宣伝をされていますが、内斜視の方が使用すると眼痛や頭痛になる場合があります。

目に合わないのに長期使用すると後天的な斜視を形成する恐れがあり注意が必要です。

ボケて見える場合これ以外に怖い加齢黄斑変性症等の場合などがあり、一度眼科で診察を受けられると良いと思います。目の特性として、痛みなど無い場合が殆ですが一度悪くなるといくら眼科で治療をしても元のようによく見えないようになってしまいます。早期発見早期治療が最良の方法だと言われています。

少しでもご参考になればと願っています。

投稿日時 - 2018-12-20 09:26:04

ANo.8

老眼というのは 数値的に ここからというラインはありませんが 老眼鏡の必要性ができれば老眼ということでいいのかなと思います。
そういう意味では 10cmではまだまだ必要ありませんから 老眼とは言えないでしょう。

本や新聞を読むとき 暗くて読みにくいなあと 顔を近づけるのは若い人。
手を伸ばして遠ざけるのが老眼。
一般的には 30cmぐらいからです。

投稿日時 - 2018-12-19 22:05:38

ANo.6

そうですね,目のピント調節機能が低下しているというのが正確な表現かも知れません。特に近くを見るときに必要な筋力がすこし衰えているのだと思います。
もし眼鏡やコンタクトをしているのだと,それを使っているために余計に見にくく成っている可能性があるので,眼鏡は外せば見えるようになりますし,コンタクトであれば度数を下げることで容易に近くが見えるようになります。
それでも加齢に伴い見にくくは成ると思いますが,なり始めは矯正の度数を落とす事でかなり改善されることもありますのでご興味があればお試しを。
ただその前に眼科にいってちゃんと測定してもらった方が安心ですよ。

投稿日時 - 2018-12-19 16:52:16

ANo.5

老眼のはじまりでしょうね。というか、老眼=老化と思うからおかしいのです。

休んであまり疲れていないときはくっきり見えるはずです。ふとした弾みに見にくくなるのは眼筋の疲労です。

老化は老化で進んでいるでしょうけど、老眼と一緒の話ではありません。

投稿日時 - 2018-12-19 16:15:07

ANo.4

年齢が若い時は、近くから、遠くまで、ピントが合いますが、
年を取るにつれて、ピントが合う範囲が狭まります。

まだ先でしょうが、老眼の始まりとも言えます。

投稿日時 - 2018-12-19 12:06:16

ANo.3

こんにちは
老眼に乱視が混ざってきていると思います。
若い頃遠視だった人は老眼になるのが早く
だいたい40歳くらいから手元が見え難くなります。

今 おいくつでいらっしゃるのでしょうか。
眼科で白内障 緑内障の検査も受けておく方が後々良いかもしれませんね。

投稿日時 - 2018-12-19 12:05:48

ANo.2

> 40歳位からそうなったと思います。

この文言から推測すると、現在50歳前後ですか?


> 10cmの距離でピントが合わないのは、老眼の始まりですか?

早い人は、40歳過ぎると老眼になる様ですが、本人はまだ若いという気もあるので老眼と意識しないようです。
50歳以上ならば、老眼の症状に気が付くようなので、眼科で検査してもらいましょう。

投稿日時 - 2018-12-19 12:02:37

ANo.1

男性です。視力についてはメガネ屋さんとか、眼科などで測ってもらわないと何とも言えませんが、「老眼」の始まり、もしくは「老眼」と思います。新聞の字はよく見えますか?恐らくピンボケで見えるのなら「老眼」と判断して差支えないと思います。私は高齢者ですが(71歳)ですが、近眼です。30歳から事務の仕事を担当するようになって、近くのものは見えるのですが2mくらい離れると人の顔がピンボケになって見えるので検査しましたら、「近眼」でした。今も事務の仕事はしていますが、外へ出る時だけメガネ使用で、事務作業やパソコンはメガネ無しで、近眼の方は老眼にはなりにくいそうです。

投稿日時 - 2018-12-19 11:37:11

あなたにオススメの質問